走行距離20万キロ以上の車でも売ることが出来る!?

廃車のコラム

一度、車の売却をしたことがある方なら聞いたことがあるかもしれません。
車の売却の一般的な基準は、『走行距離10万キロ』『年式10年落ち』、この区分を超えているかどうかで買取査定の金額は大きく変わるのです。
とくに大手中古車買取店などでは、この区分次第で次の購入するユーザーの購買意欲が大きく違ってくるため、買取にも影響が大きく出てしまいます。
では、もう走行距離が20万キロを超えてしまっていたら、買取はつかないのでしょうか。
実は、走行距離が20万キロを超えてしまっても買取をしてもらうことは可能なのです。
今回は過走行車であっても買取が出来る理由と、おすすめの売却先をご紹介します。

どんな状態の車でも本当に高く買ってくれるの?
  • 20万キロ走ってる車でも高く売れるの?
  • 低年式の古い車でも高く売れるの?
  • 廃車費用が無料って本当?
  • レッカー費用が無料って本当?

過走行車を買取してもらうには

一般的な過走行である10万キロを大きく超えた20万キロ以上の走行距離の車がなぜ買取をしてもらえるのか不思議ですよね。
過走行であっても、買取ができる理由は2つあります。

過走行車であっても車の価値は0円以上

過走行車、事故車、放置されてボロボロの車であっても、車には0円以上の価値が必ずあります。それは車にもともと使用されている素材に、価値があるためです。
車は、鉄や非鉄金属であるアルミなどで作られています。この金属素材は、日本で容易にとれる資源ではないため、自動車メーカーの製造工場では再資源の一部を再利用しています。そのため廃車買取を専門に行う業者では、使用済自動車をを回収後自社のリサイクル施設で鉄や非鉄金属素材を溶かして再資源化し、メーカーや整備工場へ売却して利益を得ることができています。

海外では走行距離がマイナスになりづらい

日本の中古車買取店で査定を受ける際に大きな影響がある『走行距離』『年式経過』『事故修復歴』というマイナス要素は、実は海外での売却の際にはあまりマイナスにならないことがあります。
それは、海外ユーザーからすれば、日本国内で流通している車の状態は『良』であり、状態の良い車が多いためです。
もともと海外には自動車検査登録制度という、一定期間ごとに受けなくてはいけない決まりがありません。そのため、水漏れやオイル漏れがあっても修理して走行している車も多く、定期的なメンテナンスを受けていない車も多いのです。
しかし日本国内では車検に通っていなければ公道を走ることも出来ません。そのため、日本で過走行車で低年式の車であっても、車検を通して定期的にメンテナンスを受けている車は状態が良いと判断されるため、海外輸出をすれば売却を見込めるのです。
また、国内のユーザーは中古車を購入する際に事故修復歴があるとトラブルがあるかもとマイナスに考える方も多いのですが、実は海外では事故修復歴のマイナス影響はあまりありません。
その要因の一つが、国内から海外へ輸出する方法にあります。輸出をする際に、コンテナへ積み込み車を運ぶのですが、車として輸出するよりも一旦解体してしまい工業部品として輸出を行い、海外で再度組み立てた方が輸送コストをかけずにすむのです。解体を行ってしまうため、もともとの事故修復歴があってもなくても査定にはあまり響かなくなっています。

過走行車をお得に買取してくれるおすすめの売却先

では、具体的に20万キロ以上の走行をしている車を売却するとなったら、どのような業者へ売却をすればお得に買取をしてもらえるのでしょうか。
おすすめの売却先を2通りご紹介します。

過走行車も必ず0円以上の廃車買取専門業者

まずは車の価値を0円以上で査定することが可能な廃車買取業者へ見積もりを依頼されることをおすすめします。
車の買い替えを考えている方は、ディーラーに下取り査定依頼をされることが多いのですが、ディーラーには使用済自動車の処理を自社で行う設備を持つ業者はほとんどいません。そのため、過走行や低年式などの再販が難しい車は廃車専門の業者へ下取り後売却しており、ディーラーにはほぼ利益がでないため、買取をつけることが難しく引き取り処分のみで0円査定になったり、処分費用がかかってしまう場合があるのです。
自社で自動車リサイクルの施設を保有していて、素材やリサイクルパーツ再販の販路をもつ廃車買取専門の業者なら、廃車の引取りからリサイクル後の再販、手続きに至るまで一貫して自社で行えるため中間マージンもかからず、最も買取がつきやすくなっています

>カーネクストなら廃車引取から手続きまで可能

過走行車の買取査定が高い傾向にある海外輸出販路を持つ業者

海外に輸出の販路を持つ業者は、過走行であっても中古車自動車としての利用をすることがあったり、車の価値を高く売却できる可能性があるため、国内の中古車買取店の査定に比べて高価買取がつきやすい傾向にあります。
特にメーカーにはよるものの、商用車のバンやワゴン、ディーゼル車などは、低年式車で過走行な車であっても高額になりやすく、輸出先に開発途上国などがある業者では、修理のしやすい低年式のガソリン車やディーゼル車に人気があることから、過走行車でも走行可能なら高価買取をしてもらえることも多くなっています。中でも人気の高いトヨタのハイエースやカローラシリーズは、走行距離が多くてもメンテナンスを怠っていなければ長く乗り続けることが出来ると、国内外での認知度も高いため高額買取が期待できる車種となります。

>トヨタのハイエースやカローラシリーズは高価買取が可能

まとめ

このように過走行で20万キロ以上を走行してきた車でも買取がつくことをご紹介しました。中でもメンテナンスを欠かさず長く愛用されてきた車ほど買取はつきやすい傾向にありますので、日常の車のメンテナンスを欠かさずに乗ることも将来の高額売却のための方法の一つです。
また、走行距離が多すぎるという理由で査定が0円だった方は、廃車買取を行っており、海外への販路をもっているカーネクストで一度見積もりをとってみることをおすすめします。