不動車でも買取出来る?不動車買取なら廃車買取がおすすめの理由

不動車買取は出来る 廃車のコラム

不動車は事故や故障で動かない車や、車検切れで公道を走行出来ない車のことです。動かない車や車検切れの車をそのまま放置している方は、少なからずいらっしゃるでしょう。不動車や使用していない車でも、所有しているだけでお金がかかっているとご存知でしょうか?
不要になった不動車を速やかに廃車しないと、お金がかかり知らないうちに損しているのです。

「不動車の廃車にはお金がかかりそう」「不動車の買取はしてもらえない」

と思われているかもしれませんが、実は不動車も買取してもらうことが出来ます
特に廃車買取業者に買取を依頼すると、廃車費用をかけることなく、不動車を売ることが出来ます

不動車の廃車をしたい方、不動車を売りたいと考えている方はぜひ参考にご覧ください。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

不動車って買取出来る?お金がかからない?

不動車買取出来る理由

不動車は売れないだろうし、動かない車の処分にはお金がかかりそうと思う方も多いでしょう。
でも、不動車買取をしてもらうことは出来ます。選んだ買取業者次第で、お金をかけずに処分することも可能です。こちらでは、なぜ不動車買取が出来るのか、不動車買取にお金はかからないのか、解説します。

不動車ってどんな車?

不動車には二通りあります。事故や故障で動かない車と、車検切れで公道を走行出来ない車です。
事故や故障等で走行出来ない不動車は車としての再利用が難しいため、一般的な中古車販売店での買取を期待できません。中古車販売店では買取を断られてしまったり、引取費用が請求されてしまうこともあるでしょう。

車検切れの車は、道交法上において公道の走行が出来ないという意味での不動車です。ただし車検を再度受けて合格すれば、車として再利用は出来ます。車として再利用出来るのであれば、中古車販売店等でも買取出来ると思われますが、車検が切れた車を再度中古車新規登録するには、車検を通すための整備や点検の必要があり費用がかかります。中古車販売店が買取するとなると、再販のための費用と相殺した買取価格となるため、期待された買取金額はつきづらいでしょう。

このように、中古車として買取が付きづらい不動車がなぜ買取出来るのか、次項で解説します。

不動車買取が出来るのは何故?

不動車は中古車再販が難しく再販出来ても費用面でリスクがあるのに、なぜ買取出来るのでしょうか

それは不動車が中古車として再販は出来なくても、車本体や車を構成する中古部品としての価値があるからです。事故や故障による不動車は、損傷や故障の個所を除けば再利用出来る部分があります。不動車を分解して取り出された部品は、リサイクルパーツとして再利用が出来ます。また、車を製造する時に必要な鉄や非鉄金属、レアメタルなどの希少な素材は、需要が高く価値があります。なかには車種や年式によって、中古リサイクルパーツの中でも取引価格が高く設定されているものもあり、不動車買取でも高額査定になることがあります。

不動車は業態次第では価値があり、買取が出来るのです。前述したような不動車の価値を活かすことが出来る設備と販路を持ち、不動車買取出来る業者が、廃車買取を専門に行う廃車買取業者です。

不動車買取にお金はかからないの?

不動車買取出来る理由を前述しましたが、いざ不動車を売る時にお金はかからないのでしょうか。

不動車の処分を自分でしようとするとお金がかかります。不動車買取出来ても、手数料などの費用がかかることを不安に思う方も多いでしょう。不動車買取で売れても、車を売るためにお金がかかると買取額より負担が大きいのでは、と不安を感じて売却を躊躇している方もいるかもしれません。

不動車の処分を自分ですると下記の費用がかかります。

自費負担でかかる費用
車の運搬にかかるレッカー費用 10,000円~30,000円
車本体の解体費用 7,000円~20,000円
廃車手続きの代行費用 5,000円~20,000円
合計 22,000円~80,000円

自分で不動車の処分をすると、22,000円から80,000円前後の費用がかかります。

不動車買取をしてもらっても、買取額から上記のような処分費用が差し引かれて買取金額が下がったり、費用の方が高くなるのではと考える方は多いでしょう。

しかし、廃車買取業者に不動車買取をしてもらえば、費用をかけることなく車の処分が出来て、さらに買取金額をもらうことが出来るのです。

【POINT】不動車買取時にお金がかかるかどうか確認必須!

