車のバッテリーの交換時期はいつ?バッテリーの寿命の伸ばし方

廃車のコラム

車を動かす上で欠かせない部品が【バッテリー】です。車のエンジンを制御する電子制御システムや、モーターを始動するバッテリーからの電力がなければ、車を動かすことも出来ないのです。そのため、バッテリー上がりを起こしてしまうと車のエンジンはかからなくなり、不動車となってしまいます。また、ガソリン車の鉛バッテリーの必要性について知っている方は多いのですが、実はハイブリッド車や電気自動車にも、鉛バッテリーが補機バッテリーとして搭載されていることをご存知でしょうか。こちらでは、車の動力に必要不可欠なバッテリーについて、バッテリーの交換時期の目安やバッテリーを長持ちさせるコツなど、詳しくご紹介していきます。

バッテリー上がりの車も高価買取って本当?
  • 動かない事故車・故障車も買取るの?
  • 低年式・過走行車でも高く売れるの?
  • 車検証がなくても廃車は出来る?
  • レッカー費用が無料って本当?

どんな車でも高価買取しております!

お客様の問題はすべて解決!!

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

車のバッテリーの交換時期はいつ

車のバッテリーの交換時期の目安とはいつなのでしょうか。車のバッテリー交換時期の目安は基本的に2年~3年ごとと言われています。車のバッテリーを販売するメーカー保証期間も、同年程度に設定されていることが多くなっています。同じ車のバッテリーを4年~5年以上使用することが出来る場合もありますが、目安の時期以上に長期間使用すると、外出先で突然バッテリー上がりを起こしてしまうなどトラブルが起こる可能性もあります。出来れば交換時期の目安となる期間内に交換することをおすすめします。

ガソリン車のバッテリー交換の目安になるポイント

車のバッテリーは交換時期が近づき弱ってくると、充電能力が衰えてきます。バッテリーが充電し貯めた電力は、エンジンの制御やモーターの出力や電装品へと使われますが、バッテリーが弱っていると電装品への電力供給も少なくなり、電圧不足からの下記のような症状があらわれます。

  • エンジンがかかりにくい、モーター音が違う
  • アイドリングストップ機能がついているが作動しない
  • パワーウィンドウの動きが悪くなり、スピードが遅い
  • ヘッドライトの光量が弱い

エンジンがかかりにくくなったり、モーター音が弱いことは車に乗る機会が多い方にとってはいつもと違うということでわかりやすいと思います。ただ、車に乗る機会があまりない方からすると、通常のモーター音や、エンジンの始動にかかる時間の判断は難しいですよね。普段あまり車に乗らない方でも判断がしやすいポイントは、電装品への電力供給が不足しているかどうかです。走行前にパワーウィンドウの動きを確認してみて遅く感じたり、パワーステアリングが極端に重いと感じたら、電装品への電力供給が弱くバッテリーが弱っている可能性がありますので、交換時期の目安と言えるでしょう。

ハイブリッド車のバッテリーの交換時期の目安

ハイブリッド車や電気自動車には、駆動用の大容量のリチウムイオン電池やニッケル水素電池を使用したバッテリーと、鉛を使用した補機バッテリーの二つが搭載されています。駆動用のバッテリーは、走行距離15~20万kmがバッテリー交換時期の目安といわれています。初めて量産型ハイブリッド車を発売したトヨタ自動車でも、新車購入時のハイブリッド車の駆動用バッテリーの保証期間は5年間で10万kmに設定しています。このことからもリチウムイオン電池やニッケル水素電池のバッテリーの交換時期の目安は、鉛電池のバッテリーに比べて長いことがわかります。ハイブリッド車や電気自動車でも、電装品の電力供給のため荷鉛電池の補機バッテリーを搭載しています。補機バッテリーの交換時期の目安は3年~5年です。ハイブリッド車の補機バッテリーは、ガソリン車の鉛蓄電地と同じ鉛を用いたバッテリーですが、ガソリン車とはバッテリーの搭載位置が異なり、車内に搭載されるため排気構造を持っているバッテリーでなければ使用することは出来ません。

