車検切れの車は廃車できる?注意点は?

廃車のコラム

車の状態によっては、車検切れを機に廃車したり、廃車する予定の車が車検切れだったということもあります。

車検が切れている車の廃車と、車検が切れていない車の廃車を比較すると、どのような手続きが必要なのでしょうか。

そこで、車検切れの車を廃車する際の注意点について解説します。

車検が切れた車でも廃車にできるの?
  • 廃車手続きはどうするの?
  • 廃車費用はかかるの?
  • レッカー費用取られない?。
  • 車検切れでも売れたりしない?

どんな車でも高価買取しております!

お客様の問題はすべて解決!!

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

車検切れの車でも廃車できます!

車検が切れている車でも、廃車することは可能です。そこで、車検が切れている状態の車を廃車する際の手続きや流れについてご説明します。

車検切れに詳しい記事はこちら】

解体して廃車の手続きをするだけ

車検が切れた車を廃車する場合は、該当の車の解体後に運輸支局(軽自動車は軽自動車検査協会)で手続きをします。車検証を紛失している場合は再発行の必要があります。なお、廃車する車に「ローン」が残っていても、所有者名義が本人であれば廃車可能です。

はじめに、解体業者に持ち込んで車を解体してもらう必要があります。該当の車は車検が切れているため、このまま公道を走れません。仮ナンバーを取得するか、レッカーで解体業者まで持ち込みましょう。車検切れしている車の場合、自走するにはなんらかのトラブルを抱えている可能性があり危険なので、レッカーで解体業者まで持ち込むことをオススメします。

次に、車検証の問題です。車検証がないとその車を廃車にすることはできませんが、車検証は再発行が可能なので、その手続きを行いましょう。また、「現在登録証明書」でも車を廃車できますので、運輸支局にて相談してください。

次に、廃車する車に「ローン」が残っている場合について。ローンが残っている車の廃車に関しては2つのパターンがあります。

一つ目は、「所有者が使用者本人である」場合です。ローン残債に関わらず廃車可能ですが、ローンの返済義務自体は残ります。

二つ目は、「所有者がローン会社等、使用者以外」の場合です。この場合、所有者が異なるので廃車できません。廃車するためには所有者の許可が必要ですが、ローン残債の一括返済を条件として求められます。なお、ローンを完済しても自動的に所有者が移転するわけではないので注意が必要です。

必要書類と手続きの流れは?

廃車に必要な手続きについて解説します。ここでは、「永久抹消登録」(軽自動車は「解体返納」)について説明します。

「必要書類」は、以下をご覧ください。必要書類は廃車するのが「普通自動車」か「軽自動車」かによって微妙に異なります。

①普通自動車の場合

  • 自動車検査証
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 本人確認書類
  • ナンバープレート
  • 運輸支局で取得可能な書類(「永久抹消登録申請書」「手数料納付書」「自動車税・自動車取得税申告書」)

②軽自動車の場合

  • 自動車検査証
  • リサイクル券
  • 認印
  • 本人確認書類
  • ナンバープレート
  • 軽自動車検査協会で取得可能な書類(「解体届出書」「軽自動車税申告書」)

普通自動車の場合、①の必要書類を集めて、その地域を管轄している運輸支局(陸運局)で廃車手続きを行うことができます。廃車するのが軽自動車の場合は、その地域を管轄する軽自動車検査協会で手続きします。

目次へ

車検切れの車を廃車にするときの注意点は?

車検切れの車を廃車にする際に注意するべきポイントとは何でしょう。車検切れの車を廃車にもっていく際に注意が必要なことや、税金について詳しくご説明します。

公道を走らせるには仮ナンバーが必要

まずは、公道を走らせることを考慮して「仮ナンバー」を取得する必要がある点です。市区町村役場で発行していて、有効期間や経路が決まっているので注意しましょう。また、「自賠責保険」に加入しなければならない(1ヶ月から加入できる)点にも注意が必要です。

車検が切れているということは、公道での走行が不可能な状態になっています。そのような車を公道で走行させるためには「臨時運行許可」が必要です。

臨時運行許可とは、いわゆる「仮ナンバー(赤い斜線の入ったナンバープレート)」のことです。車検の切れた自動車や未登録自動車が、新規検査・登録の継続検査の目的で運輸支局まで運行する場合、運行目的と期間、経路を明確にすることを条件に特例的・限定的に公道の走行を許可し、市町村が臨時運行許可番号標を貸し出す制度となります。

その申請には、以下の書類等が必要です。

  • 臨時運行許可申請書
  • 車検証または登録識別情報等通知書または一時抹消登録証明書または自動車予備検査証など、自動車を特定できる書類
  • 自動車損害賠償責任保険証明書
  • 印鑑(認印でOK)
  • 本人確認書類

このために自賠責保険に加入している必要があります。すでに解約している場合は1ヶ月単位で加入できるので、最短単位で加入しておきましょう。

車検切れ後の自動車税は?

車検が切れた後の「自動車税」について解説します。当該自動車税が引き続き課税されるか保留になるかは、自治体によって扱いが異なります。また、継続的課税でない場合でもあくまでも「保留」であり、課税義務そのものが免除されているわけではない点に注意が必要です。なお、廃車後に自動車税が課税される自治体もあります。

目次へ

廃車買取業者に依頼すると簡単

ここまで、車検の切れた車を廃車する方法について説明してきましたが、多くの人が「面倒だな。」と思ったのではないでしょうか。そのような人たちにオススメしたいのが「廃車買取業者を利用する」という方法です。

諸費用は無料!買値がつく場合も?

廃車買取の中でもカーネクストであれば、基本的に業者が無料で廃車手続き等に対応してくれます。

また、状態のよい車であれば無料どころか買値がつく場合もあるのです。廃車の料金がかからず、手続きの手間も代行してくれるため、カーネクストをオススメします。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

では、なぜ廃車予定の車に買値が付くのでしょうか。たしかに状態がよい車であれば、そもそも普通に業者に買い取ってもらえばよいだけの話です。しかし、「廃車するしか無い」と判断に至る車でも、カーネクストならば値段を付けることができるのです。

ちなみに、カーネクストでは買い取った車を海外に輸出したり、パーツを再利用したりして利益を確保しています。

買い取った廃車を流通させるための経路を確保しているため、普通の買取業者では値段をつけられないような状態の車であっても買値をつけることができるのです。状態の悪い車でもなんらかの価値を見出すことができるため、少なくとも無料で引き取ってもらえます。

車検切れの車を廃車買取業者に依頼するときの注意点は?

車検切れの車を廃車するのであれば、とにかくレッカー車の費用が無料であることに注意する事が必要です。

「車検切れの車でも買取します!」と謳っていても、車の運搬に費用がかかってしまっては、せっかくの買取額も少なくなり、場合によっては結局マイナスになる可能性だってあるのです。

もう一点の注意点は、上記でも触れている通り牽引タイプでも公道を走る事ができない車ですので、事前に廃車買取業者に車検が切れていることを伝えてレッカー車でも積載車の手配を行なってもらうようにしましょう。

※当然、カーネクストではレッカー移動は無料です。

目次へ

まとめ

車検の切れた車でも廃車することは可能ですが、廃車のために業者に車を持っていかなければならないことと、ローンの残りがあると手続きなどが面倒になります。

解体には費用もかかるでしょう。カーネクストであれば廃車買取や無料引き取りを行っているので、手間を減らしてお得に車検切れの車を処分することができます。まずは問い合わせをして、必要な手続きについて相談してみてください。