フロントガラスのヒビは車検に通るの?

自動車の困り事

安全運転を心がけ掛けている方でも、飛び石によるキズだけは避けきれません。特に高速道路などはスピードが速いので、車体にキズがついてしまうこともよくありますよね。

中でも怖いのがフロントガラスへの飛び石です。パシッ、という音がしたと思ったら、小さなヒビが入っていた!なんてことはありませんか?

小さなヒビで済んでよかった!と安心するのは束の間。このままで車検に通るのか?修理にはいくらくらいかかるのか?とお悩みの方もいらっしゃるでしょう。

今回はフロントガラスにヒビが入った時の対処法をご説明いたします。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

ヒビの場所や大きさ、形状にもよる

まずは車検に通るかどうかが気になるところですね。石が当たったような小さなヒビだと、あまり問題ないようにも思えますが…。

車検での判断基準は?

車検の判断基準となっている、道路運送車両保安基準の第195条によると、窓ガラスは、損傷しても運転席の視野を確保できること、容易に貫通されないこと、とあります。

これだと、小さなヒビであれば車検には通るんじゃないの、と思えますね。しかし、甘く見てはいけません。車検に通るかどうかは、検査官の目視での判断になるので、どの程度であれば通るということは一概には言えないのです。

一般的に言って、運転席側にあるヒビは小さなものでもほとんどアウトとみなされます。万が一、ヒビが大きな亀裂になった場合、真っ先に運転の視界を遮ってしまい、危険度が高いからです。助手席側にあるヒビの場合でも、亀裂が線状に入っているものは、運転席側にも影響を及ぼす可能性があると判断され、不合格になることが多いようです。

どう判断されるかはわからないため、小さなキズであっても車検は通らないと考えておいた方が安全かもしれません。車検は車を安全に保つためのものですから、厳しく判断するのが当然ですね。

ヒビをそのまま放置すると?

車検はまだ先だから、ひとまずはこのままにしておこうと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、小さいからといってヒビを放置していると非常に危険なことにつながりかねないので注意が必要です。

気付いたときには米粒ほどの小さなヒビでも、走行中の振動や温度差による収縮が原因で、少しずつ広がる可能性があります。雨や霧などで水分がヒビに入り込むと、急速にヒビが広がることも考えられます。

特に怖いのが風圧が高まる高速道路です。走行中に急に亀裂が広がり視界が邪魔されたり、最悪の場合にはガラスが割れてしまったりすると、命に関わる重大事故にもつながりかねません。

ガラスは強そうに見えて、一度キズがつくと案外弱いものです。小さなヒビであっても、気がついたらすぐに処置しましょう。

ヒビをリペアして車検に通そう

いくら小さなヒビでも早めに処置をしておく方がよいことはおわかりいただけましたよね。それでは、ヒビをリペアする2種類の方法をご紹介いたします。

業者にリペアしてもらう

ひとつは専門業者にリペアしてもらう方法です。どんなヒビでもリペアできるということはなく、直径約1.5cm以下のヒビが対象と思っておきましょう。リペアできるヒビの場所も限られており、運転席の目の前、ガラスの淵やエアコンの吹き出し口に近い部分はリペアをおすすめできません。運転席の目の前だと視界が歪み、走行に支障をきたす可能性がありますし、ガラスの淵やエアコンの吹き出し口は、振動が伝わりやすく温度変化の影響を受けやすいデリケートな箇所なのでリペアは難しいのです。

また、リペアと言っても、完璧にヒビを消せるわけではなく、必ず補修痕が残るということは認識しておきましょう。稀なケースですが、リペアした後に急激な温度変化などの環境によって、ヒビが出てしまうことも、ないとは言えません。

費用は一般的に15,000円〜20,000円程度のようです。

自分でリペアする

チャレンジ精神がある方は、ガラスリペアセットと呼ばれる補修キットを使って、自力でリペアすることもできます。キットは1,500円程度で売られているので、専門業者に頼むよりは安くあがります。仕組みは、透明な物質をヒビや傷に流し込んで、乾燥させて固めるというものです。

基本的には以下のような流れになります。

1)安全ピンなど細くて鋭利なもので、ヒビの中の異物などを取り除く

2)ヒビの中に補修液を流し込む

3)付属のシリンジを使って空気をしっかり抜く

4)乾かして表面をきれいに仕上げる

しかし、慣れない人がやると、痕が大きく残ってしまったり、余計にヒビを広げてしまうこともありますので、自信のない方は業者に依頼したほうがよいでしょう。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

交換して車検に通す?廃車買取にする?

入ってしまったヒビは、上でご紹介したとおり補修することもできますが、ヒビの広がりを100%防止できるとは限りません。簡単に補修で済ませたくはなりますが、補修後に不運にもヒビが広がり再度交換しなくてはいけなくなってしまったら、元も子もありません。はじめからフロントガラスを交換してしまうのが一番安全だと言えます。

フロントガラスの交換費用は高い

フロントガラスの交換となると、ある程度の金額は覚悟しておいた方がよいでしょう。場合によりますが、3万円から15万円ほどはかかるようです。

保険も使えるケースが多いのですが、飛び石によってできた傷の場合は、石を飛ばした相手を特定するのは難しいため、自分の保険を使うことになります。その場合、保険の等級が下がりますから、翌年からの保険料が高くなってしまいます。保険を使うか、等級を下げないように実費でまかなうか、比較検討しましょう。

また、交換費用が免責金額以下であれば保険金が下りませんので、交換費用は実費で負担することになります。交換費用の見積金額を出してもらい、自分が加入している保険の詳細を踏まえてよく考えることをおすすめします。

交換しないで廃車買取という選択も

フロントガラスの交換にはかなりの金額がかかってしまいますね。保険を使おうと思っても、場合によっては自己負担せざるを得ないかもれません。

もしあなたがかなり年季の入った古い車に乗っているのなら、廃車にすることも考えてみてはいかがでしょうか。フロントガラスの交換が終わっても、次の車検でまた高い車検代を払うことになるのですから、思い切って廃車買取を依頼するのも方法かもしれません。

廃車買取のカーネクストなら、経験豊富なスタッフが大切に乗ってきた車を丁寧に査定対応します。引き取りレッカー料や書類手続き代行費用は無料なのが良心的。まずは気軽に無料査定や電話相談をしてみましょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

まとめ

大きな事故にもつながりかねないフロントガラスのヒビは、軽く見てはいけないことがお分かりいただけたでしょうか?見つけたら即対処することを強くおすすめします。

ただ、交換にはかなりの費用がかかるのも事実ですから、古い車であれば、車検代のことも考えて廃車にすることも選択肢のひとつです。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。