車のオーバーローンは可能?手続きの流れと注意点は?

自動車の困り事

物を購入するときの「オーバーローン」とは、商品代金以上の金額でローンを組むことを指します。

住宅ではおなじみのサービスですが、車でも利用できるのでしょうか。手続きの流れと注意点を紹介します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

車のオーバーローンは可能!

車のオーバーローンは、乗り換えの際に新たな車のローンへ前の車の残債を上乗せする形で利用できます。

ただし、誰でも利用できるわけではなく、一定の条件があります。

まずは業者や金融機関に相談

本来であれば、前の車のローンが完済してから新たな車のローンを組むのが理想です。けれども車が好きなドライバーなら、魅力的な車が販売されたら、ローンの完済を待っていられないでしょう。他にも家族が増えたなどの理由で別の車に乗り換えなければいけない場合もあります。

ただし完済しない限り、返済義務は残ったままです。車の売却代金が残債を上回れば完済できますが、それでもローンが残ってしまったら、現金で払うか、そのまま返済を続けなければいけません。新たなローンと2本立てになると資金管理が面倒で、返済日を忘れてしまう恐れもあります。

そんなときにオーバーローンを利用すれば、返済を一本化できて、返済日も月1回にできるわけです。すべての業者や金融機関で利用できるわけではないので、まずは相談してみましょう。

その車は誰の名義?

少しでも残債を減らすには、その車を売却して代金を返済に充てるのが一番です。ただし、車検証の所有者名義が本人ではなくローン会社になっているときは、所有権を解除しないと自由に売却できません。勝手に売却すると横領罪などに問われてしまいます。

ローン会社は車の代金を立て替えているので、完済するまで所有権を留保しておかないといけません。返済が滞ったときに車を担保として回収できるからです。

ローンを完済しても所有権は自動で切り替わるものではなく新たな所有者による手続きが必要です。書類を揃えて運輸支局(軽自動車は軽自動車検査協会)で手続きすれば、ようやく車を売却できます。

もちろんオーバーローンでは、所有権が移動する前から残債を上乗せして、完済するための資金にすることが可能です。ただし、その分だけ総返済額が多くなるため、所有権が切り替わったら速やかに車を売却して返済に充てましょう。

ちなみに、金融機関のローンはお金を本人に融資しているだけですから、所有権は留保せず最初から本人が所有者になるのが一般的です。そのため、ローンが残っていても自由に売却できます。

ただし、一部の金融機関では所有権を留保しない代わりに、完済まで車を売却できない条件をつけているので、売却前に契約書や約款を確認するのが無難です。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

手続きの流れは?

続いてオーバーローンの組み方や所有権を解除する方法を見てみましょう。

オーバーローンの組み方

まずは残債がどれくらいあるのか計算します。

毎月の支払額×残り回数ですが、一括払いで返済するなら利息が減るため、実際の金額は若干少なくなるはずです。ローン会社が契約時に発行する「返済予定表」の中には、毎月の支払額における利息の内訳を記載しているものもあります。

次にディーラーや買取業者で車を査定してもらい、いくらで下取りまたは売却できるのか把握しましょう。そこで完済できるのであれば、オーバーローンを組む必要はありません。

もし下取りや売却でも完済できないときは、新たに購入する車の代金とローンの残債でオーバーローンを組みます。先述のとおり、残債を前のローン会社に支払ったら車を売却し、その代金を返済に充てましょう。それによって返済期間が短くなり、利息の負担も軽減されます。

業者によっては、下取りや売却代金を残債と相殺した上でオーバーローンを組んでくれるところがあり、所有権解除も代行してくれるので簡単です。残債すべてを借り入れるより返済期間を短くしたり、総返済額を少なくしたりできます。

所有権解除の方法

もし自分で前の車の所有権を解除するなら、完済後にローン会社へ手続きに必要な書類を請求します。請求にあたっては必要事項を記入して実印を押印した請求書と、車検証の写し、新たな所有者の印鑑証明の原本または写しを送らなければいけません。

ローン会社から実印が押された譲渡証明書と委任状、印鑑証明が送られてきたら、さらに以下の書類を用意します。

  • 車検証(原本)
  • 新たな所有者の実印と発行から3ヶ月以内の印鑑証明(原本)
  • 自動車税の納税証明書(原本)

これらを携えて運輸支局で車検証の所有者の名義を変更すれば完了です。

なお、軽自動車の場合は譲渡証明書の代わりに自動車検査証記入申請書か申請依頼書が送られてきます。認印や代表社印で手続きできるため、印鑑証明は新旧の所有者とも不要です。手続きは軽自動車検査協会で行います。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

オーバーローンの注意点

オーバーローンは意外と簡単に組めることが分かりました。けれども利用にあたっては注意点があります。

返済の負担が大きい

オーバーローンは2つのローンを一本化するだけで、利便性こそありますが、返済の負担は変わりません。むしろ以前より金利が高いところで一本化すると、利息が増えてしまいます。

早く完済しようと毎月の返済額を増やしてしまうと、家計のやりくりに無理が生じかねません。どんなに多くても月収の20~25%程度にするのが無難です。だからといって減らし過ぎると今度は返済期間が長くなり、利息の分だけ総返済額が増えてしまいます。できるだけ利息が低いところでオーバーローンを組むのが望ましいでしょう。

業者と提携しているローン会社は金利が年10%前後と、ディーラーローンよりも高めです。一方、金融機関の中には残債を上乗せできるオーバーローンを組めて 、金利が3%以下のマイカーローンがあります。ただし、金利が低くなるほど収入や勤務先など審査は厳しくなりますし、借入希望額が多ければなおさら通りづらいでしょう。

ローンを申し込んだ履歴は、JICC(日本信用情報機構)や全銀協(全国銀行個人信用情報センター)などに一定期間登録されます。何社も申し込んでは断られていると、ますます借りられるところが限られるため、金利が比較的安くて借りやすい金融機関やローン会社を狙いたいものです。

古い車の査定が肝心

こうした負担を考えると、オーバーローンを組むよりも下取りや買取で前の車の残債を清算できるのが理想です。

そのためには前の車を高く査定してくれる業者に依頼するのが肝心でしょう。

一般的に下取りよりも買取のほうが査定額は高くなる傾向があります。

車の買い替えを検討の場合
今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路を持っているカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

まとめ

車のオーバーローンを利用すれば、新しい車の購入代金に前の車の残債を上乗せできます。

業者に依頼すると、前のローン会社への返済や所有権解除の手続きまで一括して代行してくれますが、金利は高めです。

できるだけ高く車を売却して、残債を完済しましょう。

完済できなければ新しい車の購入を我慢したほうが良さそうです。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。