不動車のエンジン始動をしたい!そのまま動かないなら廃車買取業者へ

自動車の困り事

自動車を長期間にわたり放置して、久しぶりにエンジンをかけようとするとエンジン始動ができずに困ってはいませんか。

また、事故や故障、水没などによって不動車となった場合、エンジンがかかりにくくなってしまいます。そのような場合、どうすればエンジン始動ができるのでしょうか、その手順についてご紹介します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

不動車のエンジン始動ができないのはなぜ?

shutterstock_215438209

不動車とは、事故や故障、水没が起こってしまった場合に、すぐには車を使わずに放置してしまっている車両や車検切れによって公道を走れなくなった車両のことを言います。

不動車が手元にある場合、公道を走らなくなりエンジンをかける機会も少なくなるため、そのうちにエンジン始動ができなくなってしまいます。

では、どうしてエンジン始動ができなくなるのでしょうか、その理由を探ってみましょう。

オイル切れによるドライスタート

不動車のエンジン始動ができない大きな理由は、エンジンを毎日動かしていないことが原因です。本来であれば、自動車のエンジンは毎日かけて動かすべきなのですが、不動車では長期的に動かしていないため、車両整備が行き届かなくなってしまいます。

その一つがドライスタートで、通常であればエンジン内部に循環しているはずのオイルがエンジンを動かさないことで循環せずはがれていき、その状態でエンジンを動かしてしまい、部品同士の摩擦が生じて、エンジンのパワーダウンが続いてしまいます。

ガソリンの劣化

ガソリンタンク内にガソリンを残したまま1か月ほど放置してしまった場合、インジェクタ部分にあるガソリンが経年劣化によって腐っていきます。

ガソリンが腐るとガム質のように粘り気ある成分がエンジン内部に固着したり、フィルターの目詰まりやフューエルラインを詰まりを引き起こして燃料系が故障してしまいます。その結果、点火できなくなりエンジンが動かなくなるのです。

バッテリー上がり

長期放置車によく見られるのがバッテリー上がりです。普通乗用車のバッテリーは車の走行時にオルタネーターで発電し、内部に電気を蓄えていきます。たまった電力は内部に蓄えるだけでなく徐々に放電しています。

車が動いているか止まっているかにかかわらずバッテリーのプラス極とマイナス極がつながっている以上、放電は続くため、整備していない長期放置車では放電が進んでしまって完全放電、つまりバッテリー上がりの状態になり車が動かなくなります。

不動車のエンジン始動の方法は?

では、不動車のエンジン始動をさせるにはどのような手順を踏めばよいのでしょうか。放置車の復活手順について確認してみましょう。

1.動かす前に内部を確認する

可能であればオイル関連は交換して、エンジン部分にサビによる塊がないか確認します。また、プラグホールからオイルを注入したうえでクランクシャフトを回転させオイルをなじませて稼働しやすい状態にしておきます。

2.エンジンをかける前にプラグを外す

不動車のエンジンをかける前にプラグを外して整備を始めます。

3.オイルを垂らし、セルを回す

上からオイルを垂らして手動でセルを回します。この確認でエンジン内にガス供給ができているかどうかの確認ができます。

ガス供給が無事に確認できれば点火しない状態でクランキングをおこないます。10秒ほどクランキングを続けて垂らしたオイルをエンジン内部のベルトやベアリングになじませます。

動きが正常化しているのが確認できれば外していたプラグをつなぎ直します。

このように手続きを踏むと、通常であればエンジンはスムーズに動き出すはずです。そして、エンジンが動き出して温まると車両はゆっくりと走り出します。

エンジンが動かない場合、バッテリー上がりを起こしているから充電をすればすぐにエンジンは動くだろうと考えがちですが、バッテリーを充電するだけでは簡単に解決はしません。

というのも、エンジン部分は緻密な部品の動きによって制御されているため、モーターのように簡単に動きはしないのです。バッテリー関連でチェックをするならバッテリー液が少なくなっていないかを調べてみて、少なくなっていたら交換するとエンジンも動くかもしれません。

また、エンジンが動かないと焦ってしまって、機械に無理をさせてしまいがちです。特に、クランキングを繰り返してセルを回し続けるとオイルがない状態で空回転を繰り返すこととなります。

摩擦によって機械が損傷してしまい、余計に痛めてしまう原因となります。

このような手順は素人には判断や作業が難しいので、自分でできない場合は無理をせず業者に頼むか廃車扱いしてしまうのもひとつの方法です。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

不動車にしてしまうなら廃車買取業者に

shutterstock_536572615

長期的に放置を続けてエンジンが動かなくなり不動車になった場合、そのまま登録自動車としての状態を続けていると税金などの維持費がかかってきます。

その際、一旦登録を一時抹消登録すると車体を残しつつも税金の支払いを止めることができますし、保険料もしばらくの間は維持した状態で支払いを止めることができます。

そのため、現在は不動車であるけれど再び乗る可能性があれば、一時抹消登録をするのが得策でしょう。

しかし、このような車を長期的に放置すると、経年劣化によって故障個所が増えてしまい、エンジンがかからなくなり、将来的なメンテナンスにかかる費用も必要になってしまいます。そのため、早い段階で廃車手続きをおこなっていればよかったと思う人が後を絶ちません。

そこで、不動車として車を放置するくらいであれば、いっそのこと車を売却したり廃車に持ち込む流れを検討したりした方が得策ではないでしょうか。

車は年数が経つにつれ、評価額が下がるので放置するほどに売却価格が下がってしまいます。なので、売却するなら早いうちに行動に移しましょう。

ただし、実際に不動車である以上中古車として動かすには多大な整備が必要になるので、中古車販売業者での買取やディーラーでの下取りは難しくなるのが現実です。

しかし、廃車買取業者であれば、中古車として販売できなくてもパーツのみを販売したり海外へ車を輸出するなどできるので、古い車でもたとえエンジン始動しない不動車であっても買取してもらえる可能性があります。

廃車買取業者に買取を依頼する際は、複数の業者で査定を受けるといいでしょう。一つの業者だけの査定に限ってしまうと、その車の価値について客観的な判断が難しくなり、買取価格が安価になりがちです。

複数の業者からの査定を受けることで車両の買取相場を知ることができ、安心できる業者に買取を依頼することができます。

また、買取業者の中にはカーネクストのように不動車の無料引取りサービスや廃車代行サービスを請け負っているところもあるので、そのような業者に依頼すれば煩わしい手続きを任せることができて便利です。

まとめ

不動車を長期放置しているとバッテリーが上がりやオイル切れ、ガソリンの劣化によってエンジンが動かなくなることがしばしばあります。
バッテリー交換をしてもエンジンが動かない場合は手動でエンジン内部を整備してみましょう。

それでも動かないのであれば、不動車として放置するよりも廃車する方が維持費やメンテナンス費用を抑えることができるので、結果的に安い費用で済ませることができます。

廃車買取業者に依頼すれば車を買取ってくれ、その金額はディーラーに下取りを出す価格よりも高くなる可能性があります。また、廃車買取業者では買取だけでなく引取りや廃車の手続き代行も済ませてもらえるので申請書などを自分で出す手間が省けるでしょう。

車の買い替えを検討の場合
今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路持ちのカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。