新車を安く買う方法は?タイミング?交渉術?

自動車の困り事

新車を購入するとなると、数百万円もの大きな出費になるのは必須です。

なので、可能な限り安く買いたいと色々と試行錯誤されることでしょう。

実際、工夫次第で数万円から数十万円の違いが出る場合もありますので、ここではどんな方法で安く買えるのかをご紹介しましょう。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

購入タイミングだけで安くなる?

一つ目の新車を安く購入する方法としては、購入のタイミングが挙げられます。

そのままの意味ですが、購入の時期を調整するだけで自然と車が安く購入できる事があるのです。

年度末決算のある3月が狙い目

車を売っているのは当然会社ですので、年度末決算なるものが存在しています。

この年度末決算の時期では、車を販売しているディーラーが課せられているノルマを達成できるかできないかの重要な時期となるのです。

もし、ノルマ未達となれば、翌年度のメーカーからの待遇が大きく変わってしまい、インセンティブの減額だったり、あまりにも悪い場合はメーカーから代理店契約を解除される可能性もあるのです。

よって、それを回避するために、この決算時期になると普段では難しい金額の値引きをしてでも、車を販売してくれるようになるのです。

商談成立が3月前半になるように調整

もっとも3月内であれば、いつでも割引が大きな契約ができる訳ではありません。

その年度の売上にカウントされるのは、3月中に新車登録が完了した車に限られますので、3月中に商談が完了しても、新車登録が完了していなければ対象外でとなり、値引きも通常通りに戻ります。

特に車庫証明は1週間ほどかかるため、逆算して3月前半までには商談を成立させておく必要がある計算になります。

他の時期でも安くなるタイミングがある

3月の年度末決算が最も安く購入できるといっても、それまで車の購入を待てないという方も一定数は存在するでしょう。

そういった方でも、ご安心ください。

年度末決算ほどではございませんが、9月の中間決算期や、6月と12月のボーナス商戦もディーラーでは厳しいノルマが課せられるため、値引きされやすいと言われています。

毎月のノルマを細かく設定しているディーラーなら、月末が近づくにつれ、未達成の営業担当者が積極的に値引きに応じてくれる可能性もあるでしょう。

モデルチェンジのタイミング

他にも、購入を希望している車種でモデルチェンジが行われる場合、新車で安く買うチャンスとなります。

モデルチェンジする車は、あらかじめ時期がアナウンスされるので、末期に近づくほど現行モデルの値引きが期待できるでしょう。

もちろん新型と比べれば性能や装備の価値は落ちるかもしれませんが、一度のモデルチェンジで劇的に性能が変動する事はありませんので、普通に乗る分には特に問題ありません。

新車を交渉術で安く買うコツ


過去に経験がある方はご存知かと思いますが、新車はディーラーとの交渉によって安く買える可能性があります。

ただし、その交渉にはいくつかコツとなるポイントが存在します。

あくまで検討中という姿勢で

まずは、いきなり買う気満々という意思を明かさず、他の車と迷っているという姿勢を見せるのが重要となります。また、いつまでに購入したいなどの期限も未定という設定で望む必要があります。

期限が決まっていると値引きが期待できないのと同様に、購入を決めている車や予算を明らかにするのも交渉の場にとっては弱みになりますので、直前まで曖昧にしておきましょう。

そうする事で、ディーラー側の心理としては見込み客をなんとか購入に誘導しようと、メリットや特典を開示していく事になります。

価格競争を起こす

交渉で大事な2つ目のポイントは、他のディーラーとで競わせるという事です。

例えば本命がトヨタのヴィッツである場合、日産ならノート、マツダならデミオ、ホンダはフィットがライバルになります。

同じトヨタ内にもパッソがあり、ヴィッツはネッツ店、パッソはカローラ店と販売チャネルが異なります。

少し手間がかかりますが、それぞれの見積もりを取っておけば交渉の材料になり、営業担当者も負けじと値引きに応じてくれるでしょう。

値引き交渉の注意点

ただし、どんなに粘っても1つのディーラーにつき値引き交渉ができるのは3回までです。それ以上になると買う気が無いとみなされ、営業担当者の心証が悪くなってしまいます。

ここで初めて値引きして欲しい額を提示し、あとは話し合いで妥協点を見つけるという流れになります。

値引きの目安としては、おおよそ車両本体価格の10%か、30万円が値引きの限界だと言われています。

また、ディーラーによっては本体で値引きできない代わりに、オプションや諸費用を無料にしたり、値引きしたりすることでカバーする場合もあります。※特にナビは狙い目です。

商談がまとまったら、下取りの交渉に入ります。最初から下取りも含めて交渉すると、本当の査定額や値引き額が分かりづらくなるからです。そこで納得のいく査定額が出なければ、買取を考えたほうがいいでしょう。そのためにも、あらかじめ買取業者から見積もりを取っておくのがおすすめです。

交渉では、どうしても客という立場から傲慢になってしまいます。

ディーラーとは買った後も長い付き合いになりますし、信頼関係が構築されればお得なサービスを受けられるでしょうから、あくまでも謙虚な姿勢で丁寧な言葉遣いで臨みましょう。

