古くてボロボロ、人気がない車でも高く売る方法!

廃車のコラム

何年も乗っていると足回りに錆も出て、シートも草臥れ、塗装が色落ちしてしまっている。
そんな長く愛用している車の廃車には費用がかかってしまうのでは、と不安に思う方も多いのではないでしょうか。
実は、古くてボロボロ、型落ちして人気がない車であっても、高く売却できる方法があるのです。

処分費用が掛かるかもと置いている間に車の維持費はかかってしまっています。車をお得に売却する方法を参考に廃車を考えてみてください。

どんな状態の車でも本当に高く買ってくれるの?
  • 事故車や不動車、故障車でも高く売れるの?
  • 低年式・過走行車でも高く売れるの?
  • 廃車費用が無料って本当?
  • レッカー費用が無料って本当?

どんな車でも高価買取しております!

お客様の問題はすべて解決!!

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

古くてボロボロでも高く売れる理由とは

古い車の写真

年式が古く外装も内装もボロボロの状態の車でも、高く売却できる理由があります。
こちらでは、売れなさそうな車が実は売れる理由をご紹介いたします。

年式が古くても高額買取が可能!

年式が古い車も高額買取が出来ます。
一般的に中古車販売業界では10年落ちの車はガクッと価値が下がってしまいますが、実は年式が古くても高額買取は可能です。
それは、年式が古くハイブリッドではない車や、デジタルシステムを導入していない車を探している人が海外のユーザーに多くいるからです。
高年式でシステム化している車に比べて、年式の古い車の利点で挙げられるところに修理のしやすさがあります。
海外のユーザーは修理をして長く乗ることが出来る車を求めています。またガソリンよりもコストを抑えることが出来るディーゼル車は、国内では排ガス規制などがあり人気が落ちていますが、海外では人気が高いのです。
そのため、海外への輸出を行っている車買取業者では、年式が古い車に対して高額買取を行っています。

>国内外へ様々な販売ルートがあるカーネクストで査定してみる

外装や内装がボロボロでも高額買取が可能!

外装や内装がボロボロの車も高額で買取してもらうことが出来ます。
外装に傷やヘコミがあったり、煙草の焦げ跡がシートに残っているなど車の状態がよくない場合、修理に出してから売却するとその際掛かった修理費用を買取額が上回らず、損してしまうことがあります。
カーネクストのような車買取を専門とする業者では、このような場合は修理をせずに売却することをおすすめしています。
それは車の廃車買取専門業者では、車の部品一つ一つに対して査定を行い、劣化していしまっている外装や内装が価値をつけることができなくても、その部品以外のエンジンなどに買取をつけることが出来るためです。修理をして中古車買取店へ持ち込んで思ったより査定がつかなかったと損をしてしまう前に、廃車買取専門業者で修理の見積もりを出しながら、同時に査定を依頼されてみることをおすすめします。
売却先を間違えて損してしまうことを避けるためにも、無料見積もりなど気軽にできることから始めてみることが大切です。

人気がなくても高額買取が可能!

昔は人気が高かった車も型落ちで人気がなくなった、そんな車も高額買取が出来ます。
マイナーチェンジを行っている車は、型落ちすると価値が下がってしまうことがあります。
ただし車種によってはマイナーチェンジしていても価値がそこまで落ちない車もあります。
中でもトヨタのアルファードは高級ミニバンのため新車購入には600万前後が必要と高額になります。中古車販売店では型落ちであっても人気が高く、仕入れれば売れるというくらい人気なのです。セカンドカーにも街乗りにも使いやすいコンパクトカーとしてホンダのフィットも中古車販売店での人気が高くなっており、高額買取が可能です。
中古車買取店では、昔人気があったが10年以上前の古い車になると買取をつけることが難しい車もあります。車の足回りなどの劣化の修理費用を考えると、車としての再利用が難しい場合です。ですが、そんな場合も実は修理用部品として利用価値が高いのです。
絶版になってしまい修理用部品の供給が見込めないが、人気が高かった車などは、実は部品の人気が高いため廃車買取業界で高額なやり取りがされていることもあります。
人気がある分その車を持つユーザーも多く、修理部品として探している人がいるのです。

