車検証が盗難されてしまったときの対処法

自動車の困り事

車検証が盗難されてしまった、あるいは紛失してしまったときは焦るものです。これまで紛失した経験がないと、どこに何を届け出ればよいのかもわかりません。警察に届け出なければいけないのかと不安にもなることでしょう。

ここでは、車検証を盗難されたり紛失したりした場合の対処法について解説します。まだ車を使うときの車検証の再発行方法や、廃車にする場合の対処方法、さらに廃車に対応してくれる業者選びについても必見です。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

車検証なしに自動車の運転はできない!?

車検証がない状態で車の運転をすることは、道路交通法違反となります。そのため、車検証がないことに気づいたら、早めに再発行の手続きをしなければいけません。

自分で紛失したのではなく、盗難されたと明らかにわかる場合は警察への届け出が必要になることもあります。しかし、基本的には車検証の紛失時に警察への届け出は不要です。

これは、車検証の使い道が限定されているから。車検証は運転免許証や保険証と違い、身分証明書として使えるものではありません。また、クレジットカードやキャッシュカードのように、勝手に使われて金銭的被害を受けることもありません。紛失したとしても悪用される心配はないので、速やかに再発行の手続きをすれば大丈夫です。

車検証を再発行する際には、書類が必要になります。自分で再発行の手続きを進める場合と業者に代行を依頼する場合とで用意する書類の数が変わるので、事前に確認しておきましょう。

車検証の再発行を自分でするには

まずは車検証を盗難された・紛失した場合の、再発行手続きを自分で行うケースについて解説します。

運輸支局に行って再発行手続き

自分で再発行手続きを行う場合は、各都道府県に置かれている運輸支局(陸運局)に書類を提出します。車検は全国の運輸支局でできますが、車検証の再発行は自動車のナンバーの管轄する運輸支局でしかできないため注意が必要です。

以下の書類が必要になるので、忘れずに用意して運輸支局に行きましょう。運輸支局は役所ですから、不備があったり書類を忘れたりすると受け付けてもらえません。

  • 運転免許証や保険証などの身分証明書
  • 申請書
  • 手数料納付書
  • 印鑑

申請書と手数料納付書は、運輸支局内にある用紙販売窓口にてそれぞれ100円で購入できます。その後同じく運輸支局内の印紙販売窓口にて、再交付申請手数料の印紙を300円で購入してください。購入した印紙は、手数料納付書に貼り付けます。

全ての書類が揃ったら、運輸支局の窓口にまとめて提出しましょう。これで車検証の再発行手続きは完了です。

メリットとデメリット

自分で再発行手続きを行う場合、書類を提出してその場で待っていれば、その日のうちに車検証を手に入れられます。混んでいなければ数十分程度で新しい車検証をもらえるので、近日中に車を運転する予定のある方には好都合といえるでしょう。

一方、運輸支局は役所のため平日しか開いていないので、会社員の方は平日に仕事を休んで行く必要があります。また、金曜日や月末、車の販売数が増える3月など窓口が混み合う時期に重なってしまった場合は、書類を提出してから1時間以上待たなければならないことも珍しくありません。

印紙代など手続き自体にかかる費用は500円ですが、郵送での書類提出は認められていないので、運輸支局が遠くにある場合は交通費や時間がかかるのもデメリットです。

関連リンク

車検証の再発行を代行してもらうには

運輸支局は平日にしか行けないため、平日に仕事を休めない方は自分で手続きをするのが難しいです。そこで、業者の人に代行してもらう方法があります。

業者に依頼する

業者に車検証の再発行手続きを代行してもらう場合は、必要となる書類が自分で手続きする場合よりも増えます。

・運転免許証や保険証などの身分証明書

・申請書

・手数料納付書

・印鑑

上記は自分で手続きする場合と同じですが、ほかに以下の書類が必要です。忘れずに業者に提出しましょう。

・委任状(使用者の記名・押印済みのもの)

・理由書(使用者の記名・押印済みのもの)

自分がこの業者に再発行手続きを委任した、理由は車検証を紛失したからだ、とわかる書類が必要になるのです。委任状と理由書は、運輸支局のホームページでダウンロードできます。

代行を依頼する場合の費用

代行業者に再発行手続きを依頼すると、3,000〜5,000円ほど費用がかかります。自分で再発行手続きができない場合は仕方ありませんが、出費が多くなってしまうのはデメリットです。

しかし、いつも車検をしてもらっているお店や車を購入したお店に相談すれば、無料で代行してくれることもあります。費用については日頃担当者とどの程度親交があるかによっても異なりますが、一度相談する価値はあるでしょう。

必要な手続きについて教えてくれることもあるので、まずは、担当者に連絡するのがおすすめです。

そのまま廃車にするなら、車検証再発行は要らない

自分で再発行手続きを行う方法と業者に代行を依頼する方法を解説しましたが、これらはあくまで今後もその車を利用する場合の対処方法です。

車検証が盗難された場合も紛失した場合も、そのまま走行を一切せず廃車にするのであれば、廃車買取のカーネクストに買取に出すことで、車検証の再発行の手続きなしで問題ありません。

他の廃車買取業者でも同様の事が可能かどうかの判断はできませんが、カーネクストであれば可能ですので、その点はご安心ください。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

廃車するとき、業者選びのポイントとは

廃車にしたいときは車検証の再発行を運輸支局(陸運局)で行う必要はなく、買取や廃車処理を業者に頼むことになるでしょう。しかし、結局自動車解体業者に回されることになれば業者に頼んだ意味がなく、高い仲介手数料を払っただけというケースにもなりえます。

そこで、廃車にするときは廃車専門の買取業者に依頼するのがおすすめです。中間コストがかからず、支払う手数料を抑えられます。さらに、以下のポイントで選べば優良業者を見つけられるでしょう。

廃車の処理を明確に説明している

できれば今まで愛用してきた車には、どんな形であれ世の中の役に立って欲しいものです。そこで、廃車後にどんな処理を行っているか明確に説明している業者を選びましょう。

どの部品がリサイクルに使われているのか、環境汚染につながりそうな部品は適切に処理されているのかなど、愛車の行く末がわかれば安心です。

車を不適切に埋め立てたり、環境汚染物質を垂れ流しにしたりする業者ではなく、リサイクルを推進している業者を選んでください。

解体だけでなく、海外輸出ルートも持っている

日本ではもう走れない車でも、海外に渡ると現役車として活躍できることがあります。そのため、解体以外に海外輸出ルートを持っている業者(カーネクストなど)であれば、自分が愛用してきた車をより有効に活用してくれるでしょう。

車自体はもう走れなくても、部品は需要があって海外に輸出できるケースもあります。リサイクルでもリユースでもただ廃棄するより役立つことには変わらないため、できるだけ愛車を世の中に役立つ形で活用してくれる業者を選んでください。

まとめ

車検証が盗難されたり紛失したりした場合は、基本的には速やかに再発行手続きを進めることが必要です。自分で手続きするか業者に代行を依頼するかは、仕事や費用などを考えて最適な方法を選択しましょう。

一方廃車にする場合は再発行手続きが不要で、適切な廃車業者選びを重視することになります。廃車を検討しているなら、カーネクストへご連絡ください。スムーズな廃車手続きのお手伝いをさせていただきます。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。