事故車は修理しないで買い替え?保険金は受け取れるの?

自動車の困り事

事故車になってしまうと、その後どうするべきか迷うところです。「修理しないで買い替えたほうがお得なのではないか」と考えてしまいます。

もし修理しないで買い替えた場合、自動車保険の保険金は受け取れるのでしょうか?

どんな状態の車でも本当に高く買ってくれるの?
  • 事故車や不動車、故障車でも高く売れるの?
  • 低年式・過走行車でも高く売れるの?
  • 廃車費用が無料って本当?
  • レッカー費用が無料って本当?

どんな車でも高価買取しております!

お客様の問題はすべて解決!!

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

買い替えたほうがお得?事故車を修理しない理由

車が事故に遭ったとき、そのダメージが骨格を形成する部位まで及んでいると、修理しても「修復歴のある車」になってしまいます。それが事故によるものなら「事故車」という扱いです。

事故車は元に戻すための修理費用が高く、状態によっては数十万円から数百万円請求される場合もあります。たとえ修理しても、後で手放すときの査定では大幅に減額されてしまうでしょう。ディーラーの下取りや中古車販売業者の買取は断られるかもしれません。

乗り続けるにしても事故車は安全性が損なわれ、不具合が頻発する可能性があります。骨格の歪みが残ってまっすぐ走れなかったり、ダメージが蓄積して故障したりするなどです。そのたびに修理しなければいけないので、余計に費用がかかります。

これらのリスクを考えると事故車は修理しないで新たに買い替えたほうが、修理費用が生じない分だけお得といえるでしょう。

事故車は廃車買取を利用すれば無料で処分してくれます。

特にカーネクストであれば、鉄資源自体に価値をつけ、パーツごとに買値として価値を付ける事ができますので、買取金額をお渡しし、買い替えの足しになるかもしれません。

もちろん修理費用を払ってでも乗り続けたほうが良い場合もあります。修理の有無を問わず必ず整備工場に状態を見てもらい、見積もりを取ってどちらにすべきか確認しましょう。

事故車を修理しないで保険金を受け取る方法

もし事故車を修理する場合、任意保険の「車両保険」に加入していれば修理費用に相当する保険金を受け取れます。では修理しない場合は請求できるのでしょうか。答えはYESです。車両保険金は発生した損害に対して支払われるもので、必ずしも修理は義務付けられていないからです。

ただし受け取り方は修理する場合と異なります。通常、車両保険金を請求するときは整備工場に見積もりを出してもらいますが、修理しないのであれば保険会社に見積もりを取ってもらうよう依頼し、自分で受け取れるように指定します。

保険会社の見積もりでは、事故車の外観を見て修理にかかる費用を概算します。具体的な工賃や部品代が算出されるわけではないので、受け取れる金額は実際に修理したときの費用よりも少なめです。同様に消費税相当分も修理しなければ発生しませんから、減額されてしまいます。

事故の責任が相手側にあるときも同じで、相手の加入する任意保険の対物賠償保険から保険金を受け取れます。万が一、自賠責保険にしか加入していなければ損害賠償を請求することになるでしょう。

ただし追突事故のように100%相手側に非のある「もらい事故」は、自ら加入する保険会社が介入できないため、損害賠償の請求は自分でしなければいけません。加害者側の保険会社や弁護士など、「修理しないのに損害賠償を請求するのはおかしい」と言い包められる可能性があります。相手は交渉のプロですから太刀打ちできません。

任意保険には「弁護士費用特約」があり、「もらい事故」における弁護士の相談料や報酬、訴訟や和解などにかかった費用が定められた金額の範囲で支払われます。使用しても翌年の等級は下がりません。毎年の保険料は1,000円台とお手頃なので、付帯しておくと安心です。

こんなケースに注意!事故車の保険対応

車両保険金は設定した補償額の範囲で支払われます。「全損」といって、修理にかかる費用がそれを上回っても、超過した分は対象外です(対物賠償保険や損害賠償では市場価格が上限の目安になります)。保険料を安くするために、車両保険金を少なくしている場合は注意しましょう。車両本体+オプションの価格で設定するのが基本です。

