下取り?買取?廃車?車を売るならどこがいい?

車を売るときは、走行距離やコンディションがどうであれ、できるだけ高値で買い取ってほしいものです。そうすれば新しい車を買い替えるときの足しになります。下取り、買取、廃車とある中で、車を売るならどこがいいのでしょうか。

この記事は約5分で読み終わります。

ディーラーの下取りよりは買取業者?その理由は?

下取りは、車を売るときに現金で支払うのではなく、新しい車の購入費用に充当する方法です。主な相手はディーラーになります。下取りの査定額は、買取や廃車よりも概ね低めです。特に年式が古く、走行距離が多い車は値がつかないどころか、逆に処分費用を取られる場合もあります。

下取りの査定額が低くなるのは、いくつか理由があります。下取りした車は自ら販売するか、オークションで流通させるのが一般的です。利益を出すためには小売価格でなく、卸売価格で買い取らなければいけません。その結果、査定額は実際の相場よりも低くなります。特に参考となっているのが、日本自動車査定協会の「イエローブック」です。

また、下取りする車は新しい車を納車してからの引き取りになるので、査定してから売り出せるまでタイムラグが生じます。中古車の需要は日々変化するものです。ほんの数日違うだけで価格が数十万円上下することも珍しくありません。このような損失を防ぐため、相場の変動を見越した査定額をつけています。

ただし、すべての車において下取りのほうが安くなるとは限りません。例えば、クラウンのようにリセールバリューのある高級車なら、高値をつける傾向があります。強気の値段でも買い手はいますし、オークションでも需要があるからです。逆に買取業者では、売るときの客層を考えるとディーラーほどの高値はつけられないでしょう。

他にも下取りは、売るのと買うのが同時に済ませられるので、手間がかからないというメリットがあります。下取り価格が低くても値引き価格に反映されていれば、どこの買取業者と比べても、そんなに変わらないかもしれません。

目次へ

高く売れる買取業者ってどこ?選び方は?

買取業者の査定価格も、中古車オークションの相場がベースであり、車のコンディションによっても上下します。

ディーラーと違うのは、販売ルートが豊富なところです。自社で販売するのはもちろん、業者間で取引したり、海外へ輸出したりする場合もあります。ディーラーはチェーン店でない限り、業者間のコネクションが弱いのが難点です。

販売ルートが多いほど、幅広い車に需要を見出せるため、在庫を抱える期間は短くなります。例えば寒冷地仕様の車なら雪が積もるエリア、年式の古いワゴンなら海外、ヴィンテージカーならあの業者といった具合です。

その中でもファミリー層に人気の高いミニバンやSUV、維持費や燃費が安いコンパクトカーや軽自動車は、どこの業者でも高く買い取ってくれる傾向があります。

買取業者の査定価格はどこでも同じではなく、その業者独自の基準があります。中には特定の車種を専門に扱うところがあり、輸入車だったり、スポーツカーだったり、ジャンルは様々です。改造車やそのためのベースとなる車を専門にするところもあります。売りたい車と一致すれば、驚くほどの高値がつくかもしれません。

このように、買取で高く売るなら1ヶ所だけよりも複数の業者に査定を依頼するのがコツです。さらに自分の車の優位性をアピールしたり、他社と競わせたりすることで上乗せが期待できるでしょう。その代わり、ある程度の知識は必要ですし、下取りよりも手間はかかります。

同じ手間をかけるなら、ボディの小さな傷を研磨して消したり、車内をきれいにしたりするなど、少しでも車のコンディションを良くするといいでしょう。ただし大がかりな修理をしても、その費用以上に査定額が上がることはありません。そのまま売りに出したほうが結局はお得です。

目次へ

古い車や壊れた車は廃車買取で値がつく?

幅広い車種に高値をつけてくれる買取業者でも、事故車や故障車、不動車、車検の切れた車は値がつかなかったり、買取の対象外になったりする場合があります。過走行や低年式の車も同様です。このような車はなかなか買い手が見つからず、むしろ整備や処分に費用がかかるため、買い取っても利益を出しづらくなります。

そんな車に強いのが廃車買取業者です。買い取った車は廃車にして再利用します。廃車といっても必ず解体するわけではありません。永久抹消登録、一時抹消登録、輸出抹消仮登録などがあり、解体しなければいけないのは永久抹消登録(軽自動車は解体返納)だけです。

廃車買取業者の多くは、自社で解体工場を保有しています。今や車の99%がリサイクルされている状況です。ボディなど金属類は溶かせば資源になりますし、かつては埋め立てていたシュレッダーダストも車のシートなどに使われています。

買い取った車を解体してスクラップを売却したり、部品を再利用したりすれば、中間マージンがかからず、利益を出すのは簡単です。

まだ走れる車なら輸出抹消仮登録して、海外へ輸出できます。日本では過走行や低年式だけでなく、ボディに傷や凹み、サビがあっても敬遠されますが、海外では走りさえすれば細かいことは気にしません。日本の車は車検制度によって定期的に整備されているため、海外では高く評価されています。

こうした需要があるため、廃車買取では車を引き取って代わりに手続きするための費用もかかりません。本来なら数万円かかるレッカー代も無料になりますから、別に売るわけではなく、単に車の処分に困っているときも重宝するでしょう。

弊社カーネクスト(https://carnext.jp/)は、廃車買取を専門にしております。全国13,000ヶ所のネットワークにより、日本全国どこでも対応可能です。どんな車でも0円以上の買取を保証していますから、費用は一切かかりません。レッカー代もキロ数にかかわらず無料です。ぜひともご検討ください。

目次へ

まとめ

車を売るならどこがいいかは、その人がどれだけ手間をかけられるかによって異なります。買い替えに手間をかけたくないならディーラーの下取り、複数の業者と交渉できる人は買取、どこも引き取ってくれない車を処分したい人は廃車がおすすめです。

買取価格の高さでいえば、ディーラーの下取りはリセールバリューのある車、買取はその業者の得意とする車種を売り先のターゲットとしたほうがおトクです。それに対して、廃車買取業者はどこも引き取ってくれないようなボロボロの車でも引き受けてくれます。パーツがまだ活用さえできれば、値が付くこともあるのでぜひ相談してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね !