事故車の場合は下取りや中古車査定が安くなる?

廃車のコラム

事故車とは一度でも交通事故や災害による被害があった車を指します。

一般的に事故に遭った自動車は事故車となり、事故歴が残ります。

事故車や故障車は下取りや買取りの査定に少なからず影響があります。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

事故車は下取りにどれくらい影響するの?


一般的に新車を購入すると今まで使っていた自動車を下取りしてもらえます。下取りは中古車専門店の買い取りと違い、ディーラーが新車を購入してくれるお客さんに対しての値引きサービスとしての意味合いが強くなります。このことから、下取り価格は中古買取価格より低くなります。

下取りにしても中古買取りにしても、査定をして最終的な買取り価格が決まるのですが、結論から述べると事故歴がある事故車や故障車は、下取りでも中古買取りでも査定価格を下げる要因となります。

事故歴と修理歴と修復歴の違い

事故車と一口に言っても、事故には規模の大小があります。例えば自動車同士の接触事故でも、外装が多少凹む程度で通常走行に支障がない場合もあります。この場合も事故証明をとれば事故車となりますが、凹んだだけなので修理せずに乗り続けるケースもあり得ます。その場合は事故車だけど修理歴のない自動車、ということになります。

修理に出した場合、骨格部分以外を修理した場合は「修理歴」が付き、骨格部分が損傷してそれを修理した場合は「修復歴」が付きます。

基本的に骨格は強い衝撃を受けないと損傷しないため、修復歴は必然的に事故歴を示します。

エンジンの修理や載せ替え、ドアの交換、などは骨格以外の修理なので、修復歴とはなりません。

プロの査定士ならば修理歴も修復歴も見抜くことができるものです。

事故で動かないくらい損傷している自動車は下取りでも廃車になる可能性大

事故を起こし、修理しないとまともに走行ができない状態の自動車は、中古車専門店の買取りもディーラーの下取りも無理なケースが多々あります。

事故を起こして自動車が壊れてしまい、修理するくらいなら新車を買おうかな?と考えている人は、壊れた自動車を下取りしてもらうのは基本的に難しいと考えるべきです。

この場合はディーラーからは廃車にすると判断され、廃車費用を請求されてしまうケースも考えられます。ディーラーによっては新車購入のサービスとして、廃車費用を無料で請け負ってくれる場合もあるかもしれません。

基本的に修理しないと動かないくらい損傷した自動車は、下取りや中古査定の対象とはなりません。

修理歴がある自動車は査定額が低くなる

過去に事故を起こした自動車は事故歴が付きます。その事故が元で発生した損傷は修理して普通に運転できるようになったとしても、その自動車は事故車であり、修理歴、または修復歴のある自動車となります。

プロの査定士ならば修理の跡を見逃すことはありません。このため下取りにしても中古車買い取りにしても故障車として査定されます。最終的な査定額は査定するディーラーによりけりで一概には言えませんが、事故歴がない査定額の半額くらいになる場合が多いようです。

事故歴は無いけど、修理歴がある場合は下取りも中古査定も可能

上記の解説で骨格の損傷が修復歴、それ以外の修理が修理歴、と述べました。骨格の損傷は事故が原因で起こるのが一般的なため、修復歴があるということは必然的に事故車です。

事故を起した経歴はなく、エンジンのトラブルなどで修理をする場合はあります。つまり自動車によって、事故歴はないけど修理歴がある状態もあり得ます。このような状態の故障車は基本的に下取りも中古買取りも可能です。しかし修理して通常運転が可能な状態だとしても、査定には悪影響を与え、査定額が下がります。

中古車専門店が重視するのは「修復歴」

ディーラーの下取りは転売目的でなく、新車購入のサービスの一環のため、事故車でも査定額はさておき、引き取ってくれる傾向にあります。一方、中古車専門店は、あくまで転売目的での買い取りです。このため査定は実利的な部分を重視します。

中古車専門店が重視するのは事故歴よりも修復歴です。極端な話、軽くぶつけた程度の事故ならば損傷も軽微と考え、あまり査定に影響しない傾向にあります。

上記で解説したように修復歴とは骨格の損傷を修理した経歴です。骨格が損傷するほどの事故歴はその自動車のその後の寿命に大きく影響するため、中古車専門店は事故歴よりも修復歴を重視します。

もしも事故歴がある自動車でも、修復歴が無ければ中古車としての査定にはさほど響かない傾向があります。

中古車業者によって得手不得手があり、事故歴のない自動車を専門的に取り扱う業者もあれば、修復歴がある自動車を割安に売ることを専門とした業者もあります。

以上のことから、中古車専門店に買い取ってもらう場合は複数の業者に査定を依頼して、業者同士に競合してもらうことが査定を高くするコツです。

事故車は下取りに出すべきではないの?


