アルファード(トヨタ)は廃車買取でも人気!気になる相場とは

廃車のコラム

日本国内でミニバンの販売台数は上昇傾向にあります。そのミニバンの中でも人気の高いをアルファード(トヨタ)をご存知でしょうか。
アルファードは2002年に販売を開始されてから3度のフルモデルチェンジをしています。自動車メーカーとして世界トップクラスのトヨタの中でも、Lサイズクラスの高級ミニバンとして人気があり、姉妹車のヴェルファイアと合わせると2019年の登録新車販売台数が国内TOP10にランクインしている人気車種なのです。では、そのアルファードの買取市場での価値はどのくらいあるのか、廃車買取としての相場など気になりますよね。カーネクストによる独自の調査内容をこちらにまとめましたので、アルファードの売却を予定しているという方はぜひ参考にしてみてください。

どんなアルファードも高価買取って本当?
  • 事故車のアルファードも買取るの?
  • 低年式・過走行車でも高く売れるの?
  • 車検証がなくても廃車は出来る?
  • レッカー費用が無料って本当?

どんな車でも高価買取しております!

お客様の問題はすべて解決!!

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

アルファード(トヨタ)の買取相場とは

アルファードの売却を考えている方にとって、最も気になるポイントは買取相場ではないでしょうか。こちらでは、アルファードの買取相場について詳しくまとめています。

アルファードの買取相場について

初代アルファードがトヨタビスタ店とトヨペット店から販売を開始されたのは2002年です。2020年になり初年度登録から18年が経過しているアルファードを所有している方ももちろん沢山いらっしゃることでしょう。年式が10年以上経過している場合は特に買取相場が気になりますよね。
アルファードの買取相場は、グレード、年式、走行距離によって大きく異なります。

アルファードの買取相場はグレード次第?

アルファードの買取相場はグレードと年式で大きく異なります。
グレードでいうと、現行型の2018年に販売が開始されたアルファードにはグレードが17タイプあることをご存知でしょうか。ハイブリッド車ならハイブリッドGというグレード、ガソリン車専用グレードはGFグレードとなっています。買取相場も高く、人気のグレードはエアロボディのSグレードとなっています。今後買い替えを検討されているなら、買取相場としても価値が高く、高額売却が見込めるとすると海外でも人気の高い3.5LのV6エンジンを搭載しているCパッケージ、またはエグゼクティブラウンジSグレードとなります

アルファードの買取相場は走行距離次第?

アルファードの買取相場で、買取店側のチェックしているポイントとしては、走行距離は大きなポイントになるでしょう。特に、10万キロをこえているかどうかは中古車市場だけでなく輸出市場でも相場に影響が出やすいため、9万キロで見積もりをとると価値が高く売却できる可能性が高くなっています。乗り換えを検討している方は、見積もりを取るなら現在の走行距離をチェックしてみてください。走行距離があと1万キロ走行すると10万キロを超過するなら、超過前に売却を検討しましょう。次の車の購入資金に充てることが出来る買取金額が大きく変わるかもしれません。

アルファードの買取相場は下がってるの?

アルファードの買取相場が下落しているという情報を得たという方は、2018年のフルモデルチェンジ前のアルファードの売却を考えている方が多いのではないでしょうか。どの車種にしてもモデルチェンジ販売開始の後は、中古車市場でモデルチェンジ前の型式に関して買取価格が下がります。ただし、その中でも買取価格が下がらない人気の型式であったり、型式が古いほど海外では人気がある車種なども実はあります。アルファードは特に海外でも人気の高い車種となっています。海外では、ハイブリッドモデルではなくガソリン車が人気になっていたり、高排気量のエンジンが人気になったりと、日本国内の買取相場と異なることも多いのです。アルファードのモデルチェンジ前の型式を売却する予定があり、中古車買取店で相場が下がっていると聞いた方は、一度輸出を行っている車買取店での見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

