廃車って再利用できるの?廃車になった車の行方

廃車のコラム

廃車はスクラップにすることではなく、車の車歴を消す手続きのこと。

廃車をするにしてもすべての車が解体されるわけではなく、中古車として海外で販売される、部品が販売されるなど、様々な方法で廃車は再利用されます。

そんな再利用について、詳しく学んでみましょう。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

廃車って再利用できるの?そもそも廃車とは

shutterstock_278567453

廃車という言葉を聞くとどうしても「もう使うことができず、使い道のない車」だと思ってしまいませんか?廃車にする車は解体されるしかできない、もう乗ることができない車だと。

ですが、実は、「廃車」とは車の車歴を抹消する手続きのことを指し、車をスクラップにするという意味ではありません。車本体のバラバラにすることではなく、車の車歴を消す手続きのことなのです。

廃車には2種類あります。「永久抹消」と「一時抹消」です。

永久抹消とは車を今後全く使わないためスクラップにすることで、多くの人が廃車という言葉に持っているイメージには、永久抹消の方が近いです。一時抹消とは、入院や海外出張といった理由のために、長期間車に乗ることのできない人が一時的に車の登録を抹消しておくこと。一時的に抹消するだけのため、その車を再登録することも可能です。

解体業者に廃車をお願いしますと申し込んでも、業者によってはスクラップにせず一時抹消を行い、再び登録して車を使う場合もあるようです。後で「話が違う」とならないよう、永久抹消の手続きを行うのか、一時抹消を行うのかをはっきりと業者に確認しておきましょう。

永久抹消され解体業者によって解体された車は、どうなるのでしょうか。

解体業者は、自動車リサイクル法に沿って自動車の解体を行います。自動車の解体を行うと、解体業者は自動車リサイクル促進センターに連絡し、自動車を解体した旨を連絡するのが一般的な流れです。すると、自動車リサイクル促進センターが陸運支局に連絡し、陸運支局が解体されたことを知るのです。

解体業者は解体した自動車の部品を再利用し、他の業者が部品の買取を行うことで、自動車の部品はリサイクルされていきます。そのようにリサイクルされることで、自動車の部品は無駄なく再利用されることが可能です。

陸運支局が抹消登録を行うと廃車の手続きは完了。廃車の手続きが完了すると、陸運支局で保険解約に必要な「登録事項等証明書」を受け取ることができます。

永久抹消手続きは、解体業者によっては全て行ってくれる場合も。業者によって、自分がどこまで行わなければならないかが異なるため、廃車を申し込む前にきちんと確認しておきましょう。

※廃車買取のカーネクストの場合は、すべての手続きを無料で代行いたします。

廃車になった車の行方

永久抹消手続きされて廃車にされた車は、その後どのように再利用されるのでしょうか。廃車にされた車はただの鉄くずになるわけではありません。有効に再利用される部品がほとんどです。

廃車にされた車は、「部品」や「金属」、「家具」などとして再利用されます。それぞれどのように再利用されるのか詳しく説明していきます。

部品として再利用される場合

自動車の部品の中には壊れにくい部品も多く、中古でも十分に性能を発揮する部品が多くあります。日本で中古の部品として使われなくても、海外で中古部品として使われる場合も。日本の部品は性能が高く、海外でも高い人気を誇っています。そのため、日本では使われない部品でも、海外では需要がある場合も多いのです。

壊れにくい部品の代表的な例が、「ラジエター」。車の前方についており、エンジンを冷却するとても重要な役割を果たしている部品です。ラジエターがなければ、エンジンがオーバーヒートし、車は走り続けることができません。

そんな重要な部品であるラジエターは、穴が開くのにとても長い時間がかかるため、壊れにくい部品として知られています。そのため、車自体は使えなくなっても、ラジエターはまだまだ使えるという状態であることも多く、ラジエターはリサイクルされる場合も多いです。

他にもバンパーやボンネット、ホイールなどといった部品も壊れにくい部品として知られています。バンパーは車の前後についており、衝突の衝撃から車を守るのが役目です。そのため、とても丈夫にできておりすぐに使えなくなることがありません。

ただし、部品として再利用されるには、部品として再販できるルートを持っている買取業者に車が渡った場合のみですので、引き取った車をすべてスクラップにする業者では再利用されることはありません。

金属として再利用される場合

車関係で再利用できないことがわかった場合は、スクラップにして金属として再利用します。車は総重量の80%以上が金属系でできているため、金属として再利用することが可能です。

銅やアルミ、ステンレスなど様々な金属が車には使われており、解体業者は独自のネットワークを使い、それらの金属を別の業者に売却したり、自社でリサイクルしたりします。そのため、車は解体業者にとって大切な資源なのです。

家具として再利用される場合

最近では、車の車体を家具として再利用する場合もあります。第二次世界大戦の頃に使われていたジープの前面を大胆に切断し、デスクにしたりソファーにしたりした家具などを専門に売っているショップもあるほどです。

長年使われていたヴィンテージ感がおしゃれと、中古車を使った家具は高い人気を誇っています。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

中古車として再利用されるケースも

shutterstock_777900454

廃車された車は、その後解体されず中古車として再利用される場合もあります。古いため売れないと思い廃車処分にした車でも、車種によっては中古車として高い需要がある車も多いです。

解体業者の中でも中古車としての再販ルートを持っているカーネクストなどであれば、この車は解体するよりも中古車として再利用したほうが高く売買できると判断します。そのような解体業者は独自のネットワークを持っているため、中古車として売買することも簡単です。

中古車の取引を行っている業者は、車種によって得意不得意がある場合が多いことも。そのため、その業者の得意な車種を持ち込むと、高く買取してもらえる場合が多いです。4WDなどの車種は専門の買取業者がある場合も。そのため、それらの車種をそのような業者に売ることで、廃車にする予定の車でも十分に中古車として売れる車となるのです。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

また、日本車は海外でも高い人気を誇っています。海外では日本車は外車となります。日本では外車の人気が高いように、海外では日本車の人気が高く中古車も多く売られているのです。

日本車は海外では丈夫だと高い評判を得ています。というのも、日本では一般車でも2年に1回、商用車の場合は1年に1回、厳しい車検を受ける必要があります。海外ではここまで厳しい車検制度がある国は少なく、ほとんどの国の車検制度は日本よりも緩い制度です。

そのように厳しい制度があるため、日本で走っている車はよい環境で使われており耐久性がより高くなっています。

人によっては、自分が廃車にしてスクラップにしたと考えていた車が中古車として販売されていたら、嫌な気分になる人もいるでしょう。そのようなことを防ぐには、「きちんと書類に目を通す」ことと、「廃車にならない場合もあるという文面がある場合には、その文面を消してもらう」などという手続きが必要です。

万が一、書類さえなく廃車手続きが行われそうになった場合には、その解体業者を信用することはできません。きちんと書類がある業者を選択しましょう。

また、書類にきちんと目を通したとしても心配な場合には、解体されるところを見届けに行くというのも1つの手です。

鍵を記念にもらっておく、鍵穴をすべてつぶしておくなどという方法を行うなど、車を二度と乗れないような状況にしておけば、業者も廃車にするしかありません。中古車として販売されるのが嫌ならば、そのような手段を使いましょう。

まとめ

廃車とはいってもまだまだ使うことができる状態の車も多いです。そのような車は、中古車として利用されたり、部品を再利用されたりします。

車を中古車として販売されるのを避けたいのであれば、解体業者にきちんと確認を行い、中古車として販売しないように書面などで確認しておきましょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。