車の査定に日頃のメンテンナスが関係している!?正しいワックスのかけ方は?

廃車のコラム

最近車のツヤがなくなってきたなと感じたら、ワックスがけがおすすめです。

ワックスがけは、車の査定にもかかわる自宅でもできるメンテナンス。ワックスの種類と正しいかけ方を知って、快適なカーライフと売却や廃車の準備をしておきましょう。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

車にワックスがけをするのはどうして?

車のワックスがけは必要なものなのでしょうか。ワックスがけのメリットと、種類について紹介していきます。

ワックスがけが必要な理由(メリット)

カーワックスには固形や液体などさまざまなものがありますが、どれも車の塗装の上から塗ることで、上に膜ができます。膜ができることで、直接外部からの刺激が車の塗装に影響しにくくなるのです。

砂塵や花粉、紫外線による刺激から塗装を守り、自然に起こる外部刺激による小傷や錆を防ぎます。もっとも、最近の車は塗装技術も向上してきているのも事実。古い車であれば外部刺激によって、塗装がダメージを受けて錆や日焼けの原因になることもありますが、数年落ちなどの比較的新しい車では、そこまで心配ありません。

ただし、いくら傷がつきにくいといっても、経年劣化によりどの車もツヤがなくなり色褪せてしまいます。ワックスがけの大きなメリットは、劣化した車のツヤを蘇らせることができる点です。車購入時のようにピカピカの状態で車に乗ることができます。

またワックスに似たものにコーディングもありますが、コーディングと比べると深みのあるツヤが出せ、安価なのもメリットといえるでしょう。

ワックスの種類と特徴

車のワックスには主に3つの種類があります。

・固形タイプ

・半練りタイプ

・液体タイプ

固形タイプは、3種類の中でもツヤがでて持続性があります。仕上がりにこだわりがある人におすすめのタイプです。ただし、他のタイプと比べてツヤだしに特化している分、コンパウンド(研磨剤)は含まれていません。

車の汚れは除去してくれないので、ワックスがけをする前にしっかり洗車をして塗装面をきれいにしておく必要があります。

次に半練りタイプ。こちらは、固形タイプと液体タイプのちょうど中間の位置にあるワックスです。コンパウンドが含まれているため水垢の除去などが同時にできる他、ペースト状で固形タイプよりも作業がしやすくなっています。固形タイプほどではないですが、程よいツヤが出せるのもメリットです。

そして、手軽さから人気のある液体タイプ。半練りタイプや固形タイプと比べて広がりやすいので、ムラができにくく、拭き取りも簡単なタイプです。ただしツヤや撥水性能は他のタイプに劣ります。

この他にも、タオルタイプの拭くだけのワックスもあります。拭くだけワックスは、濡れたまま作業ができ、作業時間も短縮できるのがメリットです。ただし、作業手順が短くなる分、車のツヤは他タイプのワックスほどは出ません。

ツヤのレベル、作業時間はそれぞれのタイプで異なるので、自分のライフスタイルに合ったワックスを利用しましょう。

正しいワックスのかけ方

ワックスの種類と特徴に関してご紹介してきました。

では、いよいよワックスがけ。正しいワックスのかけ方を紹介します。

手順は以下の通りです。

1.水洗いする

2.ボディの水を拭き取る

3.固く水で絞ったスポンジにワックスを取る

4.ボディにワックスを塗り込む

5.ワックスを拭き取る

まずは洗車からスタート。固形タイプのワックスは水垢などの汚れを落としてくれないのでシャンプーなどを利用する必要がありますが、半練りや液体タイプであれば水洗いで十分です。水洗いせずにワックスをかけると、ボディに残った砂やほこりが小傷をつくってしまうので注意しましょう。

水洗いでボディを洗い流したら、拭き取り用のきれいなタオルで拭き取ります。成分にムラが出たり、油膜の原因になったりするためです。ただし、濡れたままで大丈夫なワックスもあるので、先に説明書を見ておきましょう。

拭き取りが終わったらいよいよワックスがけ。水に浸して固く絞ったスポンジに少量のワックスをつけます。ワックスをつけすぎると乾燥に時間がかかったり、拭き取りに苦労したりするので、大量につけるのはおすすめしません。ワックスは、縦・横・縦の手順で隙間なく塗装面に塗り込んでいきましょう。

ワックスを塗り込んだら次に拭き取りですが、十分に乾燥させないとしっかり拭き取れません。夏なら5~10分、冬なら10~20分を目安に、白っぽくなってきたあたりで拭き取りましょう。完全に乾ききる前に拭き取るのがきれいなワックスがけのコツです。ただし、拭き取りが不要なものもありますので注意しましょう。

なお、せっかくのワックスも時間が経てば落ちてしまいます。ワックスの頻度は、固形タイプなら2ヶ月に1回、半練りタイプなら1ヶ月に1回程度が適正です。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

車を買い替える際はワックスをかけると査定額アップ?

ワックスのかけ方やメリットを紹介してきましたが、濡れたまま放置したり、メンテナンスの頻度が少なかったりすると、その分見た目の美しさも損なわれてしまいますし、劣化も進んでしまいます。

劣化が進むということは、車としての価値も下がるということ。実は日頃からワックスなどを使用してメンテナンスすることは、車に心地よく乗ることができるだけでなく、車の処分にも大きく関係しているのです。

たとえば、乗り潰した古い車でもワックスをかければ傷を防げますし、小傷程度であれば目立たなくさせることもできます。その結果、中古買取や廃車買取で買い取ってもらえる可能性が高まりますし、査定アップに繋がることも少なくありません。

車を手放した後のことを考えるのであれば、ワックスがけなどの日頃のメンテナンスにも気を配りましょう。

車の買い替えを検討の場合
今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路を持っているカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

まとめ

車を利用しているときはもちろん、手放すときのためにも車のワックスがけは大切なポイントです。

なお、カーネクストにお申し込みの場合は、査定額に影響のない項目となりますので、そこまで気にされる必要はありません。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。