アルファード(トヨタ)を売却する方法は3通り

アルファードを売却しようと考えている方は売却のきっかけ次第で売却先の見当をつけています。乗り換えをするので売却という方は下取りに出される方も多いでしょう。また、免許を返納するから車自体が不要になった方は中古車店や廃車専門店へ売却することを考えているかもしれません。それぞれの売却する方法や流れをこちらでご紹介します。

アルファードを下取りで売却

まず、正規ディーラーでアルファードからアルファードへ乗り換えるという方は多いでしょう。その場合、手放す予定のアルファードは下取りに出す以外の方法を考えていない方も多いのです。確かに、ディーラーへ下取りに出した場合、新車購入時の値引きがされます。手元に現金として受け取ることはないものの、乗り換えのタイミングで車がなく困った!という方や、手続きなどが苦手で任せたいという方にとっては下取りによる売却は安心が出来ます。ただし、下取りの際にディーラーに売却をすると、ディーラーによって異なるものの販売ルートを持っていないディーラーが多くなります。そのため、下取りの査定額は上がりづらいのです。アルファードは売却次第で高額売却が見込める車種ですので、下取りに出すと損かもしれないということを念頭に置いておきましょう。

アルファードを中古車店で売却

アルファードを中古車店で売却をするなら、まず大手中古車販売店に見積もりを取る方が多いでしょう。乗り換えの車を中古車店で購入予定の方は下取りとして売却するかもしれません。特にその中でもテレビコマーシャルや路上広告などで名前を知っている大手中古車販売店なら、買取や手続きなども安心感がありますよね。中古車買取店は、自社で買取から点検整備、販売ルートまでを保有しているため、買取額も高い傾向にあります。ただし、中古車としての価値が高いかどうかが査定に大きく影響するため、不動になってしまった車や、年式が古い、錆やフレームへの損傷がある場合などは査定が厳しくなります。

アルファードを廃車専門店で売却

長く乗っていたアルファードを免許返納のタイミングで手放す予定、事故や故障で動かなくなってしまったアルファードを廃車しようと思っているなど、廃車を前提とした売却を考えている方は、中古車販売店への売却よりも廃車専門店へと思うのではないでしょうか。買取価格もつかないかもしれないと思いながら、見積もりを依頼する方も多いでしょう。ただし、廃車専門店であっても売却先次第でアルファードなら高額査定が出来ることはあります。アルファードが不動車や事故車、古い車や多走行車であっても、廃車専門店ごとの特徴次第では査定が異なるのです。

アルファード(トヨタ)のお得な売却方法

アルファードの売却を出来るだけお得にするにはどのような方法があるのでしょうか。
まず、アルファードの状態や、情報をしっかりと把握してから売却先へ見積もりをとりましょう。年式や、型式、走行距離、車の状態などを把握しておくことで売却先に査定をしてもらう時の交渉手段として使えたり、車の価値を伝えることが出来るようになります。あまり車のことは詳しくないので、と一言言ってしまうと査定先に足元を見られてしまうかもしれません。
こちらでは、お得にアルファードを売却するために必要な情報をご紹介します。

アルファードをお得に売却するなら知っておこう

お得に売却するには、まずアルファードの状態ごとに高く買取が出来る業者が複数あるということを知っておきましょう。もしも、現行型のアルファードを購入してすぐに事故にあってしまった、大きく損傷がある、となったら中古車買取店での再販は難しく、ディーラーにも下取りは断られてしまうかもしれません。まだまだ高年式で本来なら価値が高いのに、廃車するしかないのでしょうか。実は、高年式の事故車で大きな損傷個所があってもカーネクストのような廃車買取専門のお店なら買取が出来ます。それは、事故車から取り出すパーツや部品を、リサイクルパーツとして他の車の修理に使えることを知っているからです。リサイクルパーツは、国内だけでなく海外でも部品として販売されています。アルファードのように国内外で人気のある車種なら、もちろん部品だけでも価値があるのです。事故車だからといって売却価格をあきらめてはいけません。

リセールバリューって知っていますか?

