廃車の際に譲渡証明書が必要になる理由とは?

廃車手続きの基礎

車を廃車にする方法を調べていると、必要書類として譲渡証明書の提出が必要と記載されている情報を見かけることがあると思います。

もともと廃車の際には、必要書類の用意が必要な枚数が多くなりがちですので、1枚でも省略したいと考えるものです。

しかも、中古車として売るつもりでもないのに、譲渡証明書が必要なのが理解できないと思われる方もいるでしょう。

そこで、ここでは廃車の際に、なぜ譲渡証明書が必要になるのかをご紹介しようと思います。

譲渡証明書の必要性はケースバイケース

譲渡証明書は廃車の際に必要か

まず初めに勘違いがないように、廃車と譲渡証明書の関係性について触れておきます。

これだけは間違いない事としては、車を廃車にする際に譲渡証明書は必要書類として含まれることはありますが、必須の書類という位置付けではございません

あくまでも、譲渡証明書がないと手続きに不具合が出るようなケースでしか、この書類を準備する必要はありませんので、その点は把握しておきましょう。

用意が必須の書類例 状況次第で必要になる書類例
  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 印鑑証明(普通自動車の場合)
  • 譲渡証明書
  • 委任状

 

考えうる廃車手続きの流れ

廃車の流れ

それでは、実際に現状でどのような廃車方法や流れがあるのかを見てみましょう。

実際に譲渡証明書の必要性を考える上で、どのような廃車手続きが存在しているのかを把握することは非常に重要になります。

自分で廃車手続き

まず一つ目の廃車手続きの流れとしては、廃車手続き全体を自分で行う場合についてです。

この場合は、車の解体を伴う永久抹消登録という廃車方法と、車自体は潰さずに保管or譲渡する一時抹消登録という廃車方法、どちらにするかは自分で選択することが可能です。

 

永久抹消登録を行う場合は、先に車を解体業者に持ち込んで解体の証明を取得し、運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)での廃車申請手続きを行います。

一時抹消登録の場合は、特に先に必要な手続き廃車ございませんので、運輸支局もしくは軽自動車検査協会にてそのまま廃車申請の手続きを行う事になります。

どちらの場合も、廃車手続き自体は窓口で申請を行う事で完了となります。

廃車買取業者を使った廃車方法

次に、自分で手続きを行わずに、廃車買取業者などに手続きの代行も依頼する際の流れについて。

この場合、実は永久抹消登録と一時抹消登録のどちらの手続きを行うかは業者が判断する事になり、お客側では指定ができないのです。

※厳密には相談ベースとなります。

どちらの廃車方法になるにしろ、お客側が行う手続きとしては業者から伝えられる必要書類を用意して、車と一緒に引き渡すのみとなりますので、非常に簡単に手続きを終える事は可能です。

もちろん、引き渡し後は業者が廃車申請の手続きを代行という形でおこないますので、車の廃車手続き自体には何の問題もありません。

 

廃車買取では譲渡証明書の提出は多め

上記の通り、自分で廃車手続きを行う場合は、通常の必要書類のみで申請を完了させることが出来ますので、譲渡証明書の用意は不要となります。

しかし、廃車買取業者に廃車手続きの代行を依頼される場合は、譲渡証明書の用意が必要になる可能性が高くなるのです。

もちろん100%必要という訳ではなく、業者にある条件が加わると必要になることが多くなるのです。

永久抹消登録のみを行う業者の場合は不要

廃車買取業者の中には買取を行った車を全て解体に回して、その鉄資源のリサイクルに回して事業を行っている業者がいます。

つまり、買取を行う車は全て永久抹消登録として手続きされますので、この場合は特に車の譲渡なども行われることがありません。

よって、こういった業者に依頼される場合は譲渡証明書の準備は不要で、通常の必要書類のみで手続きが可能となるでしょう。

永久抹消登録のみの場合の必要書類例
車検証 ナンバープレート
印鑑登録証明書 リサイクル券
委任状
※軽の場合は申請依頼書
etc

一時抹消登録も行う業者の場合は必要

上記に対して、廃車買取業者の中には一時抹消登録を行う業者も存在します。

一時抹消登録を行う理由としては、買取を行った車の状態が良ければ解体せずにメンテナンス後に中古車として再販する為というものがあります。

この場合は、譲渡証明書を使って一時抹消登録と名義変更を同時に行える移転抹消という特殊な手続きを行う事になります。

こうする事で、自動車税の課税はストップしますし、重量税に関しても名義が変わっているので間違ってもお客側に請求が行く事は無くなるのです。

一時抹消登録も行う場合の必要書類例
車検証 ナンバープレート
印鑑登録証明書 リサイクル券
委任状
※軽の場合は申請依頼書
譲渡証明書
etc

譲渡証明書の提出をしないとどうなる?

この一時抹消登録も行う廃車買取業者に依頼される場合に、万が一譲渡証明書の提出を忘れて、業者側もその事に気が付かないとどういった事になるのかも、併せてご紹介いたします。

譲渡証明書なしでの一時抹消登録の場合、名義は旧所有者の名義のままではありますが、抹消は行われますので、自動車税の課税は変わらずストップします。

 

しかし、これはあくまでも一時的に名義を抹消しているだけですので、その車の購入者が現れた場合に名義の再登録が必要になります。

この際に必要になる書類が重要なポイントで、廃車完了の数ヶ月後に旧所有者名義の印鑑証明などを再度用意しなければいけなくなるのです。

 

更に、(無いとは思いますが)旧所有者名義のまま再登録を行われてしまうと、知らない人間の自動車税や重量税の請求を旧所有者が払わなければいけなくなるのです。

最悪の場合、その車が犯罪に使われたり不法投棄されると、旧所有者にも責任が発生してしまうので、譲渡証明書の提出を求められたら漏れ無く用意するようにしましょう。

 

廃車での譲渡証明書の必要性

以上のことから、廃車買取業者の中でも中古車として再販できる販路を持っている業者に依頼される場合は、譲渡証明書の提出が必要になることがあります。

これは、その後の売主の手間を省略する、もしくは安全に手続きを行うために必要な書類となりますので、要求されたら必ず提出するようにしましょう。

なお、必要書類が増えてしまうこと自体は手間ではありますが、永久抹消のみの廃車買取よりも中古車としての買取ができる方が確実に査定額は高くなります

また、国内の再販ではなく、海外販路を持っている業者であれば、日本車はかなり高値で売れますので、更に査定額が上がることでしょう。

>>カーネクストは海外販路持ちの買取業者です。