自動車のスクラップを買取できる理由とは?廃車買取のヒミツ

スクラップ はじめての方へ

外装も綺麗で比較的年式も新しい車であれば、手放す際には中古車として中古車買取店へ買取に出す事が可能です。ただし、これが年式古い車であったり、事故や劣化でボロボロの車となると状況は一変します。中古車としての再販が難しい価値のない車となると、解体してスクラップになることがほとんどです。スクラップは買取がつかないと思われがちですが、実はボロボロの車のスクラップでも買取ができるサービスがあるのです。

今回は、自動車のスクラップでも買取ができる廃車買取についてご紹介いたします。

どんな状態の車でも本当に高く買ってくれるの?
  • 事故車や不動車、故障車でも高く売れるの?
  • 低年式・過走行車でも高く売れるの?
  • 廃車費用が無料って本当?
  • レッカー費用が無料って本当?

どんな車でも高価買取しております!

お客様の問題はすべて解決!!

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車買取だから出来る買取のサービス

そもそも廃車買取とはどのようなサービスなのか、ご存じない方もいらっしゃるでしょう。まずは、廃車買取だからこそ出来る買取サービスの内容について、詳しくご紹介いたします。

車として需要がない車を買い取ります

冒頭でもご紹介の通り、比較的年式が新しい車や走行距離があまり走っていない車であれば中古車買取店に売ってしまう事でお金をもらう事ができます。ところが、年式が古い車だったり、事故などによって外装に大きな傷やヘコミがある車に関しては、中古車としての再販が難しいため買取が出来ません

それどころか、廃車の手続きや処分に費用がかかるといって廃車手数料を請求される可能性も出てきてしまいます。ところが、廃車買取の場合はそのように年式が古くてボロボロの廃車同然の車であっても買取を行う事ができます。

廃車買取の対象となる車

廃車買取の買取サービスで買取対象となる車は幅広く、上記のように低年式(古い)車や走行距離が多くで、中古車市場で再販時の価値がないと判断されるような車も該当します。他にも、事故や故障により動かなくなった不動車や車検切れの放置車両など車としての再販が難しいスクラップになるような車も買取の対象となるのです。もちろん、中古車としてまだまだ現役で走れるような車であっても、廃車買取の買取対象となります。

スクラップを買取できる理由

費用の計算

廃車解体や廃車手続きを依頼すると費用がかかるイメージのあるスクラップ前提の車であっても、廃車買取では買取を行う事が可能となっています。なぜ、廃車買取ではスクラップになる車でも買取が出来るのでしょうか。それには、中古車買取店では真似出来ない理由があるのです。

車のスクラップはゴミではなく資源

まず、前提となる話ですが、「スクラップ」と聞くとどうしてもゴミや廃棄物というイメージを持たれるかと思います。しかし、実際のところ、車のスクラップは廃車買取店から見ると大量の価値のある鉄資源として見る事ができるのです。日本自動車工業会が2013年に発行した冊子によると、自動車材料の構成比の約80%~70%程度は鋼板・構造用鋼・ステンレス鋼・鋳鉄などの鉄系材料といわれています。他にもアルミや樹脂などの非鉄金属も軽量化に伴ってシェアは増えているものの、あくまで車の構成率は鉄素材が主と言われています。

鉄は何から出来る?天然資源orリサイクル?
車のスクラップから回収できる鉄スクラップは鉄のリサイクル原料となります。回収した鉄スクラップを銑鉄または電炉で溶かし、リサイクルした鉄が鉄製品の生産に使われています。もともと鉄というと、天然資源である鉄鉱石と石炭を銑鉄することでの生産が主とされていましたが、限られた天然資源であることや、原料となる鉄鉱石や石炭のほとんどが海外からの輸入に依存している状態となっています。車から回収された鉄スクラップが、新しい車の生産時にリサイクル原料として活かされることにより、鉄のサイクルが可能となるため、適切な車の廃車スクラップは天然資源を守る事にもつながっているのです。

鉄資源をリサイクルできる販路

廃車買取業者は、廃車から取り出すことが出来る巨大な鉄資源の塊を、現金化できるリサイクルの販路を持っています。せっかくの鉄資源も、それを現金化する術を持っていなければ、買取につなげることは出来ません。廃車の引取後、適切なリサイクル処理が出来る設備を保有している業者であれば、廃車解体工程から鉄資源を取り出すことが可能になり、金属加工工場等へ売却出来るため一気に価値のあるものへと変貌するのです。

なお相場の変動や重量によって差はあるものの、普通自動車から取れる鉄資源の価値は10,000円〜20,000円、軽自動車の場合は6,000円〜7,000円程度となります。

鉄だけでなく車のパーツの買取も可能

鉄資源の買取に加えて、パーツの再販ルートも所有している業者であれば、パーツごとに査定をしての買取も可能です。リサイクルパーツの生産や販売ルートをもつ廃車買取業者は少数ですが、該当の業者であれば、車種や年式によってはかなりの高額査定が期待することも出来ます。

