車検はどこで申し込むべき?節約するコツを紹介!

自動車の困り事

新車であれば3年、それ以降は2年に1回のペースで「車検」を受けなければなりません。

一口に「車検を受ける」といっても、さまざまな方法があります。そこで、どこで車検を受けるべきかについて解説します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

車検を申し込める場所を見てみよう

車検は、さまざまな業者に依頼することができます。

車検を申し込める場所はたくさんある

車検に申し込む際、ユーザー車検を除けばどこかの業者に車検を依頼することになります。車検を依頼できる業者の種類は豊富です。

「正規ディーラー」での車検は、自動車を販売しているディーラーに車検を依頼します。新車を購入したディーラーに、継続して車検を依頼する人も多いようです。

「自動車整備工場」は、いわゆる「民間整備工場」と言われる場所です。「指定工場」と「認証工場」に分類されますが、基本的にどちらでも車検を申し込むことは可能です。ただし、指定工場は車検の検査ラインの設備が完備しているという特徴があります。

「ガソリンスタンド」でも車検を申し込むことができます。最大の特徴は、価格が安いという点です。ガソリン給油のついでに車検の見積をしてもらうなど、気軽さ・手軽さが人気となっている申込み方法です。

「車検専門店」は、文字通り車検の専門業者です。全国にチェーン展開している店舗が多く、安くてわかりやすい料金設定が人気を集めています。

「車検代行」は、車検専門業者とは異なり車を陸運局に持っていって検査を受ける部分を代行してくれる業者です。要するにユーザー車検を代行していることなので、一般的に点検整備等は行ってくれません。そのため、その分だけ料金は安く設定されていることが多いです。

「カー用品店」でも、昨今は車検の申込みを受け付けているところが増えています。特徴としては、こちらも安い料金設定をしていることが多いので、費用を抑えつつ車検を済ませることができます。

どの業者で申し込むと費用が安くなりやすい?

費用が高くつきやすい業者と、安くつきやすい業者について解説します。

費用が高くつきやすい業者は?

最も車検費用が高額になりやすいのは「正規ディーラー」です。他にも自動車整備工場やガソリンスタンド、カー用品店のように車検を本業としていないところも(ディーラー車検ほどではありませんが)高額になるケースが少なくありません。

ディーラー車検は、車検を受ける方法の中では特に高額な費用を請求されやすくなっています。最近では費用の削減にも意欲を見せる傾向にあるのですが、そもそもディーラーは車の販売ではそこまで利益を出すことができません。そのため、こうした車販売に付帯するサービスの利用で利益を上げていく必要があります。場合によっては車検とは無関係なサービス料金が上乗せされていることもあるので、他の業者よりも数万円高い費用が請求されるケースが多くなります。

他には「整備工場」「ガソリンスタンド」「カー用品店」での車検も、後述する方法と比較すると費用が割高になるケースが多いです。ただし、整備工場は古くからの付き合いがあるなど条件次第では値引きしてもらえる可能性も否定できません。また、これらの場所で車検に申し込んだ場合、洗車などのサービスを無料で利用できるなどのメリットがある点も無視できません。

費用面ではデメリットの小さくないこれらの業者ですが、その分だけサービス面が充実しています。特にディーラー車検はその車を販売した所だけあって車の知識や必要な技術に精通しており、中でもコンピューター周りのメンテナンスにおいてディーラー車検を上回る車検は無いと言っても過言ではありません。費用はかかってもしっかりと車を整備して欲しい、安心して車検に通りたい場合にオススメの方法です。

逆に、費用が安くつく可能性が高い業者は?

逆に、車検費用が安くつく可能性が高い業者としては「車検専門店」と「車検代行」が挙げられます。これらの業者は前述までの業者と異なり車検を専門としているため、費用を安くすることで集客を図っている面が強いです。インターネット上で安く車検を請け負っている業者を見つけることができます。

「車検専門店」はチェーン展開して店舗数の多さで部品調達コストを下げ、車検に特化することでコストを限界まで削ることにより低価格の車検サービスを提供しています。短期間で車検が完了するというスピード感はあるのですが、安心感といった面では上記の業者と比較して見劣りすることは否定できません。

「車検代行」は、基本的に陸運局での検査を代行するだけなので、コストは安くなります。要するに、車検で必要な最低限のことだけ行うため、かかる手数料が少ないのです。しかし、それ以外のこと(予防整備など)は全く期待できないため、安心感は比較的少ないといえます。

車検において、費用の安さは車検の安心感というメリットを削っている側面も否定できません。場合によっては他の業者であれば発見して解消したであろう問題を先延ばしにして車検だけ通して、車検後日数が経過していないにも関わらず何らかのトラブルが発生したというケースも珍しくありません。とにかく安く済ませたい、部品交換等は自分でしっかりと行えるというのであれば、これらの業者を利用することをオススメします。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

車検を申し込むときに注意することは?

どの業者に依頼するかによって、重視できるポイントが大きく変化します。車検を申し込むときにチェックすべき項目について解説します。

チェック項目を見てみよう

申込時にチェックすべき項目は、主に以下の内容です。

  • 費用
  • 割引サービスの有無
  • 車検の質
  • 補償サービス

同じ系統の業者でも、これらの内容は業者ごとに異なります。

車検を依頼する際には、まず最初に見積りをしてもらい、費用がどれだけかかりそうなのか把握しましょう。見積書は、業者によって項目の盛り込み方が異なります。ある業者は高額だと思われないように最低限の整備しか記載せず、別の業者では不備や不満がないよう完全に整備見積もりを提示する業者もいます。見積書の内容は、金額だけでなく内訳についてもしっかりと確認しておきましょう。

車検は車を運転する上で必要不可欠なものであると同時に、車の状態を知るための手段でもあります。安いからといって適当な整備で終わらせると、かえって後々に高額な費用がかかるケースも珍しくありません。自動車の健康状態を維持できるようなしっかりとした整備を受けることも、車検を比較する上で重要なポイントになるのです。

何を重視するかによって、選ぶ業者の種類がおおよそ絞られてきます(品質重視ならディーラー車検や整備工場、費用重視なら車検専門店や車検代行)。しかし、同じ業種であればどこでも同じステータスというわけではありません。費用が安い車検代行でも、業者によって値段設定や提供するサービスの内容は大きく異なります。

そのため、「◯◯を重視するから、この業種で」と決めたとしても、その業種であればどこでもいいからと適当に選んではいけないのです。業種を定めたら、今度はその業種内で比較する必要があるのです。費用や提供するサービスの違いは、インターネット上でホームページの他にも比較サイトや口コミサイトを利用することで情報収集できます。安易な基準で決めるのではなく、しっかりと比較して自分にとって最も条件に合ったステータスを持つ業者を探してください。

まとめ

車検はどこに申し込むかによって、必要な費用や得られる安心感に大きな違いがあります。一概にどこが良いとは言い切れず、一長一短あるためそれぞれのメリット・デメリットを理解した上で選択することが重要です。

費用が安いから、ディーラー車検がなんとなく安心だからと安易に決めるのではなく、きちんと比較してから決めることをオススメします。

車の買い替えを検討の場合
今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路を持っているカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。