全損車を修理したいなら保険を確認!買取査定も検討しよう

自動車の困り事

交通事故で全損した車を修理したい場合、大事なのは保険の確認です。もしかしたら修理ができるかもしれませんが、思わぬ費用がかかることも。

そんな場合は全損車専門の業者の買取査定に出し、車の買い替えも検討しましょう。

全損車を修理したい場合の選択肢や保険確認のポイントについて、詳しく解説していきます。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

全損車を修理して乗りたい場合は

shutterstock_593599946 (1)

「全損車」という言葉を聞いて、車がクシャクシャにつぶれてしまった状態をイメージする人も多いかもしれませんが、実は事故車すべてが全損車に該当するわけではありません。

その車が全損車かどうかを判断するのは保険会社です。事故車の場合については、次の2種のケースが該当します。

・経済的全損 … 修理はできるものの保険適用外で、修理するよりも買い替えた方が経済的損失が少ないと判断される車

・機能的全損 … メインフレームが歪むなど、物理的に修理ができない状態の車

素人判断で修理ができると思っていても、内部に致命的な破損があって全損車と判断されることもあれば、どう見てもスクラップなのに修理を促がされることもあります。

車が交通事故で壊れてしまった場合はまず保険会社に連絡をとり、全損車かどうかの判断をしてもらいましょう。

困るのは全損車でも、経済的全損に該当するケースです。長い年月使っていた愛車やアンティークとしての価値がある場合など、ある程度なら修理費を出してもいいと考える、思い入れのある車というのはあるでしょう。

この場合はまず、修理工場と相談をしてみてください。どれぐらいの実費がかかるのかを見積もってもらい、そのうえで修理をするかやめるかを判断するしかありません。

経済的全損車をリーズナブルに修理できるかどうかは、修理工場の技術力と営業力にかかっています。

なかにはリサイクル部品を上手に使い、修理費用をできるだけ抑えてくれる良心的な業者もありますので、いくつかの修理工場をあたってみるといいでしょう。

保険の特約を確認する

全損車は基本的に保険で修理ができませんが、加入している保険の内容によっては、ある程度の金額が支払われることがあります。

各保険会社の保険にはいろいろな特約が用意されていますので、全損車であっても程度の修理費用を保証してくれるケースも。

もちろんこれは、あらかじめその特約に加入して、保険料を支払っているからこその恩恵です。

全損車を修理したいと考えるなら、このような特約が適用されるかどうかも、保険会社にしっかり確認をしておきましょう。ただし、特約に入っていたからといって安心はできません。

このような特約で支払われる保険金には、限度額が設けられています。限度額は保険会社によって違いますし、事故の過失割合が加味されて減額されるケースもあります。

全損車でも受け取れる保険金があっても、それで修理費用を賄えるかどうかはわかりません。

全損車でも支払われる保険特約に入っていることがわかったら、その限度額をしっかり確認をして、修理工場に相談をしましょう。

その限度額内で修理ができるのかどうかは、全損車を修理したい場合の重要な判断ポイントです。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

全損車を修理できても不具合が残ることも

shutterstock_618283817

全損車として判断されても、自己費用を投入すれば修理ができる。しかも保険会社からある程度のお金を出してもらえるなら、思い入れのある全損車を抱えるオーナーにとって、とてもありがたいことでしょう。

ただしそれが最適かどうかは、慎重に判断する必要があります。その理由は、修理工場が行えるのは、あくまで「修理」という部分のみだからです。

壊れた車をできるだけ元の状態に近づけることはできても、まったく新品の状態に戻すことはできません。

全損車を修理したいと考えるなら、そんな甘い考え方は早めに捨てておきましょう。全損車を修理する場合、考えられるリスクには次の3つがあります。

走行状態が悪くなる

車は非常に多くのパーツから成り立つ、複雑な機械。例えば車がクシャクシャに壊れても、パーツを付け替えることで見た目を新品同様にすることは可能です。

しかし、車の形状を支えるフレームなどが歪んでしまった場合やエンジンの重要な部品のパーツ交換を余儀なくされた場合、全体のバランスが悪くなって異常振動などの不具合が起きる可能性があります。

これではいくら修理ができても、その車を安心して乗り回すことができなくなってしまいます。

突然動かなくなる

shutterstock_604835828

多少走行状態が悪くなっても、もう廃車にするしかないと思ってきた愛車が修理工場から戻ってきたら、それは嬉しいことでしょう。

ただし車の耐久性能は、ギリギリまで低下している可能性が否定できません。フレームや各パーツの接合部は常にエンジンンの振動に耐えており、砂利道など、普段使っている道路の状態によっては過剰な負荷がかかっていることもあります。

全損にするほどの事故の衝撃力を受けて疲労した各部位が、乗り回しているうちに限界を迎え、ある日突然ドアが開かなくなった、または、エンジンがウンともスンともいわなくなったというケースはよくあることです。

こうなると全損車が修理できた喜びを味わった後だけに精神的なダメージが大きいですし、さらなる修理費用が必要になり、経済的な負担が増大します。

査定金額が下がって転売できない

どれほど気に入っていても、車はいずれ壊れるものです。廃車や買い替えを検討していく必要があるでしょう。

その時に今ある車を買い取りに出して、少しでも新しく購入する車の費用に充てたいと考えるのは当然のことですよね。ただし修理した全損車の場合は、確実に査定金額が下がります。

最近の車によくあるモノコック構造は、一度受けたダメージを完全に取り除くことができません。

中古車の査定には全社共通の基準がありますので、修理した全損車の査定金額を飛躍的に向上させることは難しいのが現実。逆に高い廃車費用がかかってしまうかもしれません。

修理した全損車は、将来的に悩みのタネになる可能性が高いのです。

このように、さまざまなリスクがつきまとうのが修理された全損車。どうしても愛車を修理したいと考えるなら、こういった不都合と長く付き合う必要があるということも理解しておきましょう。

車を大事に使うのは良いことですが、リスクを考えれば、全損車は修理をしないという選択を選んだほうが賢いかもしれません。

冷静に考えてその結論に達したなら、おすすめなのは専門業者での買い取りです。

カーネクストのように事故車の買取も行なっている業者であれば、事故の原因や過失割合にかかわらずに買い取ってもらえますし、オーナーに負担をかけずに手続きをしてもらえるので非常にスムーズです。

必要な手続きを代行して、さらに費用まで負担してくれる優良な業者もあります。愛車が全損した場合は、修理しないという選択肢も検討していきましょう。

oldyoko

まとめ

大事な車が全損した場合には、修理したいと意固地になってはいけません。

修理をするメリットとデメリット、そして買い取りに出す際のメリットもあわせて考えて、一番良い方法を模索していきましょう。

保険の特約に入っておらず、さらに修理費の負担も厳しいという方は、カーネクストの廃車買取サービスを利用することを検討してみてください。

カーネクストであれば全国どこに住んでいても対応してもらえますし、全損車でも0円以上の買い取りを保証。しかも手続きにかかる費用やレッカー代、廃車になった場合の解体費用まで、まるごと負担をしてもらえます。

これは買い取り実績多数の、事故車・廃車専門の買取業者であるカーネクストならではです。

いつでもどこでもネットで簡単に買取査定をしてもらえますから、顧客満足度95%のカーネクストを利用してみてはいかがでしょうか。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。