自動車税はいつごろ支払うの?期限はいつまで?お得な節税方法とは

自動車税の支払い時期はいつ 廃車手続きの基礎

自動車税は、車の所有者に対して毎年4月1日に課税される車の税金のことです。
正式名称は、自動車税種別割(または軽自動車税種別割)といいます。

自動車税は、車を所有していると毎年支払う必要があり、納税額も高額のため、いつ頃が支払い時期になるのか、支払い期限はいつまで、など気になる方も多いのではないでしょうか。
こちらでは、自動車税を納める時期や支払い期限、万が一支払いが遅れた時のペナルティなど、詳しく解説します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

自動車税はいつ支払うの?

自動車税は、車を所有していると毎年支払わないといけない車の税金です。
こちらでは自動車税について、課税のタイミングや、納税する時期など詳しく解説します。

自動車税とは

自動車税の正式名称は自動車税種別割という、車を所有する人に毎年課税される車の税金です。軽自動車は軽自動車税種別割です。

自動車税の課税タイミングと支払い時期

自動車税の課税されるタイミングは、毎年4月1日時点です。自動車税の納付を通知する書面は、課税後に納税義務者へと各自発送されます。基本的には同じ年の5月初旬に各地方自治体から発送が行われて、納税通知書に記載の納付期限は5月末日が多くなっています。

自動車税の納税義務者は誰?

自動車税は車の所有者に課税される税金です。4月1日に課税される時点での車の所有者が、納税義務者となります。ただしローン組みで車を購入していて所有権留保状態の車は、車検証上の所有者がローン会社や車のディーラーになっています。このようにローン組みで購入している場合は、所有者ではなく登録上の使用者である車の購入者に納税義務があります。

自動車税の納付先はどこ?

自動車税の納付先は車の保管場所の都道府県となり、車の定置場によって納付先が異なります。各都道府県に納めるものなので、税種別としては地方税に含まれます。各地域の自治体の税収益になるため、使用用途は公務員の賃金や公共サービスの運営、福祉などさまざまです。自動車購入時に課せられる重量税などは道路予算に使われますが、地方税として納めている自動車税のため、必ずしも車に関わることに使用されると決まっているわけではありません。

自動車税の納付方法は?

自動車税の納税通知書は5月初旬から各自へ発送され、同書面に自動車税の納付期限と納付方法が記載されています。自動車税の納付方法は各地方自治体により異なりますが、一般的には指定口座への振込、または口座引き落としとなっています。万が一、納付期限を過ぎてしまったり、納税通知書を紛失して納付がわからないといった場合は、まず自動車税の担当税事務所へ問い合わせて、納付方法を確認しましょう。

自動車税の税額はいくら?

自動車税の税額は、それぞれの車の初度検査登録日からの経過年数と、車の排気量によって決まります。軽自動車の場合は総排気量660ccまでと規格があるため一律の税額です。
税改正が2019年10月1日に施行されたため、新車登録時期によって税額が異なります。以下が現在の自動車税額です。

自動車税種別割の税額(2022年5月10日時点)

新車新規登録時期 2019年9月30日以前 2019年10月1日以降
1,000cc以下 29,500円 25,000円
1,000㏄~1,500㏄以下 34,500円 30,500円
1,500㏄~2,000㏄以下 39,500円 36,000円
2,000㏄~2,500㏄以下 45,000円 43,500円
2,500㏄~3,000㏄以下 51,000円 50,000円
3,000㏄~3,500㏄以下 58,000円 57,000円
3,500㏄~4,000cc以下 66,500円 65,500円

軽自動車税種別割の税額(2022年5月10日時点)

新車新規登録時期 平成27年4月1日以降 平成27年4月1日より前
軽自動車税 10,800円 7,200円

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

自動車税を支払わないとどうなる?

自動車税を滞納してしまったら

前項で解説した通り、排気量毎に決められている自動車税の税額は決して少ない金額ではありません。もしも納付期限までに自動車税の支払いができず、滞納してしまった場合はどうなるのでしょうか。

自動車税を滞納すると督促状が届く

自動車税の納付期限を過ぎても支払いが出来なかった場合、各都道府県の自動車税担当税事務所から督促状が送られます。ハガキで督促状が到着した場合は、納税通知書と督促状のハガキを持参し、納税する必要があります。封書の場合は、督促状と新たな納付書が同封されています。納付書の支払い方法に従って支払いましょう。督促状には、最終通告として督促状記載の納付期限が記載されていますので、期限内に支払いを済ませましょう。

督促状の発付は地方税法によって定められている府税の確保と、納付期限までに納税された方との公平性を保つために行われます。

自動車税を滞納すると延滞金が発生する

自動車税の納付について公平性を保つために、納付期限を過ぎてからの自動車税には、延滞金の率を乗じた延滞金がかかります。延滞金の率は、延滞している期間と納付期限により異なります。また、納付期限の翌日から一月を経過するまでの期間と、一月を経過した日以降の期間で延滞金の率が変わります。

