改造車で事故をすると?修理は?保険は?廃車の時は?そんな疑問にお答えします!

自動車の困り事

車の好きな方なら、カスタマイズして改造した自分好みの車に仕上げ楽しんでいる方もいるのではないでしょうか。タイヤからアルミ、マフラーの交換、サスペンションで車高を落とす、インチアップするなど見た目だけではなく、車体への塗装や窓にフイルムを施したり、車の寸法が変わるようなものを取り付けたりとさまざまな改造をして楽しんでいる方も見かけます。

しかし、見た目も乗り心地を楽しむ背景には様々なリスクがあります。特に事故を起こした時などの手続きや、修理、廃車などについては、よく理解しないままに乗っている方が多いのではないでしょうか。もし事故を起こしても、正規ディーラーでの修理はなかなか難しいと言われています。また保険適用外のことも……今回は、改造車に乗っている時に起こり得る事故の時の対処方法について、ご紹介します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

改造車で事故を起こしたら保険はおりる!?

shutterstock_120339700

自動車を保有している人は必ず入らなければならない保険として、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)があります。これは加入していなければ処罰されるものなので、いわば強制の保険です。未加入の場合は、罰金や減点などの厳しい処罰の他に、たとえ加入していても車載していなければ、罰金処分となります。この自賠責保険は、相手方の怪我の補償だけが保険適用の対象となるので、相手方の車や、自分の車、自分の怪我についての補償はありません。

そのためこの他に、任意の保険として車両保険に入っている人が多いのではないでしょうか。様々な特約補償があるので、自分の運転する状況や年齢などの条件に合わせて金額が変わり、補償内容も選ぶことができます。

自動車事故を起こしてしまった場合は、任意で加入している車両保険に入っていれば、修理に充てることができるのが通常です。保険の等級や事故歴、保険契約同年度での保険使用回数や修理代金、事故の内容によっては、自己負担額が発生することもあります。そのため、保険を使わずに直すこともあるでしょう。通常の場合はそのまま保険会社との相談で、修理までの対応が進んでいきます。

ですが、車検の通らない改造を施している(警察に捕まってしまうような改造)と、保険の対象外になってしまうこともあるのです。マフラー交換・タイヤやアルミの交換・車高調などはドレスアップの範囲内なので、違法とはみなされません。

しかし、スモークフィルム・エンジンやミッションの改造・全長が変わるような改造は、違法改造とみなされます。これは、車本来の性能や機能を発揮できないと判断されるので、ほとんどの場合保険対象外になってしまうのです。そういった場合は保険会社によっては、保険がおりないこともあるのです。

契約した時は改造車でなくても、その後改造した場合であっても補償の対象外になることがあります。改造を施す前に、または、改造をした場合は、必ず契約保険会社へ連絡や相談をしておくことをオススメします。

改造車で事故をした場合の修理は?

shutterstock_365429090

では、改造車で事故を起こしてしまった場合は、どういった流れでの修理になるのでしょうか。

通常の車の場合は、保険会社の契約している修理工場や、車を購入したディーラーなどでの修理となります。見積もりをもらい、それで了承であれば修理となり、この時の修理費は保険会社から支払われます。

加入している自動車保険によっては、翌年の等級が下がり、保険料が高くなる場合もありので、保険を使わないという方法で修理することもあります。

ところが改造車の場合はそもそもの話、保険会社が対応しない場合があります。修理代金のすべてが自己負担になってしまうこともあるのです。

また、ディーラーでは修理を断られることが殆どです。それは、万が一不具合が生じた場合の責任が取れないというのが主な理由です。改造車の修理については、例えば町の個人営業の修理工場や、チェーン展開している修理工場などに依頼するしかない場合が多くなっているのです。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

改造車で事故をして廃車するなら

shutterstock_21816937

基本的にこういった場合は費用の面を考え、修理ではなく廃車になる事がほとんどです。

具体的な廃車の流れとして、まずは印鑑証明や車検証などの必要書類を揃え、ナンバープレートを外したら、陸運支局へ向かいます。手続きが済んだら、自動車保険の解約と、税金の還付手続きを行って終了です。これらが済んで初めて「廃車」となります。

こういった手続きは、すべて自分で行うことが可能です。ですがこれにも、自分で行うとなると引き取り料・スクラップ代金・自動車サイクル料金など、廃車にするにも費用がかかってきます。また、必要書類を揃えたり、スクラップ業者を探すなど、個人で手続きをするには相当な手間がかかります。

しかし、近年はどんな事故車や古い車、動かない車であっても引き取ってくれる業者が増えてきました。

カーネクストもそういった業者の一つですが、そういった業者であれば廃車に関わる代金は無料で引き取ってくれ、更に破損していない箇所や部品を取り外したり、再利用することができるものが残っていれば、それらをリサイクルして販売することで利益を得ています。

そういった理由から廃車の手続きを代行してもプラス利益になるため、無料で行ってくれるのです。改造車についても、相談してみる価値があるのではないでしょうか。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

注意点としては廃車買取業者の中には、レッカー費用や廃車手続き費用、中には買取費用がかかる業者もあります。

また、カーネクストのように海外に販路を持つ業者も増えてきました。海外では日本で廃車同然の旧年式車であっても、人気のある状態ですので、国内向けの中古車市場よりも高値で買い取れる可能性が高いのです。

まとめ

改造車はお金をかけ自分好みにカスタマイズできる楽しさがある反面、事故を起こした時のリスクとも背中合わせになります。ですが、保険業者に相談し、しっかりと話し合い、契約内容の確認をしたり、修理工場の情報を得ることで、リスクを最小限に抑えることが可能です。

また、廃車についてはディーラーはもちろんのこと、以前なら改造車は引き取らないという業者も多数ありましたが、今ではパーツのリサイクルや海外への販売も急速に伸びてきていることから、改造車でも引き取ってくれるところが増えてきました。いずれも、情報収集や見極め、相談が大切になってくることは確かです。

ユーザーの廃車に関する見えにくい部分にもしっかりと答え、いつでも相談に応じてくれる業者を知っているだけで心強いのではないでしょうか。

カーネクストは、日本全国・年中無休で対応している廃車引取り業者です。インターネットでご自分の車の相場を簡単に見て、ご相談頂けます。もちろん電話での相談も年中無休で行っています。改造車の廃車でお困りの方はぜひとも一度ご相談ください。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。