中古車買取店や、クルマ査定のウェブサイトなどでリセールバリューという言葉を見かけたことはありませんか?リセールバリューとは、購入したものを販売する時の再販時の価値を、購入する時点で表した数値のことです。アルファードは、このリセールバリューが高い車として知られています。
元々トヨタ自動車は国内外で人気の高い自動車メーカーです。流通量も多く、日本国内だけでなく海外でもトヨタのクルマが沢山使用されています。新車販売価格が決して安価とは言えない自動車ですが、車として長く使用することが出来ることに対して、トヨタのクルマは信頼性が高いのです。そのため、多走行車や年式が15年以上経っているクルマは国内では中古車市場価値が下がっているとしても、海外では中古車として売却が出来ています。購入後のリセールバリューは、年々下がっていくことが通常ではありますが、その下げ幅が少ない車がトヨタには多いのです。

カーネクストのアルファード(トヨタ)廃車買取実績

では、実際に廃車買取を専門に行っているカーネクストが買取りさせていただいた、アルファードの買取実績をご紹介します。

アルファード年式10年落ちの買取実績

成約日:2018年8月8日
買取させていただいたアルファードの型式:MNH10W
買取させていただいたアルファードの状態:15万キロ以上の多走行車
買取金額:43,000円
なぜ買取が出来たのでしょうか。こちらのアルファードは、多走行で年式も古かったものの、所有者様が大切に使用されていたため状態が良かったこと、また走行が出来る状態であったため、海外でのエンジン等の部品再利用が見込めたため買取をすることが出来ています。

アルファード事故車の買取実績

買取日:2018年5月14日
買取させていただいたアルファードの型式:ANH10W
買取させていただいたアルファードの状態:走行不可の多走行車
買取金額:45,000円
なぜ買取が出来たのでしょうか。こちらのアルファードは、事故により自走は出来ない状態で自宅駐車場に置いておられました。不動になってから放置してしまっていたとのことバッテリ上がりの状態で、エンジンはかかりませんでしたが、屋根のある駐車場に停めていらっしゃったため外装は綺麗な状態で、部品の再利用も見込めましたので、買取をすることが出来ています。

アルファード(トヨタ)の買取ならカーネクストへ

アルファードの廃車の予定、売却する予定があるという方、また売却先に悩んでいる方は、一度カーネクストの無料見積もりをご利用されてみてはいかがでしょうか。
カーネクストはどんな状態であっても、0円以上の買取を保証しています。また、カーネクストは査定や見積もりはすべて無料ですので、話を聞いてみたいという方にもお問い合わせがしやすくなっています。
売却のタイミング次第でアルファードの買取相場は異なりますので、少し相場が気になっているという方は良いタイミングを逃さないためにお問い合わせされてみることをおすすめします

動かない車でもパーツ売り

エンジンがまったく動かない車でも買取はできるのか?とご質問をいただきます。他社だと買取どころか、処分費用を請求されます。確かにエンジンの状態が買取金額を大きく左右します。ただし、カーネクストですと自社工場で車を解体することができます。
ですので、使えるパーツだけを選別し、販売することができます。

ダイレクト販売で需要に的確

全国に約1,000社を超える提携業者がございます。カーネクストなら業界内で需要のない車でも必要とする場所に車を卸すことができます。流通の多かった車や日本国内であまり乗られていない車などの価値を引き出し、お客様に買取金額として全力で還元してまいります!

ワールドワイドに販売

15万キロ超えの車や15年前の車など、日本で現役を終えた車は海外でまだ活躍できます。日本車は海外でも高い評価を受けており、頑丈で安全性の高さが評判です。ただ国外で販売できるのはすべての業者が行えるわけではございません。海外に販路をもっているカーネクストだからこそ車に価値を見いだすことができます。

  • 査定・ご契約
  • お引取り
  • 書類ご準備
  • お振込み

申し込みから、振込みまでお手間は取らせません。査定は電話のみで完了!必要な書類もこちらからご案内致しますので、揃えていただくだけ!!あとはこちらがすべて代行致します。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。

北海道・東北地方
四国地方