>トヨタのアルファードの高価買取ならカーネクストがおすすめ

古い車の高額買取が可能!おすすめの売却先

古い車の売却

古い車や過走行車、外装もボロボロの車を高額買取できる売却先をご紹介します。
売却先によっては処分費用がかかるということもあるので、損せずお得に高額売却できる売却先をこちらでご紹介します。

中古車買取業者は買取できる?

大手中古車買取店は、年式の古い車や、過走行車でも買取を行っています。
ただし、高額買取が見込めるかどうかは車の走行状態で左右されてしまいます。
中古車買取店では車を買い取って仕入れてから板金や整備を行い、またその車を利用できる状態に整えて次のユーザーへ販売します。
そのため足回りや、エンジンルーム内などを確認し、走行できる状態なのかどうかが大きく影響するのです。
足回りに問題がある状態や、過走行でエンジンが弱っており、ハンドルの切れもかなり重くなっているなど長く愛用していることで現れるトラブルによって、買取額も前後してしまいます。
中古車としての利用が出来る前提での査定になりますので、古い車で長距離走行が難しい車などは不向きな場合も。ただし、年式が古いが走行距離が5万キロ以下の車などは低走行車として買取金額がアップする可能性もあります。

ディーラーへ下取りに出すと損をするかも?

新車を購入する際、ディーラーに下取りを依頼する方は多いのですが、旧年式になると損してしまう可能性があります。
ディーラーはあくまで新車を販売する側です。下取りで仕入れをしても自社で売却することが出来ません。そのため、下取りで仕入れた車はオートオークション会場などの車販売業者限定のオークションで売買しています。オートオークション会場は価値が高い車は入札が入りやすく売却額が見込めますが、主に中古車としての仕入れで札を入れる人が多いため年式が古い車など売却が難しく、また売却するルートをもたないディ-ラーはリアルタイムの相場がわかっていない場合も多く、いくらで売却できるかの販売額予想が出来ないため、損をしないように下取りの価格を低くつけて、安く仕入れようとします。

おすすめは廃車買取業者!

その中でおすすめの売却先といえば、廃車買取業者です。
廃車買取業者は車の解体やパーツの取り出しを行い、廃車手続きを行ってから国内外で自動車中古部品などの販売、輸出などを行っています。
そのため、年式が古くボロボロの車もパーツ毎に査定を行うことができます。
ずっと車庫に置いていたため年式が古い車などは、エンジンがかからないこともあります。そのような状態の場合、中古車買取店などではレッカー手配が必要なため処分費用がかかることも。
廃車買取業者は元々廃車予定の車を引き取ることが多く、不動の車の引取りに利用できるレッカー車を保有していることところが多くなっています。
レッカー費用が無料で、廃車手続きの代行も無料カーネクストなら、不動車になっていても引き取りの費用が掛からず車に買取が付く場合もあるので、一度査定してみられることをお勧めします。

また、国内だけでなく、海外への販路を持っている業者では型落ち車両や低年式車両も人気のため高額買取をすることが出来ます。
海外への輸出には、一度解体してから運ぶことで輸出費用を抑えることも出来るため、解体施設を自社に持つ廃車買取業者は有利に買取が可能なのです。

古い車を高く売る方法のまとめ

古い車の写真

古い車を、出来るだけ高く、損をしないで売却するには、中古車買取、ディーラーへの下取り以外に廃車買取業者へ買取がつくのか見積もりを取ってみられることをお勧めします。
長く愛用している車を出来るだけ高価買取!カーネクストがおすすめです。

>カーネクストで古い車の査定を確認する