車とのお別れはどうする?気持ちを切り替えるには?

廃車のコラム

読者の中には、愛車とのお別れが近付いている人もいると思います。愛着がある車だと、お別れするのが辛いと感じることもあります。愛車とのお別れをした後に、ブルーな気持ちになるのは嫌ですよね?

そこで今回は、どのように愛車とお別れをすればよいか?を中心に紹介します。ユニークなお別れの方法も載っていますのでお見逃しなく!

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

愛車とのお別れのタイミングとは?

愛車とのお別れは突然やって来るケースもあれば、何となくお別れのときを予感できるケースもあります。ここでは、どんなときに愛車とのお別れが訪れるか見てみましょう。

生活の変化(新しく家族ができたなど)

家族が増えた(減った)、ペットを飼い始めた、車がなくても生活できる場所に引っ越したなど、生活の変化で愛車を手放す人はいます。愛車を手放しても、レンタカーやカーシェアリングを活用すれば生活に困らないと答える人もいるようです。

また、ガソリン代や自動車税など車にかかる費用を抑えたいという理由で、愛車を手放す人もいます。

故障が増えた

愛車の故障頻度が増えた場合に手放す人もいます。長期間同じ車を運転していると、車検を頻繁に行っても故障しやすくなるものです。車の部品の劣化・電気系統の故障など、あらゆる症状が起こりやすくなります。

完全に車が動かなくなると廃車扱いになるため、少しでも高い値で愛車を買い取ってもらって、次の新車代に充てる人もいます。車のメンテナンスを怠ると、故障の確率も上がりますのでご注意ください。

車の部品がなかなか見つからない

車の部品が見つからず修理してもらえない場合も、愛車を手放す人はいます。「車の型が古くて部品の生産・取扱を終了している」「部品のモデルが変わってしまった」場合だと、車の部品が見つからないケースは多いです。

さらに、外車の修理だと海外から部品を取り寄せなければならないケースもあり、国産車の修理ではありえない金額を請求される恐れも…。その修理費用に驚き、愛車を手放す人もいるようです。

自損事故などで事故車になった

事故を起こして車が動かなくなり、愛車を手放す人もいます。愛車へのダメージが大きい事故の場合、修理に出しても復活させるのは厳しいです。

その場合は「廃車手続き」をするのが一般的です。多額の費用を支払って廃車処理する人もいますが、費用をかけたくない人は「廃車買取専門業者」がおすすめ。

廃車処理時の費用がかからないだけではなく、業者からお金を受け取れる(買い取ってもらえる)可能性があるからです。ただ、廃車買取業者によっては悪質な場合もあります。無駄なお金を使いたくない人は、口コミなどを参考にして優良廃車買取専門業者を見つけましょう!

愛車でもどうしても手放さなければならないタイミングがある

免許を返納した、税金の滞納などで差し押さえられたなど、愛車をやむを得ず手放さなくてはならないケースもあります。なかには、愛車とのお別れが惜しく感じる人もいるようです。

車の買い替えを検討の場合
今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路を持っているカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

みんながやっている車とのお別れ記念

愛車とお別れする人のなかには「お別れ記念」と称して、愛車との思い出を作る人もいます。ここでは、愛車とのお別れ記念の事例を見てみましょう。愛車とのお別れ時に何をすればよいかわからない人は、参考にしてみてください。

車と記念撮影する(アルバムにする)

愛車と一緒に記念撮影して、撮った写真をアルバムにするケースです。1日で写真を撮り終える人もいれば、1年間かけて撮影する人もいます。自宅のガレージや海や山、友人同士で車を囲って撮影するなど、いろいろな撮影方法がありますので試してみてください。

最後のドライブを楽しむ(思い出の地を巡る)

過去にあったことを思い出すという意味で、最後のドライブを楽しむのもアリです。愛車を購入した販売店や、恋人と一緒に回ったデートスポット。地元の学校など、たくさんの場所を回ってみてはどうでしょうか?

初心に帰るという意味でも、最後のドライブがココロの中に残るはずです。とくに、仕事が忙しくて現実逃避をしたい人におすすめです。

洗車してきれいにしてから送りだす

愛車を手放す前に洗車をして送り出すのもアリです。愛車とたくさんの時間を過ごしたからこそ、労いの気持ちを込めて洗車する人もいます。

洗車するからこそ、蘇る思い出もたくさんあるはずです。洗車場やガソリンスタンド、自宅の庭など自身が思い出に浸れる場所で洗車するといいかもしれませんね!

思い出のパーツを外して次の車に使う

愛車の一部分を、次の車に使う人もいます。たとえば愛車についていた「エンブレム」などです。愛車にあったパーツを使って、次の車をカスタマイズするときの材料に使う人もいます。ただし、愛車のパーツを外すことで買取時の価値が下がる恐れもあります。買取価格が下がらないか確認してから、思い出のパーツを外しましょう!

大事に使ってもらえるよう次のオーナーを探す

買取業者へ愛車を売りたくない人は、大事に使ってもらえるオーナーを探すのもアリです。買取価格がほとんど付かない愛車であれば、自身で次のオーナーを探してもよいかもしれません。

ただ、業者を通さずに愛車を譲った場合は、所有者の移転など手続きがいろいろと必要になりますのでご注意ください。

最後に旅行や車中泊をする

愛車を手放す前に、旅行や車中泊をする人もいます、長期休暇を取れる場合は「日本一周ドライブ」をするのもアリでしょう。また、前述で述べたように思い出の地を旅行するのもよいかもしれません。愛車との旅行や車中泊で、最後の思い出作りをしてみませんか?

廃車供養という方法も

愛車を廃車にする場合「廃車供養」を行う方法もあります。最後の章では、廃車供養がどのような方法か説明します。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

そもそも廃車供養は何のために行うの?

廃車供養は、愛車に対する感謝の気持ちを伝える際に行う行事です。形式を大事にしている人は、廃車供養を行う傾向が強いかもしれません。

廃車供養を自分で行う場合の方法は?

自身で廃車供養を行うときの方法は下記2つのステップで行えます。気軽に行えますので、参考にしてみてください。

1.供養する車を洗車する

廃車供養の前には、必ず洗車を行いましょう。車体はもちろんのこと、車内のシートなど細かい部分も磨いてください。車内の汚れが激しい場合は、洗浄力が強力な洗剤を使って掃除するのも一つの手です。

2.ダッシュボードの上に御神酒を置く

洗車終了後は、ダッシュボードの上に御神酒を置きましょう。なお、御神酒はダッシュボードに敷いた白い紙の上に置き、少なくとも半日間は置いた方がよいです。

ただし、御神酒がない場合は「清めの塩」で代用してもOKです!なお、御神酒or清めの塩は高級品を無理に購入する必要はありません。数百円程度で大丈夫ですのでご安心ください。

3.しっかり供養したい場合は、神主に依頼する方法もアリ!

自身で廃車供養することに抵抗がある人は、神主に依頼するのもアリです。神主によっては出張依頼できるケースもあります。

費用は神社によって異なりますが、安くて5,000円程度。高くて2万円程度と思っておいてよいでしょう。ただ、費用は供養のみの場合もあれば廃車手続き料が含まれていることもあります。必ず神社に確認してから申し込みましょう。

まとめ

愛車とお別れする方法は、人によって違います。気が向いたときに手放すのもアリですが、車に愛着がある人は、イベントを開催するのも一つの手です。愛車を手放した後に「何かやっておけばよかった~」と思っても遅いです。

何もせずに愛車を手放すと後悔しそうだという人は、ぜひ本記事で紹介した内容を参考にしてみてください。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。