期間  納期限翌日から
一月まで
納期限翌日から
一月経過した日以降
平成30年1月1日~令和2年12月31日 2.6% 8.9%
令和3年1月1日~令和3年12月31日 2.5% 8.8%
令和4年1月1日~令和4年12月31日 2.4% 8.7%

自動車税の滞納で財産の差し押さえもあり得る

前述のとおり自動車税を納付期限内に納めないと、督促状が到着します。督促状が到着し、延滞金が追税されてもまだ支払いが確認できなかった場合、最終通告の通り、滞納処分を受ける可能性があります。
国税徴収法により、滞納処分の際、官公庁・金融機関・取引先など滞納者の財産を占有する第三者への質問や検査などの財産調査が認められています。さらに地方税法によって、督促状の発付から10日経過しても納税が滞納のままであれば、納税者の財産(給与や預貯金、生命保険、不動産、自動車など)の差し押さえが出来るとなっています。

やむを得ない事情があり、自動車税の支払いができない場合は、分割での納税に応じてくれる場合もあります。まずは各都道府県の自動車税務事務所に相談をしてみましょう。

自動車税の滞納があると車検が通らない?

自動車税を滞納することによる影響は、差し押さえなどの処分だけではありません。自動車税を滞納していると、継続車検を受けることができません。継続車検を受けるときの申請書類には、自動車税納税証明書が含まれており、納税していなければ車検を受けることができないのです。

車検の有効期間切れると公道を走ることができないのはもちろん、車検を通していない車で公道を走ると道路運送車両法違反と自動車損害賠償保障法違反で罰金刑に課せられるほか、免許停止処分や免許取り消し処分になる可能性があります。

自動車税のお得な節税方法

自動車税はいつまでに支払う

自動車税は、運転機会が少なく乗っていない車や、事故や故障で使えなくなった車でも、所有していると納税義務が発生します。不要車に税金を支払い続けることは、デメリットしかありません。こちらでは、自動車税で損をしないための、お得な節税の方法をご紹介します。

自動車税種別割の還付制度を活用する

普通車の自動車税種別割には還付金制度があります。自動車税の還付金制度とは、年度途中に車の抹消登録(廃車手続き)をした場合、抹消登録した月の翌月から月額で減額される制度のことです。
自動車税を年額納めた年度内に、所有している普通車が不要になり廃車すると、抹消登録(廃車手続き)を完了した翌月以降から、年度末の3月までの月数分の自動車税が、年額から月割り計算されて、納税者に還付されます。

この還付制度があるので、使用する機会が少ない車や故障して動かない車は、早めに廃車手続きを行うことでお得に還付金を受け取ることができるのです。普通車の場合、自動車税を5月末の納付期限までに支払っていて、翌年2月末までに抹消登録(廃車手続き)をしていれば、必ず還付が発生します。ただし、3月に抹消登録をした場合は残月数が一月以下となるため、還付はありません。
軽自動車は年税のため還付制度はありませんが、もしも不要になっているのであれば、翌年度の軽自動車税の課税タイミングになってしまう前に、必ず廃車手続きを完了しておきましょう。

【関連記事】自動車税の還付手続きは?条件や方法について

自動車税の減税制度を活用する

自動車税には、税率が軽減されるグリーン化特例制度があります。グリーン化特例制度とは、燃費性能の優れた自動車の税負担を軽減する制度のことで、一部の対象車両において、自動車税の税率が軽減されます。グリーン化特例制度の適用期間は、令和3年度税制改正を受けて2年間延長されたため、令和5年3月31日までとなっています。

グリーン化特例制度によって軽減措置になる対象の自家用車は、環境にやさしい以下の自動車です。

  • 電気自動車
  • 燃料自動車
  • 天然ガス自動車
  • プラグインハイブリッド自動車

上記の自動車は、概ね75%の減税措置が適用されます。
※令和3年度税制改正時にディーゼル自動車はグリーン化特例軽課措置の対象から除外されることが決まりました。

グリーン化特例制度対象車の自家用自動車を所有されているのであれば、年額の自動車税が概ね75%減になり、かなりお得になります。

まとめ

こちらでは自動車税と自動車税の納付について、詳しく解説しました。

自動車税・軽自動車税は、毎年4月1日時点で車を所有しているのであれば、1年分まとめて支払わなくてはいけない税金です。もし現在乗っていない車や、故障していて置いたままの車があるという場合は、使っていなくても納税義務があり、課税されてしまいますので早めに廃車されることをおすすめします。

カーネクストは、乗らなくなった不要車や故障車なども廃車買取を行っています。
不動車や故障車の引取りにかかるレッカー費用や、廃車手続きの代行費用は一切無料です。普通車の自動車税種別割の還付制度に関して、廃車手続き完了の翌月以降に受け取っていただく還付金は、廃車の買取金額とは別途でお受け取りいただけるようになっています。廃車手続きが面倒そうと車を置いたままでいると、受け取ることが出来る還付金も少なくなってしまいます。不要車があればカーネクストまでお早めにご相談ください。

関連リンク

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。