ドライブシャフトが折れた!修理費や修理方法の紹介

自動車の困り事

ドライブシャフトは、車の下部にあるので普段目にすることが少ないパーツです。しかし車が走行する上で、非常に重要なパーツです。歪んでしまったり、折れたりしてしまったりすると、最悪の場合車が走行できなくなります。

車にとって必要不可欠なドライブシャフト。この記事では、ドライブシャフトの構造や、折れてしまった場合の修理費や修理方法についても解説します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

ドライブシャフトの役割

ドライブシャフトは、車のパーツの中でも、動力を伝えるためのパーツになります。どのような役割をしているのか、さらに詳しく見ていきましょう。

車を進ませるとても重要な役割

車の動力は、エンジンからクラッチ、ミッションと伝わっていきます。デフにまで伝わった動力は、ドライブシャフトを通じてタイヤへと伝えられていくのです。車が走行している時には常に回転しているだけでなく、路面の凹凸に合わせて上下したり、ハンドルを切った時には駆動輪の位置が変わったりします。

どのような状況でも駆動輪に動力を伝え続けられるように、このドライブシャフトが活躍します。

ドライブシャフトの構造は、大きく分けて5つの部品に分けられます。ミッション側から、インナージョイント、インナーブーツ、中間シャフト、アウターブーツ、アウタージョイントの5つです。

インナージョイントとアウタージョイントがあるので、路面の凹凸を吸収した時でも、ハンドルを切った時でも駆動力をタイヤに伝え続けることができるのです。FR車の場合には、駆動輪が後ろになりますので、後ろ側にドライブシャフトがあります。

ドライブシャフトの寿命

ドライブシャフト自体は、金属でできていますので、耐久性が非常に高いパーツです。しかしその根元にあるドライブシャフトブーツは劣化しやすいパーツの一つ。ジョイント部分がスムーズに動くことができるように、またゴミが入らないようにゴムで覆われているゴムの部分のパーツです。

ゴムでできているだけに、劣化が避けられません。交換時期の目安になるのは、5年に1回、もしくは10万km走行時に交換とされています。もちろん走行環境や走行状況によって寿命も異なりますので、定期的に点検することが必要になるでしょう。

ドライブシャフトブーツが割れかけている時に交換できれば、中のジョイント部分が破損することもありませんので、やはり定期的にチェックを行う事は重要です。よくチェックを行い、ブーツ内のグリスが無くならない内にブーツ交換ができると良いコンディションを保つことができます。

ドライブシャフトの異常が出た時の特徴

ドライブシャフトに異常が出た時の症状や、特徴を見ていきましょう。ドライブシャフトの異常かな?と思える症状が少しでもあれば、早期にディーラーや整備工場でチェックしてもらうことをおすすめします。

異音や振動が発生する

ドライブシャフトに異常が発生すると、異音が生じます。「ガラガラ」もしくは「ガシャガシャ」と音がしているのであれば、ドライブシャフトに損傷がある可能性があります。

異音の原因は、ドライブシャフトブーツが破れ、中のグリスが飛び散ってしまうので、金属同士が擦れてしまうことによるものです。金属同士が擦れてしまうと、異音が発生するだけでなく、最悪の場合完全に破損してしまうこともあるので、注意が必要です。

最初は異音のみの発生でも、損傷がひどくなる徐々に振動も発生するでしょう。振動も発生しているのであれば損傷がかなり進んでいるので、走行するのも危険な状態です。ディーラーや整備工場での早期交換が必要になります。

折れてしまった場合は走行不可

ドライブシャフトは、主に金属で構成されているので、簡単に折れるということはありません。通常の走行をしていて、ドライブシャフトが折れてしまうという事は無いでしょう。

しかし走行中に障害物にぶつかってしまったり、後負荷の走行を続けていたりするのであれば、ドライブシャフトに大きな負担がかかり、結果としてダメージが蓄積して折れるという可能性もあります。

最近の車はパワーステアリングが付いているので、障害物にぶつけてドライブシャフトが歪んでいるのに気が付かず、走行を続けてドライブシャフトが折れるということが考えられます。

ドライブシャフトが折れてしまうと、動力を伝えることが出来なくなりますので、自走することが不可能になります。レッカーを呼んで車を運ぶことが必要です。異音が発生したら、すぐに何が原因なのかを確認し、修理をするのが大切なのです。

もちろん、そうなると中古車としても機能しないので廃車になる事になりますので、少しでも高く売るために海外販路を持っているカーネクストのような業者に売るようにしましょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

ドライブシャフトは自分で交換できる?

ドライブシャフトが歪んでしまったり、ドライブシャフトブーツが劣化したりした時などの交換作業は自分でもできるでしょうか?専門工具や知識が必要ですが、自分で交換することも可能です。

ドライブシャフトの交換方法

ドライブシャフトを交換するには、以下の手順で行います。

  1. 車をジャッキアップし、ジャッキスタンドをかけます。
  2. タイヤを外して、ハブ側のセンターナットを外します。
  3. サスペンション回りのパーツを外していき、ドライブシャフトを抜けるようにしていきます。
  4. ドライブシャフトを外します。
  5. 反対の手順で、新しいドライブシャフトを取り付けていきます。

ドライブシャフトブーツの交換の際も、同じようにしてドライブシャフトを取り外し、ブーツを交換してグリスを充填します。

しかし最近は分割式のドライブシャフトブーツもあるので、自分で交換するのも容易になっています。

この部品は、ドライブシャフトブーツが分割式になっており、ドライブシャフトブーツをかぶせた後に、専用の溶剤で切れ目を接着する方法で取り付け出来るブーツです。従来の工程では、ギアオイルを抜く必要がありますし、専用の工具が必要になります。しかし分割式ブーツを使えば、部品代は少し高くなるとはいえ、作業工程と工賃を削減することができます。

ブーツを取り付ける際にはしっかりとグリスを充填させること、またブーツの接着ができていることを確認しましょう。分割式のブーツは、通常のブーツよりも倍近い値段がしますが、自分で交換することが容易になるパーツです。

ドライブシャフトの交換の場合には、専用の工具が必要になったり、ギアオイルも交換する必要があったりするので、整備工場での交換がおすすめです。

重要なパーツのため専門家に任せた方が安全

ドライブシャフトは、車の駆動力を伝える重要なパーツです。

正確に取り付けできないなら、走行中の事故につながることも考えられ、非常に危険です。取り付けの際にけがをしてしまう危険性や、安全性も考えると、専門家に任せる方が賢明と言えるでしょう。

ハブナットなどは、非常に強力なトルクで締め付けられているので、エアーインパクトレンチなどがあると便利です。そうなると、コンプレッサーも必要になるため、通常の工具では間に合わないということが容易に想像できます。

ドライブシャフトだけでなく、シャフトブーツにしても、頻繁に交換する部品ではありません。安心して作業を任せられるディーラーや整備工場で交換する方が、より安全で安心してカーライフを送ることが可能です。異音が発生したのであれば、まずは整備工場での確認と覚えておきましょう。

まとめ

ドライブシャフトやドライブシャフトブーツは、車の走行性能に影響する非常に重要な部品です。しかし普段から点検しておくことで、ドライブシャフトが折れる前に修理をしたり、メンテナンスをしたりすることができます。

以上が続いたまま走行を続けると、ドライブシャフトが折れて自走不可になるという事態になりかねません。愛車のコンディションを維持するためにも、定期的にシャフトブーツが破れていないか確認しておくと良いでしょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。