廃車買取業者の賢い選び方は?重要なのは3つのポイント

廃車のコラム

日本全国にある数多の廃車買取業者の中から「本当にいい業者」を選ぶためには、何を基準にどう選べばよいのでしょうか?

廃車買取業者にはそれぞれ特徴があるため、それによって、同じ車であっても買取金額や買取方法が異なります。

たとえ廃車になる車でも、これまで愛車として乗ってきた車ですから、なるべく高く、そして気持ちよく売却したいですよね。今回は、いい廃車業者を見極める3つのポイントと賢い選び方を紹介します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

廃車買取業者の選び方~ポイントその①

廃車買取業者を選ぶとき、まず押さえておきたいポイントは「海外とも取引のある業者かどうか」という点です。廃車買取業者の中には、リサイクル部品や金属の売却先が国内だけという業者もあります。これでは販売先が限られてしまうためどうしても廃車の買取金額が安くなってしまいがちです。

ところが、海外に太いパイプを持っている廃車買取業者であれば、あらゆる手段を使って高く販売できるよう努力することができます。そうなると、おのずと買取金額も上昇しますよね。

例えば、国内では全く価値のない車でも、海外では中古車として販売できることもあります。車の部品についても、海外では国内よりも需要の高いものもあるでしょう。また、リサイクルできる金属部分については、経済成長中の国へ売却することで国内よりも高く売却できる可能性があります。

ここまでで賢い方なら気づいたと思いますが、さらなるポイントは「1カ国だけではなくさまざまな国に売却先を持つ」廃車買取業者を選ぶということです。上記のように、それぞれの国の情勢によって、必要となる部分が異なります。

今、どの国で何の需要が高まっているのかを見極めて売りさばくことができる、そんな業者を見つけ出すことができれば、廃車にする車であってもより高く売却することができるでしょう。

さらに自社でリサイクル工場を持っている業者はねらい目です。自動車解体・リサイクルの工場を持つ廃車買取業者を見つけることができたら、まず買取見積りを依頼してみるといいでしょう。

廃車買取業者の選び方~その②

廃車買取業者の選び方、次に押さえておきたいポイントは「気持ちよく売却できる業者である」かどうかを見極める方法です。いくら高く買い取ってくれる業者でも、気持ちよく売却できない、信用できない、売却後に何となく嫌な思いをしてしまったとすれば残念な気持ちになりますよね。

長い間乗り続けた愛車を売却するのであれば、特にここは妥協できない部分ではないでしょうか。廃車を買い取ってもらうその時まで、気持ちよく取引できるのは次のような業者です。

まず、見積もりの際に「どのぐらい車のことを聞いてきたのか」を基準として考えてみましょう。複数の業者に相見積りを依頼すると、この部分ですでに差が出てしまう業者もあります。

また、こちらの話を聞くばかりではなく、しっかりと説明を行う業者であることも大切です。車のリサイクル方法や、受け取れる還付金、還付金を受け取るために必要な手続きについて詳しい解説はあるのか観察しておきましょう。

ここで説明されるべき項目は、自動車税の還付と自動車保険の解約返戻金についてです。自治体におさめる自動車税は、廃車にした後還付の通知が届きます。ところが、重量税については自分で手続きをしなければ税の還付を受けられません。

これは自動車保険についても同じです。自賠責保険では、加入している保険会社に加入者が連絡しなければいけません。自動車の任意保険については、単に解約だけではなく保険の中断についても解説がある業者はとても親切だと言えるでしょう。

任意保険の割引等級を保存するためには中断という手続きをしなければいけないこと、解約や中断の手続きをせずにいると保険料が戻らず損をしてしまうことについて説明がある業者には安心して廃車買取を依頼できます。

さらに、廃車に関する費用を明確にしてくれる業者を選びましょう。費用に関しても還付金に関しても「なあなあ」で済ませてしまう業者は、悪徳業者の可能性があります。

廃車買取業者の中には、このような業者もいます。例えば、買取金額だけを伝えて還付金について一切触れない業者。こういった業者は、本来依頼主が受け取るはずの還付金を着服していることも考えられます。特に自分で手続きをしなければ戻らない重量税について説明がない業者は、税の還付金を着服しているかもしれません。

また、廃車に関する費用を明確にしない業者は、あとになって「車に問題があったからこの金額で買い取れない」と言い出す可能性があります。契約してから見積りよりも大幅に金額を下げて買取りしようとする悪徳業者には十分注意してください。

廃車買取業者の選び方~その③

廃車買取業者の選び方、最後のポイントは「廃車後の車がどうなるのか教えてくれる業者」。ここまで説明してくれる業者はなかなかいませんから、素人でもわかりやすく伝えてくれる業者は優良な業者と考えていいでしょう。

当社では車をこのように扱い廃車にします、そしてこのようにリサイクルしますと丁寧に伝えてもらえれば、依頼側としても安心ですよね。廃車手続きを行った車は、次のように処分されていきます。

リサイクル

廃車にした車は、リサイクルできる部分があれば積極的にリサイクルします。ポイント1の項でも述べた通り、中古車として販売できるのであれば海外へ輸出し中古車として販売するでしょう。

このことについて、包み隠さず伝えてくれる業者は信頼できます。日本の車、特に4WDでオフロードでも走れるような車は古くても海外で人気です。

売却できない車は、細かく部品に分けてリサイクルされます。中古の部品を欲しがる自動車整備工場も多いので、人気の車種であれば需要は高いでしょう。車に利用されている金属自体も細かな鉄くず以外はリサイクルの対象となります。

リサイクルできないゴミやくず鉄には処分費用が掛かるため、廃車買取業者はなるべくリサイクルできるよう努力しています。

解体

廃車買取の際、ほとんど値が付かなかった場合には、リサイクルされることなく解体され埋め立てられていることがあります。廃車買取を行う解体業者も多いです。解体の場合には、売却できる金属部分だけをとっておき、残りはごみとして処分されます。

ここで気を付けたいのが、解体業者は本当にきちんと処分を行っているのかという部分です。ほとんどリサイクルできる部分がないのに数万円で買い取ってくれた、解体業者というわりに解体のための設備がない。こんな業者は、不法投棄を行っている可能性もあります。

車にはフロンガス、エンジンオイルなど、自然にとって有害なものが使われています。万が一、不法投棄や有害物質を垂れ流すような業者に廃車買取を依頼してしまったら、と考えると恐ろしいですよね。

解体業者に廃車買取を依頼するときには、買い取られた車がどうなるのか、きちんと説明してくれる業者に売却するようにしましょう。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

まとめ

良い廃車買取業者を選ぶためには、「豊富な売却先を持つ」「親切丁寧な説明をしてくれる」「処分方法がしっかり決まっている」を目安にするといいでしょう。

海外に売却先があるかどうかは業者に直接聞いてみないとわかりませんが、それ以外の部分についてはこちらが聞く前に業者自ら説明してくれるかどうかが重要なポイントです。

より高く廃車を買い取ってもらえる廃車買取業者を探している方には、カーネクストがおすすめです。まずはいくらで買取が可能なのか、問い合わせ窓口から依頼をしてみましょう。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。