廃車の際にパーツはどうする?取り外した方がお得になるケースがある!

廃車のコラム

車を廃車買取に出す場合、車に取り付けているパーツをどうするべきか迷われる方は多いのではないでしょうか。

ノーマル状態で乗られている方には関係はありませんが、お金をかけてパーツを取り付けられた方にとっては、それまでのコストが無駄になってしまわないか心配になるでしょう。

そこで、ここではパーツをそのままにした方が高く売れるケースと、取り外して別で売った方が高くなるケースについてご紹介いたします。

高く売るためのパーツの扱い

それでは高く売る為に、パーツをどうすれば良いのかをご紹介していきましょう。

これを考える場合、冒頭で触れているように廃車買取に出す車がどのような状態なのかによって、パーツの扱い方が異なりますので、各パターンごとにご紹介いたします。

高年式車の場合

まずは、廃車買取に出す車が高年式車であった場合について。

高年式車=比較的に発売から日の浅い車(新しい車)の事を指します。

このパターンに該当する方は比較的少数派でしょうが、交通事故などによって新しい車でも廃車にされる事があります。

そして、このパターンに該当する場合は、パーツはそのままの方が高く売れます

これはその車種自体が新しい車ですので、事故のダメージを負っていない部分のパーツは、今後同じ車種の修理などの際に交換品として活躍できる機会がある為です。

 

もちろん、純正品じゃなくなっている場合は意味がありませんが、純正品(ノーマル車)であればあるほど、そして発売から日が浅ければ浅いほど廃車であっても買取価格は高くなりますので、パーツは付けたままで査定に出すようにしましょう。

低年式車の場合

続いては、高年式車の反対で、発売から年数が経っている低年式車の場合について。

この場合は、ノーマル車でなおかつ純正パーツの状態が綺麗だったとしても、そもそも需要自体が落ち込んでしまっている車がほとんどでしょうから、ほぼほぼ価値はありません。

MINIの様にずっと人気の車種に関しては、パーツに値段が付く事があります。

この場合は、運転に支障がないパーツに関しては取り外してしまって、パーツ買取店やヤフオクなどに売ってしまった方が、最終的に手元に残るお金が多くなる可能性が高いです。

ここでの注意点は、取り外すパーツは運転に支障がないレベルという事がポイントです(詳細は後述)。

カスタムパーツの場合

3つ目のパターンとしては、車をガッツリカスタムしてしまっている車の場合です。

カスタム車は高年式車であっても低年式車であっても、廃車買取では査定に好影響を与える事はありません(中古車買取の場合でもプラス査定にはなりません)。

 

なので、もし純正パーツが残っているのであれば、パーツを付け替えてしまい、それまで使っていたパーツはパーツ買取店やヤフオクなどに売るのが賢明でしょう。

なお、パーツの付け替えに高額な工賃が発生してしまう場合は、査定額の増額分で補填できなければ逆にマイナスになってしまいますので、事前に付け替えた場合の査定額と、パーツ付け替えの工賃の両方を確認・比較しておくべきでしょう。

 

パーツ取り外しの際の注意点

パーツ取り扱いに関する注意点

パーツをそのままにした方が高く売れる方は、特に問題はありませんが、パーツを取り外して別で売ってしまった方がお得になる人に関しては注意点があります。

注意点は2点あり、どちらも度が過ぎてしまうと大変なことにもなり兼ねませんので、ここから紹介する内容については事前に確認しておきましょう。

法律違反

1つ目の注意点は、法律違反になってしまわない様にする事です。

オーディオやカーナビ、ETC、ドライブレコーダーなどの電飾系に関しては、取り外してしまっても特に問題はありません。

 

また、ノーマル車に追加で自分で追加したパーツに関しても問題はありません。

しかし、それ以外のドアやシート、バンパーなど取り外す事で自走ができなくなる、車検に通らなくなる様なパーツに関しては個人が取り外してしまうと、自動車リサイクル法に違反することになるのです。

不法投棄と見なされます。

もちろん、取り外す代わりに純正パーツを付けられる場合は、違反には該当しませんので、ご安心ください。

査定後の取り外し

2つ目の注意点は、廃車買取の査定後から車の引き渡しまでの間に勝手にパーツを取り外してしまう事です。

もし、査定時にパーツ込みの査定額を提示されている場合は、そのパーツを取り外して引き渡しを行う事で契約違反が発生することになるのです。

 

もちろん、査定時に「どこどこのパーツは取り外します」と事前に申告している分には問題ありませんが、査定後に取り外しを行うと最悪の場合は契約破棄となり、車の廃車買取がキャンセルとなる可能性もございます。

しかも、業者などの手配にかかった費用の請求を行われる可能性もありますので、パーツの取り外しは査定前に、もしくは査定時に申告する様にしましょう。

 

まとめ

以上の事から、廃車買取の際になんでもかんでもパーツを取り外して売れば良いといものではなく、車の状態によってはパーツをそのままにした方がトータルの手取りが増えるという事を覚えておきましょう。

また、パーツの取り外しをするにしても、法律に抵触するレベルまで外してしまわない様に、また取り外しのタイミングや事前申告を忘れずに行う様にしましょう。

 

手間としては、全部そのまま売ってしまった方が遥かに楽ではありますが、パーツの取り扱い次第で最終的な手取りに大きく影響を与える可能性がありますので、是非一度ご検討いただければと思います。