具体例で言えば、新車購入から間もない状況で事故を起こしてして車が大破した場合、車としての価値は0円に近い状態ですが、事故の影響を受けていないパーツに関してはかなりの価値があります。修理用パーツや製造パーツに活かすことが出来るからです。事故車や故障車からリサイクルパーツを取り外し、点検整備を行ってリサイクルパーツが生産出来ると、修理工場や整備工場へ販売することで利益が出ます。新しい車であれば修理用パーツの需要に対して供給量が少ないため、パーツ販売に期待が出来ることから、事故車買取査定であっても10万円を越える事が可能なのです。

スクラップにせずにそのまま売る事も

中古車

上記では、廃車買取でスクラップになる車でも買取ができる理由についてご紹介いたしました。しかし、実は廃車買取業者の中には、スクラップするしかないと思われるような車を他にも現金化できる販路を持っている業者が存在しているのです。その販路は、中古車として買取ができるかどうか微妙なラインの車に対して、絶大な効果を発揮するものです。

中古車として買取が可能

基本的に車を廃車にしてスクラップに回す基準として、走行距離10万キロ、年式10年落ちという数字があります。これを低年式車や多走行車で基準のラインを越えると、車検費用が高くなったり自動車税や重量税の重課が始まります。また、故障などのリスクも考えると中古車販売店での需要がなくなり、多くの場合はスクラップ行きの廃車コースになってしまうことが多いのです。しかし、これが9万キロ、8万キロと微妙なラインになってくると、廃車にすべきか中古車として売却するのか悩ましい事になるのです。こんな時に、中古車としての買取&販路を持っている廃車買取業者であれば、中古車として価値がある車かどうかを判断してもらえ、より業者と売主双方に利益が大きい方法で買取を行ってもらえるのです。※基本的に廃車よりも中古車としての買取の方が査定額は高くなります。

海外への輸出で査定額が大幅UP

この中古車としての買取ができる廃車買取に加え、カーネクストのように海外への輸出販路を持っている廃車買取業者も存在します。独自の輸出販路を持っている業者に関しては、売りに出す車が海外で人気のある車だった場合、国内での販路のみに比べると20万円以上の差をつけて高く買い取れる可能性もあるのです。代表的な例で言えば、トヨタのハイエースやハイラックスサーフなどが該当し、特に発展途上国などでは、壊れにくく信頼性の高い日本産の中古車は常に人気があります。

また、海外での輸出ルール等によっては年式が古いほど価値が高くなるといった場合もあり、国や地域のニーズにもよりますが、旧車の日産スカイラインや、トヨタのチェイサーなどの車種は古いほど買取額が高い人気の車となっています。

海外の輸出ルールといえば
海外の輸出ルールというと、北米の25年ルールをご存知の方はいらっしゃるかもしれません。北米の25年ルールとは、車齢25年未満の乗用車に適用される北米へ輸出する車に決められた安全基準と排ガス規制のことです。この連邦自動車安全基準の規制対象車は、適合していない場合輸出が認められません。安全基準クリアのために整備や修理を行うと高額な費用がかかるため、規制対象のなかで輸出される車は少ないのです。ただし、車齢が25年を超えていると安全基準対象外となるため輸出が出来ます。そのため、年式が25年を経過した車は規制対象外のため北米への輸出が頻繁に行われており、北米での日本の中古車需要が高いことから、輸出を行う廃車買取業者では古い車ほど買取をつけることが出来ています。令和3年度の北米25年ルールに関する記事はコチラから

車のスクラップの買取に関するよくあるご質問

車のスクラップの買取に関して、よくいただくご質問にお答えします。スクラップするしかないといった古い車、動かない車の処分方法や、損をせずにスクラップに出す方法についてもお答えします。

Q.車のスクラップとは車の廃棄処理をするということ?

A.車のスクラップと聞くと、細切れにするという英語の意味から車を小さく細切れにした廃棄物のイメージを抱かれるている方も多いでしょう。しかし、車のスクラップを行うには、適正な解体処理をしなくてはいけないと自動車リサイクル法で決められています。そのため、車のスクラップはイコール廃棄処理ではなく、リサイクルを目的に行う解体処理のことを言うのです

Q.ボロボロで動かない車のスクラップは費用がかかりますか?

A.車のスクラップを解体業者に依頼する場合、解体費用が必要になる場合があります。無料で行っている解体業者もありますが、業者によっては費用がかかりますので、だいたいの車解体相場は0円~20,000円といったところです。

Q.古くて動かない車をスクラップしたいが解体費用だけで出来る?

A.不動車の場合、スクラップ費用だけでなく車の運搬に費用がかかってしまう可能性があります。車検が残っていて、任意保険やロードサービスを利用出来るなら運搬費用の負担が軽くなるかもしれませんが、車検切れや特に付帯するサービス等もない場合は、レッカー会社へ積載車の手配が必要となるため、移動距離にもよりますが、10,000円~30,000円前後かかることもあります。

Q.スクラップ費用やレッカー費用を掛けずにスクラップは出来ない?

A.スクラップ費用や運搬する時のレッカー費用をかけずに、古くて動かない車をスクラップしたいという場合は、引取から廃車解体、廃車の手続きまでを一貫して行うことが出来る廃車買取業者に依頼すると、費用を抑えてのスクラップが出来る可能性があります。また車種や状態によっては買取がついてスクラップをすることでプラスになることもあります。

Q.大事な愛車をスクラップに出すのは抵抗があります。

A.大切に長く乗ってこられた愛車を手放される方にとって、スクラップ処理と聞くと抵抗があり決断出来ないという方も多いと思います。ですが、車のスクラップが出来る業者は、車のリサイクルをメインに行っています。再利用出来るパーツは他の自動車の修理用部品に活用されていますし、鉄などの金属素材は加工されて、他の鉄製品や新しい自動車に生まれ変わっています。愛車は廃棄されているのではなく、サイクルの循環に乗って再度活躍の場所を見つけているのです。

Q.スクラップしかない車だろうけど出来たら買取してほしい

A.スクラップしかないだろうと判断されるきっかけは、年式が古かったり沢山走っていたりするほか、事故や故障で動かない車ということもあるでしょう。このように判断されてしまう車でも、廃車買取業者であれば、廃車を専門に扱っていることで様々な販路をもっているため、買取出来る可能性が大いにあります。0円査定や下取り不可と言われてしまった車も、一度廃車買取業者に見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

Q.家族の乗っていた古いカローラの処分はスクラップ?

A.日本国内ではカクカクした古いカローラを見かけることは少なくなっていますよね。でも、国内で走っていないからといって、古いカローラがすべてスクラップされているわけではありません。トヨタ車で世界で最も売れたクルマになったこともあるカローラは、年式が古い車であっても人気があります。それは、海外で中古車として沢山活躍しているからです。カローラの壊れにくく修理がしやすい設計は海外のドライバーからも人気があります。海外への輸出が出来る買取業者であれば、古いカローラも中古車査定を受けることが出来る可能性がありますので、お問い合わせされてみることをおすすめします

廃車する様な車でも価値がある

以上が、スクラップになる様な車でも廃車買取業者なら買取できる理由となります。

ただ、スクラップにしかならないような車の廃車しようとしている方にとって、どの廃車買取業者がリサイクルが出来るのか、海外への輸出販路を持っているのかの判断はすぐには出来ません。特に年度末などで廃車を急いでいる方にとっては、業者選びの時間も多く取ることは難しいでしょう。

せっかく価値のある車だったとしても、中古車として価値のある車なのか、鉄資源やパーツ単位で価値のあるリサイクル資源として活かされる車なのか分からない、どの買取業者に依頼すべきか悩んでいるという方は、まずは複数の業者に見積もりを同時に依頼してみて、高い査定額のところを選ぶというのも一つの手です。カーネクストでは車の査定額のみをまずは知りたいという方、他社様との相見積をしたいとご希望の方からのご連絡をお待ちしています。フリーダイヤルからのお電話での無料査定、またはインターネットの査定フォームからもお問い合わせが可能です。査定だけでなく、廃車手続きや引取費用も無料で行っていますので、お気軽にご利用ください。

 

動かない車でもパーツ売り

エンジンがまったく動かない車でも買取はできるのか?とご質問をいただきます。他社だと買取どころか、処分費用を請求されます。確かにエンジンの状態が買取金額を大きく左右します。ただし、カーネクストですと自社工場で車を解体することができます。
ですので、使えるパーツだけを選別し、販売することができます。

ダイレクト販売で需要に的確

全国に約1,000社を超える提携業者がございます。カーネクストなら業界内で需要のない車でも必要とする場所に車を卸すことができます。流通の多かった車や日本国内であまり乗られていない車などの価値を引き出し、お客様に買取金額として全力で還元してまいります!

ワールドワイドに販売

15万キロ超えの車や15年前の車など、日本で現役を終えた車は海外でまだ活躍できます。日本車は海外でも高い評価を受けており、頑丈で安全性の高さが評判です。ただ国外で販売できるのはすべての業者が行えるわけではございません。海外に販路をもっているカーネクストだからこそ車に価値を見いだすことができます。

  • 査定・ご契約
  • お引取り
  • 書類ご準備
  • お振込み

申し込みから、振込みまでお手間は取らせません。査定は電話のみで完了!必要な書類もこちらからご案内致しますので、揃えていただくだけ!!あとはこちらがすべて代行致します。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。

北海道・東北地方
四国地方