ローン完済すれば税金未納でも廃車にできる?

自動車の困り事

車で交通事故に遭ったら修理を試みるケースが多いですが、損傷度合いによっては修理が困難な場合もあります。そのようなときには泣く泣く廃車を検討することになるでしょう。ローンがまだ残っている場合や、自動車税をまだ支払っていない場合にはさらにつらい状況です。

このとき、ローンや税金が未払いだと廃車にできるのかどうか気になるでしょう。では、ローンや税金の未払いと廃車手続きとの関係について解説していきます。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

ローンを完済しないと廃車にできないのか

ローンの種類によって完済前に廃車にできる場合と、完済後でないと廃車にできない場合があります。

ディーラーのローンを利用している場合

ディーラーのローンを利用する場合には、ディーラーを所有者として車の登録を行うのが一般的です。ローンが完済すれば、車の購入者に所有権が移されますが、ローンが残っていれば所有者はディーラーということになるでしょう。

車の処分に関して決定する権限を持つのは、その車の所有者のみです。そして廃車にするかどうかも、ここでいう処分に含まれます。そのため、車の所有者以外の者が勝手に車を廃車にすることはできません

陸運支局の窓口でも、車の所有者か所有者から依頼を受けた代理人以外の手続きは受け付けてもらえないでしょう。

もしローンが残っている状態で車を廃車にしたいのであれば、ディーラーに相談する必要があります。相談して廃車にせざるを得ない事情があることを説明すれば、所有権解除に応じてくれる場合もあります。

ただし、実際のところはローンが残っている状態で所有権解除に応じるのは稀なケースです。その場合にはローンを完済して所有権を自分に移してもらってから廃車にするしかありません。

銀行のマイカーローンを利用している場合

銀行のマイカーローンであれば、最初から自分を所有者として登録できる場合がほとんどです。車の所有者を確認したい場合には、車検証を見てみましょう。所有者の欄があるのですぐ確認可能です。

自分が所有者であれば、ローンが残っている状態でも自由に処分できます。もちろん廃車にするのも、自分の意思だけで可能です。銀行に相談する必要も許可を得る必要もありません。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

ただし、当然のことながら車を廃車にした後も、残ったローンの返済義務は残ります。車がなくなっても毎月返済していかなければなりません。

また、自動車保険で車両保険を付けている場合には、保険会社に連絡しておきましょう。交通事故で大きく損傷してしまったために廃車にするのであれば、車両保険で補償対象になります。

税金未納の状態で廃車手続きは可能か?

税金未納の状態で廃車手続き可能なケースとそうでないケースがあります。それぞれの場合について見ていきましょう。

税金未納が1年までなら通常通り廃車にできる

自動車税が未納の状態だと廃車手続きを行えないのではないかと思っている人は多いかもしれません。

しかし、自動車税が未納の状態でも、未納期間が1年までなら廃車手続きは通常通り可能です。廃車手続きをする際に提出する書類の中にも、自動車税の納税証明書はありません。自動車税を納付しているかどうか確認されることもなく、手続きを済ませられます。

ただし、車を廃車にしたことで自動車税の納税義務が消滅するわけではないため、注意しましょう。なので、未納のままにしておくと延滞税がどんどん増えていきます。

また、車検や自賠責保険が切れている場合には公道を走行できないためやや面倒です。解体手続きを行う際に、解体業者のところへ運転して運んで行くことができませんので、レッカー車で運ぶなどする必要があります。

それでも廃車手続き自体はできるため、廃車にせざるを得ないのであれば、早めに済ませておきましょう。

そして、カーネクストでは廃車にする車の買取を行っています。大きく損傷している車や車検切れ、自賠責保険切れの車でも問題ありません。公道を走行できない状態であれば、レッカー車の手配も無料で行っています。申し込みは簡単で費用も一切かかりませんので、廃車を検討しているのであれば、ぜひ弊社に買い取らせてください。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車にできないケースとは

自動車税を2年以上滞納すると、車が嘱託保存の状態になります。嘱託保存というのは、未納分の税金に充当するために、差し押さえられている状態のことです。そして、嘱託保存の状態になると、自由に処分することができなくなりますので、当然廃車にすることもできません。

一方で、未納分の自動車税を納付すれば嘱託保存の状態が解除されます。その後なら、廃車手続き可能です。廃車にしたいのであれば、まずは未納分の自動車を納付するしかありません。

また、自動車税以外の税金を滞納している場合にも自動車が差し押さえられることがあります。この場合にも、自由に処分できなくなり、廃車手続きも行えません。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

まとめ

自分が車の所有者なら廃車にするのも自由です。また税金に関しては未納でも廃車手続きを行えます。

ローンがまだ残っていてディーラーが所有者になっているのであれば、早めにローンを返済して廃車手続きを済ませましょう。また、税金もなるべく早めに納付しておくのが望ましいです。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。