福祉車両って廃車できるの?その方法とは?

廃車のコラム

介護施設や病院などでは福祉車両を使用していますが、古くなってきて、買い換えを検討することもあるでしょう。

では、福祉車両を廃車にする際にはどうすればいいのか、自由に廃車にできるのかどうか解説していきます。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

そもそも福祉車両って?廃車できるの?

福祉車両というのは、高齢者や身体の不自由な人が使用しやすいような、作りになっている車のことを指します。デイサービスを行っている介護施設などでよく使用している車です。介護施設の職員が迎えにきて、高齢者が職員に付き添われながら、車に乗り込む様子を見たことのある人もいるでしょう。

福祉車両は大きく分けて2種類あります。介護車と自操車です。介護車というのは、介護を受ける人を乗せて走ることを想定している車のことを指します。介護が必要な人が乗るのは、助手席や後部座席などです。運転は介護職員などが行います。

介護車両は身体が不自由でも、乗り降りしやすいように作られており、シートが回転したり昇降したりするような作りのものが多いです。車椅子に乗ったまま乗り降りできるタイプの車両もあります。通常の車両だと、身体の不自由な人を乗せる場合には、持ち上げるなどしなければなりません。そのため、かなりの体力が必要になりますが、介護車を使うことで、身体の不自由な人を車で移動させるのがとても楽になります。

自操車というのは、身体の不自由な人本人が運転することを想定している車です。不自由な箇所や度合いに応じて、運転補助装置が取り付けられています。例えば、足が不自由な人向けに、手でアクセルを踏めるようになっている車や、右足だけ不自由な人向けに、左足でアクセルを踏めるようになっている車などです。

自操車があることで、身体が不自由な方でも車を運転して自分で好きなところへ行くことができます。1人で買い物にも遊びにも行けるでしょう。

福祉車両は介護車も自操車も、通常の車と比べると値段が高いです。しかし、購入時に申請をすることで、国や自治体から助成を受けることができます。また、自動車税や車両本体価格にかかる消費税が、非課税になるなどの優遇措置も実施されています。

古くなった場合には、廃車にすることも可能です。最近では、便利な福祉車両が次々と出てきています。長く使った古い福祉車両を廃車にして、最新の設備を備えた福祉車両に買い替える介護施設も多いです。

勝手に廃車できない福祉車両がある!その理由は?

車両を廃車にするかどうかの判断をする権利は、基本的に所有者にあります。福祉車両に関しても同様です。売却や譲渡なども、所有者の意思で決定できます。介護施設で所有している福祉車両であれば、介護施設を運営している企業が廃車にするかどうかを決めることになるでしょう。

しかし、助成を受けて取得した福祉車両に関しては、その性質上、自由に廃車にできない場合があります。例えば、日本財団が助成している福祉車両です。転売やリースなど、本来の目的と異なる使い方で利用されるのを防止する目的で、廃車にする際には申請書や届出書を提出しなければなりません。

最初に日本財団車両チームへ電話して、廃車にしたい理由や車両の状態などを伝えます。廃車を了承してもらえたら、用紙を日本財団のホームページからダウンロードし、必要事項を記載して提出しましょう。使用する用紙は、助成を受けてから5年未満であれば、「廃車承認申請書」を、5年以上経過していれば「廃車届出書」です。

書類が受理され、承認書が届いてから、対象となる車両を解体して廃車の手続きを済ませます。さらに、その後は追加書類を提出しなければなりません。追加書類により、本当に廃車にして解体も済ませてあることを確認しています。

24時間テレビでも福祉車両の贈呈を行っていますが、この福祉車両も自由に廃車にすることはできません。廃車にするときには、24時間テレビチャリティー委員会への申請が必要です。申請に通ったら、廃車にすることができます。

廃車手続きの後は、報告も必要です。また、年に1度、稼働状況調査が行われており、福祉車両の贈呈先へ調査ハガキが届きます。廃車になるまで、贈呈目的に合った使われ方をしているかどうか確認し、譲渡や売却など、目的外の使用を防止しているのです。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

福祉車両は買取?廃車?どちらがお得?

福祉車両を手放す際には、まず買取に出そうとするでしょう。しかし、一般の人からは福祉車両の需要はあまりなく、買取価格も低めです。中古車買取業者でも、福祉車両は買取をしていないところもあります。また、技術の進歩により福祉車両に搭載されている装備も、どんどん新しくなっていくため、陳腐化が激しいです。古い福祉車両は、買取に出しても高額査定は期待できないでしょう。

ただ、福祉車両を専門に買取している業者なら、一般の中古車買取業者よりも高い金額で買い取ってもらえることが多いです。古い福祉車両だと高価買取は厳しいですが、比較的新しければ高く買い取ってもらえる可能性は十分にあります。中古として買取に出すなら、福祉車両専門の買取業者に査定に出してみましょう。

福祉車両専門の買取業者でも値が付かなかった場合には、廃車することになります。この場合、費用を支出して解体業者に解体を依頼し、廃車の手続きをする人が大半でしょう。少し費用がかかっても仕方ないと考える方が多いです。

カーネクストでは廃車にする車の買取を行っています。もちろん、福祉車両も買取の対象にしているので心配ありません。買取をした福祉車両は、発展途上国に輸出したり、解体してパーツを売却したりしています。そのため、福祉車両でも、通常の車とあまり違いはないのです。

さらに弊社では、買取の際の出張費などは請求しておらず、0円以上の買取を保証しています。費用がかかってしまう可能性がないので、安心です。不要になった福祉車両があれば、ぜひカーネクストへ査定に出してみてください。高く買い取れるかもしれません。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

まとめ

福祉車両は、助成や贈呈を受けて取得した場合には、古くなっても無断で廃車にできないことがあるため、注意しましょう。

また、任意に処分可能な場合でも、福祉車両は一般の中古車買取業者では、あまり高く買い取ってもらえないことが多いです。

福祉車両専門の買取業者か廃車買取業者に買取に出すのが、賢明な選択でしょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。