自分で車の廃車は出来る?廃車に必要な費用や手続きはどうするの?

廃車手続きの基礎

「事故を起こしてしまって、破損した車の処分に困っている」「とても古い車で売ることはできないけど、乗らなくなったので処分したい」と考えていて、廃車について悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
そういった場合、まず「廃車手続き」をしなくてはいけないと思いますが、初めての廃車手続きとなると、何をどうすれば廃車手続きが出来るのかもわからないですよね。特に車に詳しくない、初めての廃車という人には敷居が高く、廃車をする前から不安になってしまいそうです。今回は、そんな廃車手続きが初めての人にもわかりやすく、廃車手続きの方法や、廃車に必要な費用を抑えて廃車手続きを進める方法をご紹介します

廃車を買取ってくれる業者があるって本当?
  • 事故車や不動車、故障車でも買取ってくれるの?
  • 低年式・過走行車でも高く売れるの?
  • 廃車費用が無料って本当?
  • レッカー費用が無料って本当?

どんな車でも高価買取しております!

お客様の問題はすべて解決!!

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車にしたい車ってどうすればいい?どんな手続きが必要?

では、自動車を廃車したいとなった場合、どのようにすれば良いのでしょうか。
「自分で」車の廃車を行う場合、廃車手続きが必要になります。

廃車手続きと聞くと、書類をたくさん書いたり、必要な書類を揃えなくてはいけないため、難しい層で面倒というイメージの方も多いかもしれませんが、廃車手続き自体は誰でも行うことができます。

まず、廃車手続きには2つの種類があります。それは「永久抹消登録手続き」「一時抹消登録手続き」です。それぞれについて説明します。

永久抹消登録手続きとは

永久抹消登録手続きとは、既に自動車の解体が済んでいる場合や、自然災害などで自動車が使えなくなってしまった場合に行う廃車手続きです。 ディーラーなどのお店に依頼する場合と、自分自身で行う場合で用意する書類の数が変わります。自分で永久抹消登録による廃車手続きを行うとなると、準備が必要な書類の数は多くなります。

一時抹消登録手続きとは

一時抹消登録手続きとは、一時的に自動車の使用を中止する場合に行う手続きです。こちらの廃車手続きも、ディーラーなどのお店に依頼する場合と、自分自身で行う場合で用意する書類の数が変わります。自分で一時抹消登録による廃車手続きを行うには、必要な書類数は多くなります。

どちらの廃車手続きも、登録申請は管轄の「運輸支局」で行うので、運輸支局へ行くまでに事前にどのような書類が必要なのか、どういう準備をして行けば良いのかを確認しておくことが無難です。特に運輸支局まで遠いという方や、運輸支局が平日のみの申請受付のため仕事を休まなくてはいけない人は、準備をしっかり行い、何度も運輸支局に行かなくても良いようにしておかなくてはいけません。ただし、廃車買取業者の中には、廃車手続き自体を代行してやってくれるところもあるので、その場合自分で運輸支局に行く手間をかける必要がなくなります。負担に感じる方は、廃車買取業者など、業者へお願いするのも一つの手です。

事業用登録されている自動車の廃車手続きをする場合

車を登録申請する際に、個人で使用する車のほとんどは自家用車となりますが、仕事で利用する車の場合、輸送課を経由し事業用に登録している方もいらっしゃいます。事業用に登録されている普通自動車・軽自動車の廃車手続きを行う場合は、事業用の車を減車または事業の廃止の届け出を行い、事業用連絡書と手数料を納付し輸送課の印鑑が押された納付書が必要になります。軽自動車の場合は通常の廃車手続きに必要な書類と事業用自動車連絡書と納付書があれば、廃車手続きが行えますが、普通自動車の場合は管轄をまたぐ廃車手続きを行う場合は制限車種が設けられており、【バス、タクシー、積載のない事業用自動車】の場合、一旦管轄の運輸支局で白い自家用ナンバーを購入し、再度その白い自家用ナンバーを返納して、通常の抹消手続きを行わなくてはいけません。このように転入抹消をしなくてはいけないため、自家用転抹といわれているのです。

廃車手続きにはお金がかかる…費用を抑えて手続きを進めるためのポイント

廃車手続きを申請するには、さまざまな廃車の費用が発生します。廃車の状態や車種によって費用は異なりますので、項目別にご紹介していきます。

廃車手続きの登録費用(手数料)

廃車手続きには、それぞれ以下の費用が必要となります。

永久抹消登録による廃車手続き:登録申請書の用紙代約100円

一時抹消登録による廃車手続き:登録申請書の用紙代約100円手数料350円

廃車本体の引き取りに必要な費用

廃車の引き取りに関しては、自分で解体業者に自動車を持ち込むと移動するための費用は発生しません。
しかし、廃車する自動車によっては、不要になってから放置していたためエンジンが壊れていたり、故障や事故で全く動かなくなっている自動車もあります。このように車の移動が出来ない場合は、レッカーを手配し、解体業者に持ち込む必要があります。
レッカー車での運搬料金は、基本的に移動距離によって課金されるため、できる限り廃車する自動車の保管場所から近い解体業者に持っていくことをおすすめします。自動車の移動距離による課金なので、あくまでも目安ですが、レッカー車の手配の費用は10,000円~30,000円が相場となっています。
車検が切れていない、自走が可能な車であれば、解体業者に持ち込みをすると良いでしょう。

廃車する所有者がする自動車のリサイクル料金

自動車を廃車する場合は、車一台ごとに決められているリサイクル料金の支払いが必要となります。リサイクル料金は、自動車の種類によってメーカーが設定しているため異なります。また、エアバッグやエアコンがついているかどうかなど車の状態によっても違います。リサイクル料金の目安としては普通自動車であれば、およそ8,000円~20,000円ほどかかると想定しておきましょう。ただ、このリサイクル料金は2005年にリサイクル法が施行された後、基本的には自動車の新車購入時に所有者が支払うようになっていますので、それ以前の自動車である場合を除き、すでに支払いを済ませている可能性が高く、廃車時にはリサイクル料金の費用が請求されないことが多くなっています。リサイクル法が制定される2005年以前に自動車を購入された方で、車検時などでもリサイクル料金を支払っていない場合のみリサイクル料金が発生しますが、この時は引取解体を行う業者から必要な金額のみを請求されますので、支払うようにしましょう。

廃車する車の解体費用

廃車する車を解体する際に、廃車解体業者に請求される費用が解体費用です。廃車予定の自動車を引き取った業者により、「売れる再利用が可能な部品」と「売れない廃棄が必要な部品」とに分別が行われます。その解体にかかる費用と、再利用が可能でリサイクルパーツとして売れる部品の売却費用のバランスを見て、廃車解体業者により解体費用が決定します。廃車解体の費用は、解体業者によって異なりますが、10,000円~20,000円程度必要になる場合があります。車によっては無料で引き取ってくれる場合もあります。

永久抹消登録の廃車手続きにかかる廃車費用一覧

永久抹消登録による廃車手続きを行う場合にかかる費用の合計は、約28,000円~70,000円です。

  • 廃車登録手続き費用   約100円
  • 引き取りのレッカー費用 約10,000円~30,000円 ※距離による
  • リサイクル料金     約8,000円~20,000円 ※未預託の場合
  • 解体費用        約10,000円~20,000円

一時抹消登録の廃車手続きにかかる廃車費用一覧

一時抹消登録による廃車手続きを行う場合にかかる費用の合計は、約11,000円~31,000円です。

  • 廃車登録手続き費用   約100円+手数料350円
  • 引き取りのレッカー費用 約10,000円~30,000円 ※距離による

廃車手続きの際に手元に戻る費用もある

また、廃車手続きをした際に車検の有効期間内であり、自賠責保険の満了まで期間がある場合、廃車手続きをしたことにより残っていた期間分の保険料が月割の金額分が返戻金として手元に戻ります。

・普通車は残り月数×約960円

・軽自動車は残り月数×約900円

※自賠責保険料の返戻金は廃車手続きをした日ではなく、解約手続き日より月単位での計算です。

お金がもらえるケースもある!?廃車手続きをお得に進めるには

費用の計算

上記で、廃車手続きや廃車の解体費用がかかると説明してきましたが、廃車手続きで費用を削減する方法や、廃車手続きをすることでお金がもらえるケースもあります。それぞれについてご紹介します。