ここまでの解説で事故車や修理車は基本的に査定が低くなる、と述べました。では基本的に事故車は下取りに出すべきではないのでしょうか?

故障車はディーラー下取りの形で廃車できる場合もある

基本的にディーラーの下取り価格は中古専門店の買取り価格より安くなります。これは、ディーラーは新車を購入してもらったサービスとして古い自動車を買い取る、という意味合いが強いからです。

上記でも述べたように動かいない故障車は基本的に査定不可ですが、ディーラーの下取りとして、無料、または格安で廃車にできる場合もあります。ディーラーの下取りは同じ引き取りでも、買い取るのか、廃車にするのかを明確にします。

すでにまともに動かないような故障車は廃車にする以外の選択肢が難しいため、ディーラーの引き取りという形で廃車にするのも一案です。本来は結構面倒な廃車の手続きも、ディーラーが代行してくれるので手間を省けるメリットもあります。

ディーラーが無料で引き取ってくれない場合は、廃車専門の買取業者もおすすめです。

ディーラー下取りは価格面以外のメリットがある

現状でまともに動くけれど、修理歴のある自動車は中古車専門店でも安い査定になりがちです。それならば新車購入の下取りに出して、新車の値引きの材料に使うのが賢い選択かもしれません。多くのディーラーは何度も利用して新車を買えば常連客として優遇してくれる傾向があります。

ディーラーの場合、新車購入と下取りは手続きが同時に行えるため、別途で中古専門店に買い取ってもらうよりも手続きが簡単になるメリットもあります。

ディーラー(新車販売店)は新車を売ることが最大の目的であり、下取りは新車購入してくれた顧客に対するサービスのような意味合いです。このため中古専門店では買取り不可の故障車でも下取りに応じてくれる場合が多々あります。それはディーラーにとって、その事故車を下取りすることで新車を買ってもらえるというメリットがあるからです。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

ディーラーの下取りは損することになる?


前項目で事故車をディーラーに下取りに出すメリットをいくつか解説しましたが、事故車のディーラー下取りは一概にメリットだけでなく、損ではないか?と思うような要素もいくつかあり、現実的には一長一短です。

下取りするディーラーは基本的に事故車を有効活用できない

繰り返しになりますが、ディーラーは新車販売が専門であり、下取りは新車購入する顧客に対する割引サービスです。ディーラーは下取りして引き取った自動車を有効に転売するノウハウが乏しく、基本的に事故車は持て余す存在です。実情としては廃車にするくらいしか選択肢がありません。

以上のような理由から、ディーラーは基本的に事故車の下取りを歓迎しません。下取りに応じたとしても買取り価格は安く、逆に廃車にするため費用が発生する場合もあります。

なので、こういった場合には基本的には廃車買取業者に売りに出すことになります。特にカーネクストのように海外販路を持っている業者であれば、日本市場では価値のない車や部品でも現金化することができますので、その分査定額も高くなる可能性が高いのです。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

まとめ

過去に事故に遭った自動車は事故歴がつきます。事故で修理した場合は事故歴のほかに修理歴、修復歴がつきます。骨格部分以外の修理が対象となる修理歴は事故歴が無くても付く可能性があります。

ディーラーの下取りでも、中古車専門店の買取りでも、事故歴や修理歴は査定を下げる要因になります。

ディーラーの下取りは新車購入の割引サービスの意味合いが強いため、高確率で下取りしてもらえますが、廃車と判断される場合も多々あります。

ディーラーの下取りは往々にして査定が低くなりますが、廃車の場合も含めて手続きが楽になるメリットがあります。

中古専門店の買取りでも事故歴や修復歴は査定のマイナスになりますが、査定基準は業者によって様々なため、下取りよりは高査定になる可能性大です。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。