いらない車を処分したいなら廃車買取がイチバン!

廃車のコラム

新しい車を買うときに、今まで乗っていた車を処分するでしょう。古い車なら廃車にするのが一般的です。しかし、廃車手続きには費用がかかります。できることなら、なるべくお金をかけずに古い車を処分したいものです。ここでは、廃車予定の車を無料で処分出来てお得な処分方法について解説していきます

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

廃車は通常ならお金がかかってしまう

古い車を買い替える際に、最初から廃車にしようとする人は、そう多くないでしょう。最初はまず中古車として売却できないかどうか検討してみる人が多いです。ただし、年式の古い車や、走行距離がかなり長い車だと中古車買取店に出しても買取価格が付かないこともあります。とりあえず車買取査定の見積もりをとるなど、査定に出してみましょう。もしも査定額が安くても、買取可能ということであれば、いらない車を処分するにあたって、それに越したことはありません。

いらない車を下取りで処分しようとしても

中古車として査定に出してみて、どの買取業者でも値が付かなかったら、廃車にせざるをえません。その際に、たいていの人は、ディーラーに下取りに出そうとするでしょう。ディーラーに引き取ってもらえば、廃車費用は負担しなくて済みそうだと考える人は多いです。

しかし、中古車として値が付かず廃車を検討するくらいの車なら、ディーラーでも無料で下取りしてくれないことがあります。ディーラーに下取りがつかないといわれた車でも、廃車手続きをの代行をしてもらうことは可能ですが、廃車の処分費用がかかってしまい次の車の購入費用に上乗せされたり、別途請求されてしまう可能性があります。ディーラーに依頼した場合にかかる廃車費用は、意外と高いため注意が必要です。

ディーラーで廃車依頼する時にかかる費用は

ディーラーに廃車手続きを依頼した場合にかかる費用の内訳は、引き取り費用と解体費用、書類手続き手数料の3つに分けられます。このうち、引き取り費用は自分でディーラーのところに持ち込んだ場合にはかかりません。ディーラーのスタッフが自宅まで引き取りに来た場合に請求されます。自走可能な状態なら、なるべく自分で持ち込むようにした方がいいでしょう。

ただ、故障や車検切れなどで公道を走行できない場合には、自分で持ち込むことはできません。レッカー車を手配してもらうことになります。レッカー車を手配してもらった場合の引き取り費用の相場は1万円から3万円くらいです。

解体費用はほとんどかからない場合もありますが、高いと3万円程度かかります。そして、書類手続きの分の費用が1万円から2万円くらいです。全部合わせると、高い場合で8万円くらいになります。軽視できない金額です。

ご自身では廃車するときにかかる費用

ディーラーに廃車手続きを依頼すると、高額な費用がかかってしまうことから、自分で手続きすることはできないかどうか考える人もいるでしょう。そして、一般の人が自分で廃車手続きをすることも実際可能です。自分で廃車手続きを済ませれば、ディーラーに依頼するよりも安く済むでしょう。

ただ、それでも全く費用がかからないわけではありません。大まかな手順としては、車体を解体してスクラップにしてから運輸支局に書類を提出して手続きを行うことになります。車体の解体は、一般の人が自ら行うことはできないため、自動車解体業者に依頼して行わなければなりません。その際に、費用がかかります。解体依頼にかかる金額は普通自動車だと1万円から2万円程度、軽自動車だとほぼ1万円以内が相場です。さらに車の所有者は廃車する車のリサイクル料金の負担が義務付けられていますので、リサイクル料金の支払いが1万円前後かかります。解体費用に関しては、ディーラーに依頼した場合とさほど変わらない金額がかかってしまうと覚えておきましょう。

運輸支局で行う手続きに関しては、手数料が350円かかるだけなので、ディーラーに依頼する場合よりも大幅に安く済みます。トータルでかかる費用の相場は2~3万円くらいです。また、車が動かせない状態なら、レッカー移動が必要になるため、その分だけ1、2万程度余分に費用がかかります。

廃車買取を行っている業者もある


廃車手続きを行う際に費用を支出したくないのであれば、廃車買取業者を利用してみてはどうでしょうか。中古車買取業者とは別に、廃車にする車の買取を行っている業者があります。廃車予定の車を、買取に出してしまえばいらなくなった車を処分するのに費用はかかりません。それどころか、売却代金までもらえます。高く売れれば、新しい車を買う際の資金に充てられるので、とても嬉しいサービスでしょう。