不動車の処分をするには車の運搬が必要ですが、廃車買取業者に売却すると運搬費用負担不要のケースが多くなっています。廃車買取業者の多くは積載車を保有していて、車を保管場所まで直接引取に来てくれる業者が多いためです。

また、不動車をリサイクルすることで利益を得る廃車買取業者は、車の解体処理とリサイクル出来る設備を自社で保有しているため、外部発注がいらず解体費用がかかりません。廃車実績が多い廃車買取業者では、廃車手続きの代行も自社で行っているため、中間手数料が発生せず負担の心配がありません。

ただし、上記の不動車の処分費用がかかる廃車買取業者もあるため、前もって確認は必要です

レッカーを所有していないため引取費用がかかったり、廃車買取業者から車の保管場所までが遠方になると、距離次第で運搬費用がかかることもあります。廃車処分のみで廃車手続きを自社でしていない業者は代行費用が別途かかるため、廃車買取業者に不動車買取をしてもらう時は、買取査定と同時に費用見積もりの確認をするようにしましょう。

 無料の不動車買取依頼ならカーネクスト

不動車買取なら廃車買取業者がおすすめ


事故や故障で動かない不動車、車検切れで置きっぱなしの不動車を所有している方に、費用負担を少なく不動車買取が出来る廃車買取業者に売却する方法をおすすめします。

廃車買取業者が不動車買取におすすめの理由

なぜ不動車買取には廃車買取業者がおすすめなのでしょうか。

それは、廃車買取業者は不動車の買取後に自社で利益化する仕組みがあり、売り手側の費用負担なく買取することが出来るからです。

車の買取業者というと、最も認知されているのは大手中古車販売店です。しかし一般的な中古車販売店は、不動車を中古車として再販することに必要な修理・点検・整備が出来る設備を保有していません。買取後に中古車として販売するためには費用がかかってしまいます。また、故障車や事故車はたとえ修理したとしても、その後確実に売れるかどうか分からず在庫リスクもあります。利益が出ない、もしくは利益が出るか確定出来ない車と判断されると、買取査定自体してもらえません。

しかし、廃車買取業者は不動車から再利用できる部品を取り出し、リサイクル部品として整備して再販し利益を上げることが出来ます。

さらに廃車買取業者の中には、国内だけでなく海外へと中古車部品を売却する輸出販路を持つ業者もいます。日本では流通台数が減少傾向の古い車も海外ではまだまだ活躍しているため、国内で価値が下がり買取出来ないような低年式や多走行の不動車なら、販路を広く持つ廃車買取業者で買取査定を受けると良いでしょう。

また、海外への販路を持つ廃車買取業者のなかには、事故車や故障車等の損傷がある不動車を修理して、輸出中古車として海外で再販し利益化する仕組みをもつ業者もいます。海外では事故歴修復歴がある車の需要が国内よりも高いため、修復後の中古車も再販リスクが少なく利益化がしやすくなっています。

廃車買取業者ならレッカー費用負担がない

廃車買取業者に買取を依頼すると、不動車の運搬に不可欠なレッカー車の費用負担の心配がありません。

不動車は動かない車もしくは車検切れの車となり、公道を走行出来ない状態です。そのため、不動車の処分や売却には車の移動に積載できるレッカー車の手配が不可欠になります。前述したようにレッカー車は距離次第にはよるものの、個人で手配しようとすると1万円から3万円前後はかかってしまいます。

しかし、廃車買取業者はもともと廃車を前提とした車の引き取りに長けているため、自社で引取用のレッカー車や積載トラックを保有していたり、陸送会社と提携して輸送費用を抑える術を持っています。

