ウインカーの故障時の症状やその原因、故障した際にかかる費用はどれくらい?

自動車の困り事

車の運転をする際に、重要な役割をはたしているのがウインカーです。ウインカーを使用しないと事故を起こしてしまう可能性がありますよね。そんなウインカーですが、故障してしまうこともあるのです。ウインカーの故障時の症状や故障してしまう原因にはどのようなものが考えられるのでしょうか?

また、故障したウインカーを修理するためには、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

ウインカーが故障した時の症状と原因

ウインカーは自分が行きたい方向を他の車に知らせるのに、とても大切な役割をはたしていることはご存知かと思います。このウインカーが故障してしまうと、事故の原因にもなりかねません。では、ウインカーが故障した時の症状やその原因にはどのようなものがあるのでしょうか?以下で解説していきます。

ウインカーが点滅しない!その原因とは?

ウインカーが点滅しないのは、さまざまな原因が考えられます。ウインカーが点滅しないと車の運転にも大きな悪影響を及ぼしかねません。ウインカーが点滅しない原因について解説します。日頃車を運転している人は参考にしてみると、いざという時に慌てずに済みます。

・ウインカーリレーの故障で点滅しない

まず考えられるのが、ウインカーリレーの故障です。このウインカーリレーによってスイッチが入ったり、切れたりして点滅する仕組みになっていますが、リレーの故障によって点滅しなくなってしまうことが考えられます。ウインカーリレーが故障している場合には修理を依頼する必要があります。

・ワット数の増大でウインカーが点滅しない

バルブのワット数が大きくなり、点滅しなくなることもあります。

・ウインカーの球切れで点滅しなくなる

意外と多いのがこのウインカーの球切れです。左右どちらかの球が切れるともう片方が点灯を続けます。これが原因で、ウインカーが点滅しなくなることも起きるのです。

・ウインカーの接触不良で点滅しなくなる

電球の取付け箇所の接触不良によるもの、コネクターの接触不良によるもの、コネクターが抜けてしまっている場合や、電球やソケットのサビや汚れなどによってウインカーが点滅しなくなってしまうこともあります。

・バッテリーの劣化でウインカーが点滅しない

バッテリーが劣化している場合には、エンジン始動からしばらくウインカーが点滅しない、しばらく経つと、ウインカーが点滅するようになるなどの症状が出るという場合もあります。

・ウインカーがLEDなので点滅しない

ウインカーをLED化した場合にも、点滅しなくなってしまうことが多いといわれています。この症状については、LEDに交換した場合に起きるので、原因はわかりやすいといえるでしょう。このような症状が起こってしまう原因としては、リレーがLED対応のものではない場合によく起こるといわれています。

・片側のウインカーだけが点滅しない

片側だけのウインカーが点滅しないこともあります。これは車種などによっても異なりますが、ウインカースイッチの点滅しない側の接触やアースまでの接触、点滅しない側の電球切れなどで不具合が起きている可能性が高いです。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

ウインカーの故障の修理にかかる費用

ウインカーが故障しているまま、車を運転するというのは非常に危険ですので、絶対に止めましょう。自分自身が危ないだけでなく、他の人を事故に巻き込んでしまう可能性もあるので気をつけてください。

ウインカーが故障した場合に、かかる費用とはいったいどのくらいのものなのでしょうか?また、それぞれの状況などによっても故障箇所を修理する費用や時間は異なるものなのでしょうか?解説していきます。

ウインカー交換にかかる費用

ウインカー交換にかかる費用については、その状況などによっても大きく異なります。だいたいどれくらいかかるのか、解説していきます。

・レンズ割れは数万円の予算を覚悟すべき

ウインカーのレンズが割れてしまっている場合の費用についてですが、片側だけのレンズ割れを修理するだけでも、20,000~50,000円程度の費用が必要です。左右どちらのレンズも割れてしまっていて、修理が必要な場合には、修理費用として100,000円近くかかってしまうというのも珍しくありません。

もしレンズ割れをしたときは、ある程度の出費を覚悟するようにしてください。

・単純にランプの交換を行う

単純にランプの交換のみを行うには、いったいどのくらいの費用がかかるのでしょうか?一番安いのが白熱球ランプです。これにかかる費用としては、1,000円程度での交換が可能です。

ハロゲンランプに交換するには、2,000円程度で交換が出来ます。単純なランプの交換であれば、それほど多くの費用はかかりません。

・ブレーキランプ、ウインカーランプの交換

ブレーキランプやウインカーランプに使われているのが、HIDランプと呼ばれているものです。高輝度放電灯であるため、値段が高くなってしまうといわれています。交換は、20,000円程度の費用が必要になることがあります。このくらいの出費は覚悟しておきましょう。

・ポジション球の交換

ポジション球の交換の際にかかる費用は、5,000円程度なので、比較的手軽に利用が出来るといわれています。基本的には、ポジション球の交換は整備工場やディーラーなどに交換を依頼しますが、車好きの中にはそのような業者に任せることなく、自分で交換する人もいるようです。

ウインカーの故障の修理にかかる時間

ウインカーが故障している場合には、整備工場などで修理をしてもらう必要があります。そのウインカーの故障を修理するのにどのくらいの時間がかかるのでしょうか?ウインカーが現在故障してしまっているという人はぜひ、参考にしてみてください。

ウインカーの修理や交換に、どれくらいの時間がかかるのかについて

ウインカーが故障している場合には、事故の危険性が増すなど車の運転において大きな支障があります。それを防ぐためにも出来るだけ迅速に修理や交換を行うようにする必要があります。

・多くの作業が当日中に終わる

多くの作業の場合、当日中に終わると考えて問題ないでしょう。ライト周りの修理や交換作業については、それほど多くの時間はかかりません。中でもランプ交換については、故障しているわけではありませんので数十分程度で作業が終了します。

早いところであれば、5~10分程度で作業が完了します。費用や時間がそれほどかからないのが特徴であるといえます。

・レンズが割れているときにかかる時間は

レンズが割れているときにかかる時間は、それぞれの状況によって異なるといえるため、まちまちでしょう。専門業者やディーラーのところに対応する部品があれば、1日で作業が終了することもありますが、対応するパーツがない場合には、その対応パーツを取り寄せるところから始まるので時間がかかります。

場合によっては、1週間程度時間がかかってしまうことも考えておく必要があるため、それぞれの状況によって、作業にかかる時間は異なるといえるのです。

まとめ

ウインカーが故障してそのまま放置してしまうと事故につながる恐れがありますので、出来るだけ早く、専門業者やディーラーに修理、交換を依頼するようにしてください。

作業にかかる金額や時間は、作業の内容などによっても異なります。対応するパーツなどを専門業者やディーラーが持っている場合には、1日程度で作業が終了する場合もありますし、パーツを取り寄せる場合には、作業が終了するまでに1週間程度かかってしまう時もあります。

とはいえ、基本的には修理の規模も小さいので、早め早めに対処すれば大事になることもないでしょう。

ただ、車自体が古くなってしまっている場合は、立て続けに修理が必要になる箇所が増加する事が予想されますので、買い替えを考える場合は早めの行動を心がけましょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。