オイル交換を怠ると「不動車」に?知らなかった!オイル交換の必要性

自動車の困り事

「オイル交換は適切に行いましょう」といわれますが、なぜオイル交換が必要なのでしょうか?定期的に行わなければいけないオイル交換を無視していると、そのうち車が動かなくなってしまうことがあるのです。

なってしまってからではもう遅い?愛車を不動車にさせないために必要なオイル交換について解説します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

オイル交換を正しい時期に行っていないと不動車に

なぜオイル交換をしないと不動車になってしまうのか、その理由はエンジンオイルの役割に関係しています。

エンジンオイルの役割とは?

エンジンオイルは、エンジンを動かすための潤滑油として必要不可欠なものです。エンジンを動かしている間、エンジンオイルはエンジンの各部位に送られ、循環し、それぞれが滞りなく動くよう作用しています。

そのほか、冷却、密封、洗浄、防錆といった役割も果たしており、「車の心臓部に欠かせない」ものです。

オイルは熱を持ちすぎたエンジンを冷やし、エンジン動作によって出てくる金属粉をエンジンに付着しないよう洗浄しています。エンジンを守り、動かしているオイルは車にとってなくてはならないものです。

オイル交換の正しい時期とは?

このように、車に欠かせないオイルは、常にエンジン内を循環しているため金属粉やエンジン熱によって汚れ・劣化していきます。エンジンオイルの交換を怠ると、オイルの粘度がなくなり、潤滑油としての役割を果たせなくなってしまうのです。

オイルが真っ黒に変色し使い物にならなくなる前に、エンジンオイルは定期的に交換しましょう。

オイル交換のタイミングは、ターボの有無で変わります。ノンターボ車の場合、オイル交換のタイミングは半年に1回、もしくは5,000kmに1回が交換のタイミングです。いずれか早く来たほうでオイル交換を行いましょう。

ターボ車の場合、オイル交換のタイミングはノンターボの車よりも早くなります。3ヵ月ごと、もしくは3,000kmごとに交換しましょう。

ただし、これらはあくまでも目安です。定期的にオイルの状態を自分でチェックできる方は、オイルのコンディションを見て交換時期を決めてもいいでしょう。愛車が不動車にならないよう、エンジンオイルの点検・交換はこまめに行ってください。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

オイル交換せず不動車になってしまった車を復活

オイル交換を行わずにいると、そのうちエンジンは止まってしまい、たちまち不動車になってしまいます。オイルはエンジン内で常に循環し消耗しています。エンジンルームを開けてオイルチェックを定期的にしていると、エンジンオイルが徐々に減っていることに気づくでしょう。

たとえオイルが減っていても、「いくらかオイルが入っていれば動くのでは?」と思うかもしれませんが、エンジンオイルが適切に機能するためには一定量のオイルが必要です。オイルが減ってしまった状態でエンジンをスタートさせると、オイルが足りずにエンジンがストップしてしまうことがあります。

オイル交換をせず不動車になってしまった車を復活させる方法とは?

このような状態で動かなくなってしまった車を復活させる方法はあるのでしょうか?オイルが足りないままエンジンをスタートさせると、エンジン自体が壊れてしまいますので、慎重な対応が必要です。

まず、自動車のオイル類はすべて交換しましょう。エンジンオイルはプラグホールから注入し、手動でクランクシャフトを回し動作を確認してください。なれない作業でケガをしないよう気を付けましょう。問題が無いようであればエンジンを始動させてください。これらの方法は、オイル交換をしなかった車だけではなく、放置車両にも応用できます。

このように、不動車のオイル交換・エンジンチェックには専門的な知識と技術が必要になります。自動車の知識がない方、自動車のエンジンに触ったことがない方には難しいでしょう。

プロに整備してもらう方法

知識や経験もないまま自分で対応するのは手間も時間もかかりますし、ケガをしてしまう恐れがあります。オイル交換とエンジン始動の方法を見てもいまいちピンとこないという方は、初めからプロに整備してもらうことをお勧めします。

しかしプロに整備・修理を依頼すると、高額な費用を請求されてしまいます。車にとって大切なエンジン部分の修理費用は、10~100万円が相場です。エンジンを交換することになれば、50~200万円という大金が必要になることもあります。

さらに、不動車の修理には自動車の運搬費用も必要です。最短距離の整備工場に運んだとしても、数千円から1万円程度かかるでしょう。

不動車の復活は簡単じゃない!

不動車を復活させるためには、ただオイル交換を行えばいいわけではないことがわかりました。素人には難しい作業を必要としますが、かといってプロに整備を依頼すると、時に恐ろしいほど高額の費用を請求されることもあります。

1度修理したとしても、その後調子が悪くなってしまうこともあるでしょう。このような状態の不動車、なんとか活用する方法はないのでしょうか?

オイル交換せず不動車になった車を手放す

オイル交換せず不動車になった車は、もしかすると手放してしまったほうがいい結果を生むかもしれません。無理に修理をするよりも、廃車、もしくはスクラップにしてしまいましょう。

廃車買取業者に出す

廃車にする際には、整備工場ではなく廃車買取業者に依頼するのがおすすめです。廃車買取業者なら、故障して動かなくなっている車でも買取してくれます。

不動車を廃車にせず所有していると、動かせないのにもかかわらず、毎年自動車税を徴収されます。車として利用できないものに無駄なお金をかけ続ける必要はないですよね。

廃車買取業者に買取を依頼すれば、費用がかかるどころか逆にお金を受け取ることができます。廃車買取業者は、廃車から出る金属やパーツを売却することで、動かなくなってしまった車でもお金に換えることができます。

「廃車なんて1円にもならないのになぜお金をくれるの?」と疑問に思う方も多いようですが、廃車買取業者は上記のようにして廃車にする車から利益を得ているので、どんな車でも買取することができるのです。

しかも廃車買取業者の多くは、車の引き取りを無料でおこなってくれます。廃車の手続きも専門業者だけあってスムーズですし、面倒なく不動車を処分するなら廃車買取業者を選びましょう。

廃車買取業者での査定額をWEBで確認

スクラップ工場に持っていく

実はスクラップ工場に車を持ち込んでも、少ない金額ではありますが車を買い取ってもらえます。スクラップ工場での買取価格は、普通車で1~3万円、軽自動車であれば数千円~1万円が相場のようです。

しかしここで問題となるのは、「車をどうやって持ち込むのか」ということですよ。オイル交換せず不動車になってしまった車を運転して運ぶことはできませんから、ここは運搬業者に依頼するか、スクラップ工場に運搬を依頼するしかありません。

そうすると、運搬費用を取られます。スクラップ工場で買取をしてもらっても微々たる金額しかもらえないのに、運搬費用までかかっては意味がありません。なるべく費用をかけず、かつ多くのお金を受け取りたいのであれば、スクラップ工場よりも廃車買取業者に買取依頼をしたほうがメリットは大きいでしょう。

関連リンク

まとめ

エンジンオイルの交換をせずに不動車になってしまったとき、修理をしてでもその車に乗りたいのであればまずオイル交換をし、エンジンがかかるかどうか試してみましょう。

エンジンがかからなかったときには修理業者に依頼し、レッカーで整備工場まで運搬した後修理してもらってください。ただし、エンジンの修理には莫大な修理費がかかってしまうこともありますので、事前に整備士にいくらぐらいかかりそうか聞いておいたほうがいいでしょう。

修理が面倒なときには、そのまま処分してしまいましょう。不動車の処分は廃車買取専門業者に依頼することで、簡単かつお得に車を廃車にできます。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。