永久抹消登録手続きをして還付金がもらえる

永久抹消登録手続きは、車を完全に解体と廃車手続きをするため、もう車には乗りませんということです。そのため、車を維持するためにかかっていた自賠責保険の保険料や自動車税や重量税などの税金を納める必要がありません。納付が不要になった「自動車税」「自動車重量税」「自賠責保険」の車検有効期間分で残っていた期間分が還付金として返ってくるのです。そのため、不要な車の廃車手続きは早急に行う必要があります。

廃車を買い取ってくれる廃車買取業者がある

自分で廃車手続きを全て行おうとすると非常に大変ですし、面倒さもあります。さらに廃車に費用もかさんでしまいます。ところが、廃車を買い取って、廃車手続きなどを代理で行ってくれる廃車買取業者(カーネクストなど)もあります。

車の引き取りは自分で持ち込むと費用はかからない

上記でも軽く触れましたが、廃車する自動車を自分で解体業者まで運ぶと、車の引き取りにかかる費用は発生しません。また、レッカーの移動距離によって運搬にかかる料金は変動しますので、廃車する車の保管場所から近い解体業者を選ぶことで、廃車を移動させるための引き取り費用を削減することができます。

まとめ

  • 永久抹消登録をすることでもらえる還付金がある
  • 廃車を買い取ってくれる廃車買取業者がある
  • 車の引き取りは自分で持ち込むと廃車の費用はかからない

上記3つが、廃車手続きをすることでお得になることです。廃車に必要な廃車手続きの方法や費用、廃車をお得に行う方法などを説明しましたが、自分一人で全てやろうとすると非常に大変です。できれば信頼できる「廃車買取業者」に任せることをおすすめします。廃車買取業者は、廃車を解体し、その車の中でも「ワイパー」や「エアバック」など再利用できるような売れる部品を解体する際に取り出して、リサイクルパーツとして全国だけでなく海外にまで販売しています。また、廃車を専門に取り扱っている業者のため、さまざまな廃車手続きの代行業務を行っている経験があり、安心して任せることができます。車の乗り換えの際に廃車を合わせて依頼していたり、下取りに出していた経験しかない方にとっては、ディーラーに引き渡す方法が最も簡単で安心と思われるかもしれません。しかし、ディーラーや自動車販売店の場合、廃車を活かす販路を持っていない可能性も多く、廃車解体をしたり、廃車手続きを外部に依頼している可能性もあるため、実は中間マージンを取っていることもあります。そうなると、廃車することでもらえるはずのお金が減ってしまったり、逆に廃車費用が増える可能性もあります。もしも廃車や廃車手続きを第三者に任せるのであれば、損しないように「廃車買取業者」に任せることをおすすめします。廃車手続きをどうすればよいか、廃車にお悩みの方は、廃車買取を専門に行っているカーネクストまで一度ご相談ください。

 

動かない車でもパーツ売り

エンジンがまったく動かない車でも買取はできるのか?とご質問をいただきます。他社だと買取どころか、処分費用を請求されます。確かにエンジンの状態が買取金額を大きく左右します。ただし、カーネクストですと自社工場で車を解体することができます。
ですので、使えるパーツだけを選別し、販売することができます。

ダイレクト販売で需要に的確

全国に約1,000社を超える提携業者がございます。カーネクストなら業界内で需要のない車でも必要とする場所に車を卸すことができます。流通の多かった車や日本国内であまり乗られていない車などの価値を引き出し、お客様に買取金額として全力で還元してまいります!

ワールドワイドに販売

15万キロ超えの車や15年前の車など、日本で現役を終えた車は海外でまだ活躍できます。日本車は海外でも高い評価を受けており、頑丈で安全性の高さが評判です。ただ国外で販売できるのはすべての業者が行えるわけではございません。海外に販路をもっているカーネクストだからこそ車に価値を見いだすことができます。

  • 査定・ご契約
  • お引取り
  • 書類ご準備
  • お振込み

申し込みから、振込みまでお手間は取らせません。査定は電話のみで完了!必要な書類もこちらからご案内致しますので、揃えていただくだけ!!あとはこちらがすべて代行致します。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。

北海道・東北地方
四国地方