ハイブリッド車で人気のプリウスのバッテリー交換時期についてはこちらの記事をご覧ください。

車のバッテリーの寿命とは

車のバッテリーの交換時期の目安を過ぎても使用を続けると、いつかはバッテリーの寿命が尽きてしまいます。こちらでは、車のバッテリーの寿命が尽きてしまう要因を2つご紹介します。

車のバッテリーは放置が原因で寿命が尽きることも

カーネクストでは、転居や運転免許返納などをきっかけに、車に乗る機会が少なくなった方による廃車の依頼を受けることがあります。車は数か月エンジンをかけていないことでバッテリーが上がってしまっていることが多く、動かない車の廃車依頼をすることになります。バッテリー上がりが要因であれば、他のバッテリーとつないでジャンピングスタートをするとエンジンがかかる場合もあります。ただし、長期間車を使用していない場合はバッテリー自体の寿命がつきてしまっていることもあり、他の車とつないでもエンジンの始動が出来ないことも多いのです。エンジン始動が出来ない車は移動が難しく、バッテリーを違うものに交換したり、レッカー車での移動になったりと、個人での対応は難しくなることがほとんどです。バッテリー交換や、レッカー車の手配をして車の引取りとなると買取金額以上に引取手数料がかかることもあります。

電装品が増えたことで突然寿命が訪れるバッテリーも

車のバッテリーの寿命は、交換時期の目安がくると電圧不足になり弱くなってきているとわかることがほとんどです。ただし、車を駐車している時に作動する電装品が増えたことから、気づかないうちに車がバッテリー上がりの状態になっていて、そのまま置いてしまっていたためバッテリーの劣化を早めてしまっていることがあります。その原因の一つと言われているのが、電装品として人気が高いドライブレコーダーです。特に駐車監視機能がついているドライブレコーダーのなかには、車両のバッテリーから電力を供給するタイプがあり、長時間の監視が出来るため、月極駐車場が遠く目が届きづらいところであったり、ショッピングモールやコインパーキングに長時間停めておくことがあるドライバーにとっては安心です。ただし、ドライブレコーダーに電圧監視機能などのユニットを設けておかずに使用を続けると、車のバッテリーに充電されている電力をすべて使いきってしまうこともあり、バッテリー上がりをひきおこす原因になるのです。

車のバッテリーの寿命を長くする2つのコツ

車のバッテリーは2年~3年が交換時期の目安、一般的には4年~5年が寿命と言われています。ただし、車の使用状況や使い方次第で、車のバッテリーの寿命を長くすることが出来ます。車のバッテリーの寿命を長くするためのコツは、バッテリーを定期的に充電することと、バッテリー上がりにならないようにすることです。こちらで詳しくご紹介します。

一定距離以上の定期的な充電ドライブ

車のバッテリーは30分または10km以上走行するとで充電が開始されます。自宅から極々近所を行ったり来たりと短時間短距離の走行のみを繰り返してしまうと、バッテリーの消費はあるものの、充電はほとんど出来ていない状態が続くためバッテリーの劣化を早めてしまうのです。バッテリーには一定時間、一定距離以上のドライブで充電を行うことがプラスに働きます。毎日車に乗っているから大丈夫と思っていても、短い時間と距離であれば逆にバッテリーには負担になっています。定期的に一定距離を走るような、充電ドライブを習慣づけましょう。

バッテリー上がりに気を付ける

電装品への電力供給や制御にバッテリーは活躍しています。特に夏や冬といった車内と車外の温度差が高い時期は、エアコンを作動するため多くの電力が必要です。同時にオーディオやドライブレコーダー、カーナビ、ETCなどの電装品へ車のバッテリーから電力を供給するとなると、負担が大きくかかります。また、燃費削減や環境のためのアイドリングストップは、一度エンジンをストップし再度エンジンを始動させるためバッテリーからの電圧が必要になります。気温が低い時期はバッテリーの性能自体も下がるため、エアコンの作動やアイドリングストップなどを同時にすることで負担となり、走行中にバッテリーが上がってしまうトラブルが起こることも。バッテリー上がりを一度起こしてしまうと、バッテリーの劣化のスピードが速まり寿命も短くなってしまいます。バッテリー上がりにならないように、電装品のバランスにも気を付けましょう。

車のバッテリー交換の方法とは

バッテリーの交換時期の目安までに、バッテリーを交換するにはどのような方法があるのでしょうか。

バッテリー交換はどこに依頼する?