保険会社によっては全損になると車の所有権が移ってしまい、自分で廃車や売却できなくなってしまいます。車両保険金を請求する前に確認したいところです。

また交通事故で車両保険金を請求すると、次の契約では等級が3段階下がってしまい、3年間は「事故有等級」が適用されてしまいます。

例えば13等級の場合、無事故であれば次の契約は14等級になり、保険料の割引率は50%です。事故を起こすと10等級まで下がり、割引率が23%になってしまいます。本来の保険料が100,000円の場合、前者なら50,000円、後者なら77,000円です。

他にも保険料を節約するために車両保険の免責を設定し、1回目より2回目の金額が大きいと、契約中に新たな事故を起こしても保険金で修理できなくなる恐れがあります。「2回も事故を起こさないだろう」と2回目の免責額を大きくしても、それほど保険料は変わらないものです。

事故車を修理しないで車両保険金だけを受け取るなら、このような負担が生じることも考慮しましょう。

まとめ

事故車を修理しないで車両保険金や対物賠償保険金、損害賠償を請求することは可能です。修理しても乗り続けられる保証はありませんから、保険金で買い替えたほうがお得な場合もあります。請求するときは次の契約の保険料や免責、全損時の事故車の所有権などを確認しましょう。

弊社カーネクスト(https://carnext.jp/)では、事故車でも廃車買取しております。走行できなくてもレッカー代は無料です。廃車の手続きも代行します。買値がつけば購入費用の足しになるでしょう。お悩みの際はぜひご相談ください。

事故車を修理しないで買い替えに関するよくあるご質問

事故を起こしてしまった時、事故によって損害を受けた車は修理をするべきか、修理しないまま乗り換えるか悩む方も多いでしょう。こちらでは、事故車を修理しないで買い替えるか悩んでいる方からよくいただくご質問にお答えします。

Q.事故車を修理して乗り換えるかどうかの決断ポイントは?

A.自損事故を起こしてしまい、修理をするか次の車に乗り換えるか悩まれている方にとって、どちらを選択するかのポイントは、修理費用の見積もりと、任意の車両保険に加入しているかどうかでしょう。車両保険に加入されていて、修理費用の見積もり分保険金によってカバーが出来る場合は修理をされる方も多いと思いますが、任意保険未加入で全額修理費用を負担する場合は、修理代金によっては次の車を購入したほうがお得な場合もあります。特に年式が10年を超えた車などは、修理をして走る車にした状態と修理をしていない事故車の状態、どちらの売却価格にもあまり差がない、廃車買取になる可能性もあるのです。また、任意保険を使用して修理費用を捻出することで保険等級が下がって翌年度以降の保険料金が高くなってしまったことで、実は損をしてしまう場合もあります。車の修理費用の見積もり、事故車の買取見積もりを同時にとってみて、修理するか、乗り換えるかを検討されてみることをおススメします。

Q.事故車の修理に自賠責保険の補償はある?

A.自賠責保険の補償は、事故を起こした方から見て対相手側への人的補償のみです。交通事故を起こして他人に怪我をさせてしまった時、他人を死亡させてしまった時に被害者に対して支払われる保険料金になります。事故車の修理等は補償がありませんので、補償をつけておきたいという方は任意の車両保険での加入が必要になります。事故車修理の補償や修理費用の免責金額の設定など任意保険加入時に確認しましょう。

Q.事故車の修理をしなくても車両保険は出るの?