そのため動かない車や車検切れ車両の不動車を買取する時にも、車の売り手であるユーザーに輸送費用を請求することなく、車の引取りが出来るのです。廃車買取業者のなかには、引取用のレッカー車を保有していない業者もいますが、不動車から得られる利益が自社負担の引取費用を上回るため、引取費用請求がない業者という場合もあります。

車検切れ後の不動車は長期間放置されていることも多く、タイヤの空気圧が弱くなってパンクしていたり、部品が固着しタイヤが転がらない状態で保管されていることもあります。このような状態の不動車の引き取りには、タイヤが転がることを前提とした牽引付のレッカー車ではなく、車を吊り上げるクレーンが付いたユニック車など、専用の装備がされたトラックが必要になります。

不動車の状況によっては引取トラックの手配料がかかる業者もありますが、廃車買取を専門に行うカーネクストなら、どのような状態でも基本引取費用無料で買取を行っています。

廃車買取業者なら不動車の廃車手続きも安心

廃車買取業者は廃車専門のため実績も多く、不動車の廃車手続きも安心して任せることが出来ます。

事故車や故障車または車検切れの車など今は使われていない不動車も、ナンバープレートを返納していない状態であれば登録上は他の車両と変わりません。廃車手続きを行っていなければ、所有者に維持費用がかかってしまいます。費用をかけないためには廃車手続きをしっかりと完了させる必要があります。

廃車買取業者に不動車買取を依頼すると、不動車の廃車手続き代行も同時に依頼することが出来ます。廃車専門の廃車買取業者では、複数台の廃車手続きを同時に承っているため、車一台の廃車手続きにかかる時間や手間を分散することが出来ます。複数台の手続きを同時に進行することで、費用負担を集約し、売り手の負担にならずに廃車手続きをすすめることが出来るのです。

廃車買取専門のカーネクストでは、運輸支局で行う廃車手続き代行もすべて無料で行います。廃車手続きの方法がわからない方や、手続きが面倒そうと敬遠している方も安心してご依頼いただくことが出来ます。不要な不動車の処分に費用を掛けたくない方、運輸支局までの移動手段がなく手続きが進まない方も、ご自宅にいながら車の売却と廃車手続きを完了させることが出来ますので、お気軽にお問い合わせください。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

不動車買取についてよくあるご質問

不動車買取や不動車の処分をするにあたって不安に感じることや、よくいただくご質問にこちらでお答えします。

Q.不動車は買取出来る?買取査定は出来る?

A.不動車の買取は出来ます。特にどんな車も買取出来る廃車買取業者であれば、不動車の状態にかかわらず買取査定を受けることが出来ます。

【POINT】不動車の買取査定を受ける時の注意点

不動車の買取査定を受ける時の注意点は、持ち込み査定を受けようとすると、車を売る前に費用が発生してしまう可能性が高いことです。

実車査定を受けるために、不動車を買取業者まで運ぶには費用がかかります。レッカー車を手配するとレッカー代がかかりますし、車両保険のロードサービスは一度しか利用できないことがほとんどで、今後利用できなかったり、2回目以降の費用がかかってしまいます。

持ち込んで査定を受けても業者に不動車の買取を断られたり、思っていた買取金額が付かず売却成立しないことも考えられますので、不動車の買取査定を受ける時は、電話やインターネットで査定結果を確認できる業者や、出張査定で出張費用がかからない業者を選び査定を受けると良いでしょう。

Q.不動車買取の時にお金はかからない?

A.不動車買取は、費用がかからない買取業者を選ぶことでお金をかけずに売却出来ます。

不動車の買取査定を受けて、提示された金額に納得し取引が成立したとします。車の売却完了までに、売り手側の費用負担が発生する場面は2つあります。

1つ目は不動車の運搬時、2つ目は廃車手続きの代行手数料です。不動車は動かない車または公道走行出来ない車のため、買取業者に車を持ち込む際に運搬手配が必要です。また、不動車にも廃車手続きの必要があり、廃車に必要な書類を用意した上で買取業者へ廃車手続きの代行を依頼します。

この2つの費用をかけずに不動車を売るなら、廃車買取業者に不動車買取してもらうことをおすすめします。廃車買取業者は不動車買取後、自社で利益化する仕組みを持っているため買取金額を付けることが出来て、不動車の処分費用とも相殺することが出来ます。

Q.不動車を所有することでかかる費用はいくら?