バッテリー交換は、ディーラー・カー用品店・車の修理工場・ガソリンスタンド・ロードサービスなどで請け負っています。交換に合わせて、新しいバッテリーを販売しているところで購入することできますし、交換のみを請け負っているところもあります。また、ロードサービスは会員特典で無料でバッテリー交換を行っていたり、保険会社によっては任意保険にロードサービスが付帯していて、無料でバッテリー交換をしてもらえるところもあります。カー用品店へ新しいバッテリーを持ち込み、交換のみ依頼するなど費用を抑えることも出来ます。カー用品店でのバッテリー交換の工賃の相場は1,000円~2,000円前後です。ディーラーに依頼をすると外部発注になる可能性があり、工賃が高い業者が多い傾向になるため、あまりおすすめできません。

バッテリー交換は自分でできる?

バッテリーの交換は、個人で行うことは出来るのでしょうか。バッテリー交換は、正しい手順と必要な準備をすれば個人で行うことも可能です。ただし、バッテリーを持ち上げた時に斜めになってしまうと希硫酸が漏れる可能性もあり注意が必要です。車に詳しい方や慣れている方でなければ、業者へ依頼されることをおすすめします。

バッテリー交換の手順

  1. バッテリーのマイナス端子を取り外す
  2. バッテリーのプラス端子を取り外す
  3. ナットを緩めてフックを外し、ステーのボルトを取り外す
  4. バッテリーを交換し、置き換える
  5. 取り外した順序を逆に行い取り付けていく

車のバッテリーの交換時期や長持ちさせるコツを知って

バッテリーのトラブルにより動かない車になってしまった場合、せっかく買取がつく車でも持ち込みをして買取査定に出すことが出来ません。また、バッテリー上がりを起こしてしまったことでバッテリーが劣化するスピードは速くなってしまうため、部品自体の価値も落ちてしまいます。バッテリーの交換時期の目安を知っておき、定期的な点検をすることで車の価値が下がることを避けることができます。車を廃車買取業者へ売却する時まで、価値を下げずに一番良い状態で買取査定してもらうことが出来るように、バッテリーの交換時期やバッテリーの寿命を長くするコツを知っておきましょう

 

動かない車でもパーツ売り

エンジンがまったく動かない車でも買取はできるのか?とご質問をいただきます。他社だと買取どころか、処分費用を請求されます。確かにエンジンの状態が買取金額を大きく左右します。ただし、カーネクストですと自社工場で車を解体することができます。
ですので、使えるパーツだけを選別し、販売することができます。

ダイレクト販売で需要に的確

全国に約1,000社を超える提携業者がございます。カーネクストなら業界内で需要のない車でも必要とする場所に車を卸すことができます。流通の多かった車や日本国内であまり乗られていない車などの価値を引き出し、お客様に買取金額として全力で還元してまいります!

ワールドワイドに販売

15万キロ超えの車や15年前の車など、日本で現役を終えた車は海外でまだ活躍できます。日本車は海外でも高い評価を受けており、頑丈で安全性の高さが評判です。ただ国外で販売できるのはすべての業者が行えるわけではございません。海外に販路をもっているカーネクストだからこそ車に価値を見いだすことができます。

  • 査定・ご契約
  • お引取り
  • 書類ご準備
  • お振込み

申し込みから、振込みまでお手間は取らせません。査定は電話のみで完了!必要な書類もこちらからご案内致しますので、揃えていただくだけ!!あとはこちらがすべて代行致します。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。

北海道・東北地方
四国地方