車の買い替えを検討の場合
今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路を持っているカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

ローン購入はできる限り安い金利を


数百万円もする車を買うときに、現金で一括払いするのは、あまり現実的ではありません。

そうなるとローンを利用して新車を購入する事になりますが、ローンを利用すると当然のように利息が発生します。

もし、ここであまりに金利の高いローンを組んでいたのでは、頑張って新車費用の値引きしても±0円では意味がありませんので、注意が必要です。

ローンの種類と特徴

ディーラーでは「ディーラーローン」をすすめられるでしょう。

一方、銀行にも「マイカーローン」があります。

ディーラーローン

ディーラーローンは、ディーラーと提携している信販会社やクレジット会社によるローンで、年利は3~7%くらいで、残価設定型にしたりキャンペーンが適用されたりすると低くなります。

ディーラーローンのメリットは、比較的審査に通りやすく、手続きも簡単なところです。

その代わり「所有権留保」といって、返済している間の所有権はディーラーのままというデメリットがありますので、完済して所有権留保を解除しないと自分のものになりませんし、売却もできません。

またディーラーローンは、借りるときに完済までの利息額が計算されていて、借入額と利息額の合計を返済期間に応じて等分する仕組みです。そのため繰り上げ返済すると、余分な利息を支払う破目になってしまいます。

マイカーローン

対する銀行のマイカーローンは、年利が2~5%ほどです。

一般的に審査は厳しく、職業や年収の制限があり、手続きに必要な書類を自分で用意する必要があり、実際の融資までには時間がかかってしまいます。

最悪なケースは、期限までにディーラーに入金できずに売買契約が解除され、違約金が発生するパターンです。

ただし所有権留保はありませんし、繰り上げ返済の効果も絶大で、何より金利の安さが一番の魅力です。

普段から住宅ローンや給与振込など、取引のある銀行のマイカーローンであれば審査に通りやすいでしょう。

金利差が及ぼす具体的な金額

いくら文字でご紹介したとしても、実際に数字で見てみないといまいちイメージしにくいでしょうから、ここからは具体的な金額で見てみたいと思います。

例えば200万円の車を買い、5年(60回)払いでローンを組んだ場合、年利2%と7%では以下の違いがあります(固定金利、元利均等方式、毎月の返済のみでボーナス払いは無し)。

年利 毎月の返済額 総返済額(うち利息額)
2% 35,055円 2,103,301円(103,301円)
7% 39,602円 2,376,109円(376,109円)

このように2%と7%では、利息で27万円以上もの差が出てくるのです。

たとえディーラーローンの利用で車両本体価格が安くなっても、この差を埋め合わせるのは難しいものです。

なお、ローンの金利は固定金利と変動金利の2種類があり、固定金利は返済中ずっと金利は変わりませんが、変動金利は短期プライムレートを基準として半年ごとに見直されます。

そのため、変動金利のほうが低めです。

短期プライムレートは2009年以降、年1.475~1.725%の間で安定していますが、1974年と1980年には年9.25%まで上昇したことがあります。

いくら金利が低くても、そのようなリスクがあることを承知しておきましょう。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

下取り・買取で費用の軽減を


新車を買う理由が今乗っている車からの乗り換えの場合は、現在乗っている車を下取りしてもらう事で値引きされて購入金額が安くなりますし、買取に出せば買うための資金に充てられて負担を軽減されます。

手軽さを重視するなら下取り

ディーラーへの下取りと、中古車買取の2通りの方法がありますが、手続きの手間を最小限に抑えようと考えるのであれば、断然ディーラーへの下取りが簡単です。

なんせ、購入した新車の納車日に今まで乗っていた車で行き、帰りはそのまま旧車を置いて新車に乗って帰るだけでいいのです。

もちろん、その際に廃車手続きに必要な書類をディーラーに渡す必要はありますが、これ以上簡単な方法はないでしょう。

ただし、ディーラーでの下取りの場合は、下取り価格が基本的に低いというデメリットが存在しますので、新車乗り換えの総コストを重視する場合はお勧めできない方法となります。

安さ(総コスト)を重視する場合は買取

ディーラーでの下取りに対して、単純に査定額で考えるとやはり買取のほうが有利です。

特に車のコンディションが良いほど、買取額は大きくなりますので、下取りとの差は大きくなります。

この方法では、買取業者に今の車を売る方法をとった場合は、現在の車を売るための契約と手続きが必要になり、並行して新車購入のための契約と手続きを行う事になりますので、なかなか面倒です。

しかし、それだけの苦労をかける価値はあり、下取りよりも高い金額で売れたお金をそのまま新車購入の資金に充てる事ができるのです。

もっとも、年式が古かったり走行距離が多かったりする車は、下取りでも買取でも値がつかず、買取拒否をされたり、処分費用を請求される場合があります。

そのような状況の場合は弊社カーネクストのような廃車買取業車を使う事になるでしょう。

まとめ

新車は年度末などタイミングによって安く買えますし、営業担当者との交渉でも値引きしてもらうことが可能です。

金利の低いローンを組んだり、現在乗っている車を下取りや買取してもらったりすれば、買うときの負担を軽減できます。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。