廃車の名義変更はどうやってするの?他人名義の車の場合

廃車のコラム

車の所有者が他人名義の場合、名義変更をおこなってから廃車をします。

また所有者がいない場合やローン会社法人の場合はどのような流れで名義変更や廃車手続きをおこなうのかをご説明します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

車の名義が自分以外の場合は名義変更を行ってから廃車する

別名義の車

車を廃車したい場合、まず所有者が誰であるかを確認する必要があります。家族や知人、亡くなった方から譲り受けた場合や法人名義の場合、名義が自分以外のため、名義変更をおこなってから廃車手続きをします。ローンを組んで購入した場合、名義はローン会社になっているためローン会社に相談してください。

なお軽自動車と普通車では名義変更の方法が異なります。廃車手続きには永久抹消登録と一時抹消登録の2種類があります。それぞれに必要な書類が少し異なるため、不備がないようにします。

他人名義の車を廃車する

自分の名義でなく、所有者が異なる車を廃車したい場合、名義変更をおこなう必要があります。その際の名義変更はどのようにしておこなうのでしょうか。
名義変更に必要となる書類など、パターンごとにご紹介します。

■家族や知人名義の車の廃車

例えば運転する人が未成年での場合は親の名義にしていた、あるいは知人の車を譲ってもらったなどといった「個人が所有者」であるパターンでは、次の書類が必要です。

・前の所有者の実印を押した委任状および印鑑証明(発行から3ケ月以内)
・前の所有者の実印を押した譲渡証明書
・新しい所有者の印鑑証明(発行から3ケ月以内)
・新しい所有者の実印

家族や親しい間柄であっても、所有権が自分以外の個人である場合、書類は必ず必要となります。
なお軽自動車の名義変更の場合は申請依頼書が必要となります。これは普通車の委任状同じようなものですが、申請依頼書と委任状は似て異なるものなので、混同しないように注意が必要です。行政書士事務所が代行してくれることがあるため、相談するとよいでしょう。パソコンから申請依頼書のテンプレートをダウンロードして必要事項を記載し、行政書士事務所に提出します。

■所有者がいない場合の車の廃車

所有者がいないパターンでは、亡くなっている場合と連絡が取れない場合がありますが、それぞれ手続きの方法が異なります。
所有者が亡くなったために車を廃車にしたい場合、軽自動車と普通車では必要な書類も異なります。普通車は資産となりますが、軽乗用車は資産ではありません。軽乗用車の場合は名義変更後、通常の廃車手続きを行うことができます。
いっぽう普通車を廃車する場合、まず新しい所有者を決めてから先ほどの書類以外に次のものを揃えます。

・遺産分割協議書
・戸籍謄本
・除籍謄本

亡くなった方に比べ、連絡が取れない場合の廃車手続きは複雑です。
というのも廃車の権限は所有者にあるため、勝手に廃車することができないからです。自分の所有地に無断駐車し、そのまま放置されてボロボロになっている車であっても所有者でない限り、廃車にすることはできません。

何らかの方法で所有者と連絡を取るようにし、廃車にするという合意を得ることがベストですが、どうしても連絡が取れない場合は警察や役所に相談するしかありません。

■所有者が法人やローン会社の場合の車の廃車

車を購入するときにローンを組んで購入した場合、所有者はローン会社やディーラー、販売店名義となっています。

所有者が法人やローン会社のパターンでは、以下の書類を揃えて所有権解除をおこなってから廃車手続きをします。

・車検証
・印鑑証明
・印鑑証明と同じ実印
・完済証明

通常ならローンを完済していない車を廃車にしたいとは考えにくいですが、事故などを起こしてしまった場合などやむを得ない事情もあるでしょう。
ローンを完済していない場合はまず廃車にしたい旨などをローン会社に相談します。残っているローンを一括返済すればほとんどの場合問題なく名義変更できます。ローンが残っている場合はローン会社と話し合って進めていきます。

できればローンを払い終えてから廃車手続きすることが望ましいでしょう。しかしその間も自動車税は払わなければいけません。ただ車検切れの車の場合は自動車税を払わなくてもよい場合もあるため、いちど相談してみるとよいでしょう。

ローンを完済した人は、ローン会社から所有権解除の案内をおこなっているところもあるようです。

廃車の前に名義変更が必要

名義変更

廃車をする前には、まず名義変更を行う必要があります。特に他人名義の車を譲り受けたものの、ついうっかり名義変更をし忘れていた廃車の場合、名義変更をしてから抹消登録をする必要があります。

これを移転抹消といい、名義変更と廃車手続きをほぼ同時におこなう方法です。

通常なら車検切れの車は名義変更できませんが、廃車をおこなうことを前提とした移転抹消の場合は名義変更が可能です。

移転抹消手続きに必要な書類は以下のとおりです。

・旧所有者の実印を押した委任状および印鑑証明(発行から3か月以内)
・旧所有者の実印を押した譲渡証明書
・新所有者の印鑑証明(発行から3か月以内)
・新所有者の実印

このように、他人名義の車を廃車する場合は名義変更されているかどうかを確認し、名義変更されていなければ移転抹消を行って廃車へと手続きを進めます。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

廃車手続きの流れ

名義変更を終えた車を廃車するための手続きには「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2種類があります。必要な書類を揃え、管轄の陸運支局で手続きをおこないます。

カーネクストにお申し込みの場合はこれらの手続きは全て無料で代行いたします。

■永久抹消登録

永久抹消登録とは、車を解体してスクラップにするため、二度とその車を使用できない状態にする登録方法です。
必要な書類は次のとおりです。

・車の所有者の印鑑証明(発行から3か月以内のもの)
・車の所有者の委任状(所有者の印鑑証明書と同じ実印があるもの)
・車検証
・解体報告記録がなされた日と移動報告番号
・手数料納付書
・永久抹消登録申請書
・自動車税・自動車取得税申告書(地域により不要な場合あり)
永久抹消登録に必要な費用は次のとおりです。

・永久抹消登録申請書…100円前後
・解体費用…0~30,000円前後
・車の引き取り費用…0~15,000円前後

解体費用に差があるのは、部品の残り具合などによるものです。ナビやETCなどの備品、タイヤの有無などで変わってくるようです。
・永久抹消登録の流れ

  1. ナンバープレートを外す
  2. 解体業者で車を解体してもらう。解体終了後、業者から「解体報告記録日」の報告がきます。これは運輸支局での手続きに必要となります。
  3. 永久抹消登録に必要な書類をそろえて運輸支局に行き、記入する
  4. ナンバーの返却
  5. 必要な書類を運輸支局に提出する
  6. 税金還付金の手続き、申告

■一時抹消登録

一時抹消登録とは一時的に車を使わず、再び使用できる登録のことを言います。
必要な書類は次のとおりです。

・車の所有者の印鑑証明(発行から3か月以内のもの)
・車の所有者の委任状(所有者の印鑑証明書と同じ実印があるもの)
・車検証
・手数料納付書
・一時抹消登録申請書
・自動車税・自動車取得税申告書
・ナンバープレート(前後2枚)

自分で一時抹消登録をおこなう手順は業者でおこなう場合とほぼ同じです。また登録手数料が350円必要です。

まとめ

車の所有者が自分以外で廃車したい場合、名義変更をおこなってから廃車手続きをおこないます。所有者が誰かにより名義変更に必要な書類が違うため、不備がないようにしましょう。

廃車手続きには2種類ありますが、カーネクストでは無料で手続きの代行を行い、なおかつ廃車の買取も行っておりますので、ぜひご利用ください。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。