廃車買取業者に廃車を依頼するとメリットがある

そして、廃車買取業者の多くは、廃車手続きに関しても代行してくれます。運輸支局は、基本的に土日や祝日は休みなので、仕事の休みがカレンダー通りの人はなかなか行けないでしょう。たまに平日が休みになる日があっても、他の用事があって運輸支局に行く時間が取れない人も多いです。手間がかからず、忙しい人にとっても廃車買取は嬉しいサービスだと言えるでしょう。買取価格の相場は車種や状態にもよりますが、数万円程度で買取可能な車が多いです。10万円を超える金額で買取をする場合もあります。

通常なら廃車にするのに数万円程度の費用を支出していることを考慮すると、廃車買取サービスはかなり魅力的でしょう。

廃車買取業者はなぜ廃車を買取するのか

しかし、その反面で、廃車買取業者が廃車予定の車を買取りする理由が気になる人も多いでしょう。買い取った後の車がどう使われるのか知っておかないと、安心して廃車買取業者に依頼ができないと感じる人も少なくありません。

廃車買取業者にとって解体車両も大きな価値のある車

一般の人から見れば、中古車として販売できない車は価値がないものと捉えられてしまいますが、買取後に車のまま使用するとは限りません。廃車買取業者の多くは、買い取った車を解体してパーツを取り出しています。そのパーツに資源としての価値があるのです。車は非常に多くのパーツから構成されているので、1台の車からかなりの数のパーツが取れるでしょう。そのうちのいくらかは、同じ車種の車を修理する際にそのまま使用できるものも混ざっています。

また、車のパーツの多くは金属でできているため、そのまま再利用できないパーツでも問題ありません。金属そのものに資源としての価値があります。また、不動車や事故車でも問題ありません。動かなくても、再利用可能なパーツはたくさん取れます

廃車を海外へ輸出することで利益があがる

いらない車であっても、比較的状態の良い車は解体されず、車として再利用されることも多いです。しかも、カーネクストのように海外販路を持っている業者であれば、海外へ再販する事で日本市場よりも高値で査定する事ができるのです。

日本の車検制度は、かなり厳しいため、物理的にはまだまだ乗れる車でも、公道を走行できないケースが少なくありません。しかし、海外では車検制度そのものがない国も多いです。車検制度自体は一応あったとしても日本ほど厳しい基準ではありません。そのため、日本で車検に通らない車でも、海外では問題なく使えるのです。
日本では車の寿命は10年程度と言われることが多いですが、海外では20年くらいなら当たり前のように使います。発展途上国だと30年以上使うケースも珍しくありません。さらに、日本製の自動車は海外で評判が良いため、需要も高いのです。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

廃車買取業者の選び方


廃車予定の車を廃車買取業者に買取に出そうと決めたら、査定を申し込むでしょう。この際に、業者選びが大事です。廃車の場合には中古車として売却するときと異なり、査定額に関してあまり気にしない人もいるかもしれません。査定額が安くても、費用をかけずに廃車にできるなら、それでいいと考えて、業者を比較せずに決めてしまう人も多いでしょう

廃車買取業者を選ぶ時の3つの注意点

しかし、廃車買取業者は優良な業者ばかりとは限りません。運が悪いとあまり良心的でない業者に当たってしまう可能性もあります。サービスがあまり良くない業者もあるでしょう。

1.引取り費用が後から請求されることがある

例えば、完全無料を謳っておきながら、引き取りに費用がかかるケースも見られます。車を動かせずレッカー移動が必要な場合に、後から別途でレッカー移動代を請求されるケースもあるかもしれません。
そのため、引き取りを依頼する前の段階で、本当に費用が一切かからないのか確認しておきましょう。特にレッカー移動が必要な場合には注意が必要です。

