安くできる!事故車を廃車にするときの費用の節約術が知りたい

廃車のコラム

事故に遭遇してしまい、もう乗ることができなくなってしまった事故車を廃車にする場合、どのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。

実は、廃車手続きを業者に頼むのか自分で行うのかによって、必要な費用に差が出てきます。

また、自分では廃車手続きのお金を支払い廃車にするしかないと考えていても、事故車買取業者などがお金を出して買い取ってくれる場合もあります。

損をすることがないように事故車を廃車にするときの費用について学んでいきましょう。

どんな車も0円以上買取保証

事故車の廃車手続きにはどれぐらい費用が掛かるの?

事故車を廃車にする場合の手続きとしては

  • 事故車の解体を行う
  • 廃車書類などの提出といった廃車手続きを行う

という2つの工程が必要です。それぞれの工程で必要な費用が変わってきます。

解体業者に事故車の解体を行ってもらうのに必要な費用はたいてい10,000円程度です。自分で車を解体業者に持ち込んだ場合には10,000円のみですが、事故車の状態がひどく車を走らせることもできない状態である場合には車を引き取りに来てもらわなくてはなりません。

車を引き取りに来てもらう場合には、別にレッカー代として10,000円程度費用がかかります。そのため、運転でき走らせることができる状態の車であれば、自分で運転して解体業者まで持っていくと費用節約となります。

解体業者が車の解体を終えると、「廃車手続き」が可能になるため廃車手続きを行いましょう。業者にお願いしている場合は、業者が行ってくれます。

廃車と一言でいっても、実は「永久抹消登録」と「一時抹消登録」という2つの処分方法があります。今後一切その車に乗らない場合には永久抹消登録を、一定の期間修理などのために乗らないものの今後再び乗る可能性がある場合には一時抹消登録を行いましょう。どちらの手続きも、業者や行政書士にお願いすると、10,000円程度費用がかかります。

解体料と手続き料以外にも「リサイクル料」という費用が必要です。リサイクル料とは、新車を購入したときや2005年以降に初めて車検を受けるときなどに支払っているもの。車をリサイクルするための費用と考えておきましょう。

新車を購入したときなどにすでに支払っている場合は、廃車する際にリサイクル料を支払う必要はありません。ですが、まだ支払っていない場合には、廃車する際に支払う必要があります。車の車種にもよりますが、必要な代金は10,000~20,000円程度です。

全ての手続きを業者にお願いすると、事故車を廃車にするだけでもまとまった費用が必要になります。

※カーネクストで廃車買取の申し込みの場合は、費用は無料でございます。

廃車手続きを自分でするのと業者へ依頼するのとではどちらがお得?

事故車を廃車にする際の必要な手続きを自分で行うのと業者に依頼するのでは、費用面だけ比較すれば自分で手続きを行う方がお得です。ですが、必要な費用が安くなる分、手間はかかります。手続きごとに必要なコストを比較してみましょう。

事故車を解体業者に自分で持っていくか引き取りに来てもらうか

先ほども書いた通り、事故車を解体業者に自分で持って行った場合には費用は必要ありません。ですが、事故車を引き取りに来てもらった場合にはレッカー代が必要です。レッカー代の相場は10,000円程度。事故による損傷が激しくどうしてもレッカーで引き取りに来てもらわなければならない場合には、できる限り近い解体業者を選ぶとレッカー代が安くなる可能性もあります。

廃車の書類などの手続きを自分で行うか業者に行ってもらうか

永久抹消手続きや一時抹消手続きを行う際に必要な書類を自分で作成する場合は、いくらかかるのでしょうか?

永久抹消手続きの場合は用紙代100円のみ、一時抹消手続きの場合は用紙代100円と手数料350円で書類を作成することができます。

ですが、業者に廃車手続きをお願いした場合には、永久抹消手続きや自賠責保険の返戻の手続き、重量税の還付申請手続きなどの手続きもすべて含めて10,000円程度必要です。その金額で手続きに必要な書類作成を行ってくれます。金額は自分で行うよりも高くはなりますが、その分手間はかかりません。

事故車の解体が終わると解体業者が発行してくれる解体証明書、自分で登録手続きを行う場合には、その証明書などの書類とナンバープレートを持って、運輸支局に行く必要があります。他にも重量税、自賠責保険の保険料は返還してもらえます。忘れずに、手続きを行いましょう。

もう1つ忘れてはならないのが、任意保険の手続き。保険会社との任意保険の相談は、自分で行うしかありません。様々な手続きが終わった後に、今後車に乗るのかなどの話を保険会社に相談してみて、任意保険をどうするべきなのか聞いてみましょう。

また、ローン支払い中に事故をしてしまい廃車になってしまう場合は、その車の名義がローン会社名になっているのか、所有している人の名前になっているのかが重要です。ローン会社名などが車の所有者になっている場合には、さらに手続きをしなければなりません。どうなっているのか、きちんと確認してみましょう。

事故車を廃車にする場合でもお金がもらえることがあるって本当?

事故車の損傷の程度や車種によっては、廃車にする場合でも費用を支払うのではなく逆にお金がもらえるケースもあります。

廃車を業者に頼んだ場合、3つのケースが考えられます。

無料での引き取り

廃車の費用と重量税や自動車税など返ってくるお金が同じになり、無料での引き取りとなる場合

買取

例え事故車とはいっても高く取引できる見込みがある場合

廃車費用支払い

重量税や自動車税など返ってくるお金よりも廃車の費用が高くなる場合

例え、事故車とはいっても車種などによっては修理を行い、中古車市場で売る場合もあります。中古車市場で高く売れるのであれば業者はお金を出してでも、その事故車が欲しいのです。そのために、買取となりお金がもらえます。

事故車を廃車にする際、お金がもらえる可能性がある業者は、「中古車買取業者」や「車屋」など。中古車買取業者や車屋は、事故車を修理し中古車市場で売るのはもちろん、海外輸出を行う、事故車専門オークションで事故車を売るなど、様々な販路を持っています。そのため、よりお金がもらえる可能性が高いのです。

また、廃車買取サービスで部品ごとに査定してもらえるサービスもあります。車全体ではお金がもらえなくても、部品ごとに査定してもらうとお金がもらえる可能性もあるのです。

最近では中国において鉄の需要がとても高まっています。自動車はその大部分が金属でできているので、解体し、鉄として中国に売ることで利益が出る場合もあるのです。その場合には、廃車手続きが無料となることもあります。

自分で廃車手続きを行い解体業者に持ち込んだ場合には、費用がかかるのみですが、中古車買取サービスや車屋に持っていけば、廃車手続き料が無料になる、またはお金がもらえる可能性もあります。

ネットにも買取査定してくれるサービスは多くあるため、様々な業者のケースを比較して廃車手続きをどこで行うか決めるとよいでしょう。

まとめ

事故に遭遇してしまい事故車となると、廃車手続き費用を支払い廃車にするしかないと考えがち。ですが、車の状態や車種によっては、お金を払って買取をしてくれる場合もあります。

簡単に廃車するしかないと考える前に、ネットで買取査定サービスを利用してみるのがおすすめです。「レッカー代無料」、「書類代行手数料無料」のカーネクストで一度査定してみてはいかがでしょうか。また、疑問点や相談したいことがある方は問い合わせをしてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました