エアコン?オーバーヒート?夏に多い車の故障やトラブル

自動車の困り事

夏になると高い気温や強い日差しなどの影響で、車の故障やトラブルが発生しやすくなります。我々人間が、猛暑の中で無理をすると熱中症になるのと同じようなものです。

夏の暑い日に、外出先で車が故障してしまうような状況はできるだけ避けたいですよね。そのためには、夏場によくある車の故障やその対策方法について、把握しておく必要があります。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

夏場はどんな故障が多いのか


夏場には、室内でエアコンを使用しますが、車内でもエアコンを使う機会が増えるでしょう。エアコンは電力をかなり消費します。真夏の暑い日に毎日のように自宅でエアコンを使用していると、電気代が春や秋よりも高くなるでしょう。それと同じように、車内でもエアコンを使用することで、車のバッテリーがかなり消耗します。

そのため、夏場はバッテリーが少し弱くなっていると、バッテリー上がりを起こしてしまうことも少なくありません。バッテリー上がりは、どちらかというと冬に起こりやすいイメージが強いかもしれません。しかし実は、夏にもよく起こるトラブルなのです。

エアコンは涼しい状態をキープするときよりも、暑い状態から涼しい状態にする時の方が多くの電力を消費します。また、車のバッテリーは、エンジンをかけるときにかかる負担が大きいです。そのため、夏場にエアコンを使いながら短い距離を走る機会が多いと、バッテリーが上がりやすくなってしまいます。

長距離の移動でも、止まっていたり遅い速度で走行していたりする時間が長いと、バッテリーに負荷がかかりやすいです。車にはオルタネーターという発電機が使われており、走行することで発電されて、バッテリーに充電されます。

しかし、走行速度が遅いと発電効率が悪くなり、十分に充電されません。さらに、停車中はブレーキランプなどで電力を消費するでしょう。旅行や帰省などで渋滞に巻き込まれると、バッテリー上がりも起こりやすくなってしまいます。

夏にバッテリー上がりが起こりやすいのは、電力消費量が増えることだけが原因ではありません。車のバッテリーは気温が低すぎると性能が落ちますが、逆に気温が高すぎるときも性能が落ちます。バッテリー液はバッテリーを消費すると比重がどんどん低くなっていく仕組みです。

また、気温が高い場合にも、バッテリー液の比重は下がります。つまり、真夏の炎天下においては、バッテリーを消費しているのと同じ状態になってしまうのです。

もし、あまり電力を消費しすぎるような使い方をした覚えがなくて、夏場にバッテリー上がりを起こした場合には、それが原因かもしれません。

バッテリー上がりの他に、エアコンそのものが故障することもあります。主にコンプレッサーの故障やガス漏れなどです。冷房をしているはずでも、エアコンから生暖かい風しか出なくなってしまいます。

夏場は冷却水が減っていることで、オーバーヒートを起こしてしまうことも多いです。気温が低い季節だと、冷却水が多少減っていても特に問題が生じませんが、夏だと気温の暑さの影響もありオーバーヒートに繋がってしまいます。

夏場の車の故障に備えるには


夏場に車が故障したり不具合を起こしたりするのを防ぐには、普段のメンテナンスを徹底させることが大切です。特に家族で行楽地に行ったり旅行したりする前には、夏に故障しやすい箇所をチェックしておきましょう。途中で車が不具合を起こしてしまうと、楽しいはずの家族旅行も台無しになってしまいます。

まず、本格的に暑くなる前にエアコンの具合をチェックしておきましょう。エアコンは基本的に夏場しか使わないため、今年になって初めて使うというときに不具合に気付くこともあります。暑くなる前にチェックしておけば安心です。エアコンを付けてみて、冷たい風が出てくるようであれば、特に問題ありません。

もし、あまり冷たくないと感じたら、ディーラーや修理工場などで見てもらいましょう。ガスが減っている場合が多いですが、ガスの補充だけであれば修理費用はさほどかかりません。数千円程度でしょう。ただ、コンプレッサーが故障している場合には、数万円程度かかってしまうことが多いです。

バッテリーのチェックも行っておきましょう。シガーソケットに挿して使用する電圧計を使うことで簡単にチェックできます。電圧計はカー用品店などで購入可能です。値段も数百円から千円台くらいと手頃です。

そして、電圧計で12.6V以下を示している場合には、バッテリーが消耗しています。そのまま夏に入り、エアコンを使うようになると、バッテリー上がりが起きてしまう可能性が高いです。

バッテリーは走行すると自動的に充電されますが、普段あまり長い距離を走る機会がない人は、ディーラーや修理工場などで充電してもらいましょう。バッテリー液が減っている場合には、補充もしておくと安心です。

また、バッテリーは3、4年使用していると寿命を迎えます。その場合には充電よりも交換した方が無難です。一度既にバッテリー上がりを起こしている場合も、かなりダメージを受けているため、交換しましょう。

オーバーヒートに備えるため、冷却水に異常がないかどうかのチェックも必要です。まず、水温計を見てみましょう。H寄りになっているときには要注意です。既に軽いオーバーヒートを起こしている可能性もあるため、正常に走行できていても、なるべく早くディーラーや修理工場で見てもらいましょう。警告灯が点灯している場合も同様です。

また、加速が鈍く感じる場合や、焦げ臭いときにもオーバーヒートの可能性があります。早い段階で修理すれば費用もあまり高くならずに済みますが、エンジンがやられてしまうと修理費用がかなり高額になるため廃車行きになりますので、十分に注意しましょう。

なお、その場合は単に廃車にするだけでは費用がかかりますので、廃車買取を行っているカーネクストなどに申し込みを行うようにしましょう。

カーネクストであれば、故障車の買取も行っておりますし、レッカー車による運搬なども全て無料で手配いたしますので、費用に関しても安心してお申し込みいただく事が可能です。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

車内が高温になることでのトラブルも多い


炎天下で車を駐車しておくと、車内がかなりの高温になります。夏の車のトラブルでは、故障の他に、車内の高温が原因で起こるものも少なくありません。

よくあるのが、ハンドルを握ったときに火傷をしてしまうというトラブルです。気温が35度くらいの真夏の炎天下で何も対策をせず車を4時間ほど駐車しておくと、車内の最高気温は50度を超えます。真夏の暑い日に外に駐めておいた車のドアを開けて、熱気が籠もっているのを実感したことのある人もいるでしょう。

ダッシュボードの温度に至っては70度を超え、非常に熱くなります。ハンドルもダッシュボードと同じくらい熱くなるため、そのまま握ってしまうと、火傷をしてしまう可能性が高いです。空気を入れ換えて、ハンドルを濡れタオルなどで拭いてから運転するのが望ましいでしょう。

車内にライターや飲みかけのペットボトルなどを置いておくのも危険です。ライターは中に入っているガスが爆発する可能性があります。ペットボトルも溶けてしまい、飲み物がこぼれてしまうことがあるのです。

ノートパソコンなどを車内に置く人もいるかもしれません。その場合にも、故障する可能性が高いです。猛暑の車内にはなるべく物を置かないように注意しましょう。また、十分な対策とは言えませんが、サンシェードや断熱フィルムなどを使用することで、車内の温度が上がるのを少しは防げます。

まとめ

夏場はエアコンやバッテリーに関する車のトラブルが多く、オーバーヒートにも気を付けなければなりません。

特にオーバーヒートは、エンジンの故障に繋がりやすく、発見が遅れると廃車にせざるを得なくなってしまうため注意しましょう。

また、気温が高い日には、車内がかなり高温になります。夏場は車内にあまり物を置かないようにするのが無難です。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。