A.不動車を所有することでかかる維持費は、地域や車種のほか年式にもよりますが、都心部であれば一年間の維持費として約45万円~かかります。

都心部で車を一年間維持する費用の内訳は、自動車税、自賠責保険料(2年間の内の一年間)、重量税(2年間の内の一年間)、継続車検法定費用(一回分)、平均月極駐車場の賃料12ヶ月分です。特に都心部では駐車場費用が高額となっており、月額の平均賃料は35,000円で年間約42万円かかる計算となっています。

Q.不動車で使っていない車の自動車税も支払うの?

A.動かない車や車検切れの不動車を使用せず置いたままにしている場合も、車の登録はされているため自動車税は継続して課税が発生します

車検切れになると、地域によっては課税保留の対象となり自動車税の請求が届かなくなることがあります。しかし、その課税保留される前の期間の自動車税が支払いされていなければ、未納の税金がある状態となり、未納のまま納税していなければ延滞手数料がついている可能性があります。未納の税金があると廃車手続きが滞ることもありますので、心配な方は税事務所へ確認されることをおすすめします。

Q.不動車買取出来る廃車買取業者を探すポイントは?

A.不動車の買取が出来る廃車買取業者を探すなら、下記の3つのポイントを抑えておきましょう。

  1. 不動車の引取作業が可能なトラックを持ち、引取費用無料であること
  2. 中古車としての価値はなくとも、車の素材や部品を活かす設備と販路があること
  3. 車検証情報が古い時も、廃車手続きに対応できる廃車実績が多い業者を選ぶこと

上記3つにあてはまる廃車買取業者を選ぶことで、買取額がつきやすく、余計な費用をかけることなく不動車買取をしてもらうことが出来ます。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

まとめ

不動車買取

処分にお金がかかりそうな不動車買取が出来る理由や、不動車買取をしてもらうなら廃車買取業者がおすすめである理由について、解説しました。

不動車でも保有していると、ガレージ代や自動車税がかかって所有者が損をしてしまいます。不要になった不動車がお手元にあるなら、ぜひ廃車買取を専門に行っているカーネクストまでご相談ください。

特に事故車や故障車、車検切れの車などの不動車で、他社で費用がかかるといわれてしまった車や引取不可だった車も0円以上の買取保証を行っていますので、お気軽にお問い合わせください。カーネクストの不動車買取は、全国対応しています!(一部離島を除く)
 無料の不動車買取依頼ならカーネクスト

【POINT】不動車を置いておくと罰金が科せられることも

まず車を所有していると、保管費用(駐車場代、ガレージ代)がかかります。不動車のため使うことが出来ない車を保管しておくためにガレージ代を支払い続けるのは、賢い出費とはいえません。稀にガレージ代を浮かせるために不動車を路上放置しているケースが見られますが、路上放置は不法投棄と判断されます。5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金が科されることもあります。不動車にガレージ代をかけるのも法律違反の路上放置をすることも、どちらもデメリットでしかないのです

【POINT】不動車の自動車税負担は馬鹿にならない

不動車であっても運輸支局上に登録がある車を保有しているだけで、所有者には課税義務が発生するため税金がかかっています。例え運転していなかったとしても、車を所有している方には毎年4月1日に自動車税が課されるのです。自動車税は車を使用しているかどうかに関わらず、保有しているだけでかかります。自動車税は決して安くない上に、使用していない車に支払わなければいけないのは勿体ないですよね。特に自動車税は年式が古くなると重課制度もあります。古い車で不動車、放置となると課税される自動車税もだんだんと高くなってしまうのです。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。