A.車両保険は、車の損害に対して補償するものですので修理をしなくても保険金を受け取ることは出来ます。ただし、修理費用に保険を使う場合は修理工場にとった見積もりから保険金がおりますが、修理しない事故車の保険金に関しては、保険会社が車両の状態等を確認して見積もりを出します。事故車を修理せず売却しようと考えている方は、保険会社が見積もりをとるために車両確認をしたいと言ってくることがほとんどですので、車両確認の日数を待ってから売却をしたほうがスムーズでしょう。ただし、保険会社の車輌確認を待っていて修理をしないまま事故車をレッカー会社に預けておくと、保管費用がかかってしまうこともあります。事故車の売却をするなら、売却後に保険会社の車両確認に行くことが出来る業者なのか、どこかに保管しておく必要があるなら駐車場等を確保できるのかなど前もって調べてから動く必要があります。事故車を売却し、解体をしてしまったあとに保険会社に保険料について聞いても車両確認出来なければ保険がおりない可能性もあるため、気を付けましょう。

Q.事故車が全損!保険価額では修理費全額負担出来ない場合は?

A.事故車の損傷が骨格まで到達している場合、修理費用の見積もりが高額になる可能性があります。この場合、車両保険には保険価額といって被保険者が被る可能性のある損害の最高見積額が予め設定されているのですが、その最高の保険見積もり額よりも修理費用が高額になることもあるのです。このように大きな損傷を受けた事故車は、修理をすることが可能と修理工場が判断した場合、走行できる状態まで回復は出来るかもしれませんが、今後修理箇所にトラブルが起きやすくなる可能性もありますし、骨格まで損傷がある修復歴のある車には、修復歴車といって事故車歴がついてしまうため再販時の価値が大きく下がります。保険料で足りない修理費用の差額を支払って乗り続けるよりも、修理をせずに事故車としては廃車買取等で売却を行って買取金額と損害分の車両保険金を受け取って、次の車の購入費用に充当されることをおすすめします。

Q.事故車の修理に車両保険を使うと損をするって本当?

A.自動車保険には保険加入者の保険料負担を公平にするためのノンフリート等級別料率制度があります。自動車保険の場合、加入当初は6等級(または7等級)からスタートし、無事故であれば翌年には1等級あがります。ただし事故にあった場合は3等級下がり、無事故で3年間加入を続けなければもとの等級に戻ることは出来ません。等級が下がると割引率も下がるため、事故で保険を使ったあとの3年間の保険料は割増になります。保険料の割増率は保険会社によって異なりますが、3年間の割増による保険料金が、実は修理費用に充当した保険料金を上回ることがあるため、実費で修理代金を負担し、保険を使用しない方が今後乗り続ける方にとっては得だったということもあります。この修理費用と保険料金の割増分を比べるには、修理費用の見積もりをとる事と、保険会社に使用した場合の保険料金の割増分の確認が必要になります。手間ではありますが、確認しておくことをおすすめします。

 

動かない車でもパーツ売り

エンジンがまったく動かない車でも買取はできるのか?とご質問をいただきます。他社だと買取どころか、処分費用を請求されます。確かにエンジンの状態が買取金額を大きく左右します。ただし、カーネクストですと自社工場で車を解体することができます。
ですので、使えるパーツだけを選別し、販売することができます。

ダイレクト販売で需要に的確

全国に約1,000社を超える提携業者がございます。カーネクストなら業界内で需要のない車でも必要とする場所に車を卸すことができます。流通の多かった車や日本国内であまり乗られていない車などの価値を引き出し、お客様に買取金額として全力で還元してまいります!

ワールドワイドに販売

15万キロ超えの車や15年前の車など、日本で現役を終えた車は海外でまだ活躍できます。日本車は海外でも高い評価を受けており、頑丈で安全性の高さが評判です。ただ国外で販売できるのはすべての業者が行えるわけではございません。海外に販路をもっているカーネクストだからこそ車に価値を見いだすことができます。

  • 査定・ご契約
  • お引取り
  • 書類ご準備
  • お振込み

申し込みから、振込みまでお手間は取らせません。査定は電話のみで完了!必要な書類もこちらからご案内致しますので、揃えていただくだけ!!あとはこちらがすべて代行致します。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。

北海道・東北地方
四国地方