2.廃車手続きが未了のままで不安なケースも

また、優良な業者かどうか見抜くには、説明がきちんとしているかどうかをチェックしてみるといいです。優良な業者のほとんどは、説明すべきことを漏れなくきちんと説明してくれます。逆に、良心的でない業者の場合には、大事なことの説明をしないことが多いです。説明不足が原因で後になってからトラブルに発展するケースも見られます。具体的には、登録抹消手続きに関することと、自動車税還付に関することの説明がなかったら、きちんとした業者ではない可能性が高いです。車を廃車にするには、解体するだけでは足りず、運輸支局で手続きをしなければなりません。手続きが未了のままだと、登録は生きているものとして扱われます。そのため、自動車税がかかってしまいます。優良な廃車買取業者であれば、登録抹消手続きを代行してくれて、完了したら通知もしてくれます。良心的でない業者だと、手続きの代行は行っておらず、説明もありません。当然手続き済みであると思い込んでいると、翌年5月に自動車税の納税通知が来て気が付くというケースもありえます。

3.受け取れるはずの還付金が戻らない

また、自動車税は1年分まとめて納めているので、年度の途中で廃車にした場合には、未経過月の分を還付可能です。ただし、実際に還付金を受け取るには手続きをしなければなりません。良心的でない業者の場合には、このことを利用者に説明せず、利用者が還付金を受け取れなくなってしまうケースも見られます。

廃車買取業者を利用した声や口コミをチェック

廃車買取業者の口コミもチェックしておきましょう。良心的でない業者の場合には、これまで利用したことのある人が損をしたと感じていることが多いです。そのため、口コミをチェックしてみると、良くない評判が目立ちます。登録抹消手続きや自動車税還付の説明をしていない業者も、口コミを見れば分かるかもしれません。申込前の勧誘や連絡方法がしつこい業者も口コミで分かります。しつこく勧誘をしてくる業者は避けておいた方がいいでしょう。他社よりも安い金額で買い叩こうとしている可能性があります。

廃車買取ならカーネクストにお任せください

そして、どの廃車買取業者がいいか迷ったら、ぜひカーネクストに査定を申し込んでみてください。弊社なら本当に無料でいらない車を廃車にできます。動かせない車のレッカー移動も無料です。査定額は最低0円を保証しているので、古い車種や状態の悪い車でも値が付かないということはありません。どんな車でも買い取ります。事故車や水没車でも大丈夫です。

いらない車の処分についてよくあるご質問

いらなくなった車、使わなくなった車、ボロボロで動かない処分が必要な車の廃車でお困りの方から、よくいただくご質問にお答えします。

Q.車を処分したいが費用が心配で踏み切れない、いくらかかりますか?

A.いらない車の処分に費用をかけたくないですよね。一般的には車一台を処分しようとすると、車を移動するレッカー費用、車を廃車解体する費用、車の廃車手続きを行う手数料がかかります。各々を業者へ依頼したとすると3万~8万円程度かかる可能性があります。ただし、車の処分を依頼する業者選び次第では、無料で車を処分出来る業者や、車次第で買取が出来る業者もあります。

Q.車の処分を無料で請け負ってくれる業者はどんな業者?

A.いらない車の処分を無料で行ってくれる業者とは、廃車を買取出来る業者のことです。廃車買取業者は、車の所有者が不要になった使わない車や、使うことが出来なくなった状態の車でも買い取って、解体したり、パーツを分別してリサイクルし、リサイクルパーツとして活かすことが出来ます。そのため、不要車でもリサイクルすることで利益が出せるため、廃車引き取り費用や手続きを無料で行うことが可能になります。また、車のパーツや鉄や非鉄金属の素材の価値次第では、いらない車を買取も可能なため、無料だけでなく買取金額を受け取ることが出来る場合もあるのです。

Q.いらない車の買取が出来る廃車買取業者の見つけ方は?

A.いらない車の処分費用がかからず、さらに車を買取してくれる廃車買取業者を見つけるには、リサイクルパーツを自社で整備や点検チェック、販売する販路まですべて持っている業者であるかどうかをチェックします。また、廃車買取業者のなかでも高い買取金額がつきやすい業者は、リサイクルパーツや廃車の販路が、自社店舗の地場以外の全国や海外にまである店舗ほど買取が高くなりやすくなっています。

まとめ

廃車買取業者を利用すれば、廃車のためにお金を使わず無料でいらない車の処分が出来ます。また、廃車買取業者の選び方次第で高い買取金額がついてお得になる可能性もあります。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

しかし、業者選びに注意しなければなりません。特に完全無料を謳っていながら、後で引き取り費用を請求してくる業者には注意が必要です。口コミなどで評判をチェックしながら、慎重に選びましょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。