廃車の手続きの中で陸運局で行う事とは?

不動車買取 廃車手続きの基礎

車を廃車にするには陸運局(運輸支局)で手続きしなければいけません。

馴染みの薄い場所ですが、どのように手続きすればいいのでしょうか。流れや必要な書類、還付などについて紹介します。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

そもそも「廃車」って何を指してるの?

廃車にするとき、国土交通省の登録から車の情報を抹消する手続きが必要で、こうした手続きは管轄の陸運局で受け付けています。

陸運局は過去の名称であり、現在は「運輸支局」の一部門です。また「自動車検査登録所」が同様の役目を果たしています。

そして、この「廃車」には幾つかの種類が存在しており、手続きには大きく分けて3種類「永久抹消登録」と「一時抹消登録」と「輸出抹消仮登録」があるのです。

永久抹消登録

永久抹消登録は、その車を二度と利用しない場合に行います。スクラップにしてから手続きすると「解体」という扱いです。他にも災害や盗難などで車が行方不明になった場合は「滅失」、引き続き倉庫や物置代わりにする場合は「用途廃止」となります。例え車が残っていても手続き後の再利用はできません。

一時抹消登録

一時抹消登録は、その車を一時的に利用しない場合に行います。例えば病気での長期入院や、転勤などで実家に置いたままにするなどです。

再度陸運局で登録すれば、公道の走行が可能です。その後再利用しなくなったのであれば、「解体届出」をすると永久抹消登録と同じ扱いになります。

輸入抹消仮登録

輸入抹消仮登録は、海外へ車を輸出するときの手続きです。基本的には業者が行いますが、個人でも同じ車を海外で乗りたい場合に行う機会があるかもしれません。

登録したままでも車検を受けなければ自動車重量税や自賠責保険は発生しませんが、自動車税は抹消しない限り請求され続けます。利用しない車は抹消登録したほうがお得なのです。

廃車手続き、陸運局に自力で行く?業者依頼?

廃車手続きをするには、陸運局に書類を提出する必要があります。

解体して永久抹消登録するなら事前に解体業者へ車を持ち込み、「解体証明書」を発行してもらわなければいけません。

永久抹消登録の場合、申請書に振込口座を記入すると、車検の有効期間が1ヶ月以上あれば、自動車重量税が残月数の分だけ振り込まれます(都道府県により異なる場合がございます)。

他にも自動車税は、陸運局の敷地内にある「自動車税事務所」で書類を提出すれば、3月までの月割りで戻ってきます。自賠責保険や任意保険の還付は保険会社での手続きが必要です。自動車重量税とは違って、一時抹消登録でも還付されます。

自分で陸運局で手続きできるが

これらの手続きは自力で行うことが可能です。一時抹消登録は手数料が発生しますが、永久抹消登録は無料で行えます(申請書代を支払う場合があります)。

ただし、陸運局の窓口が開いているのは平日の日中だけ。さらに月末や年末、年度末に近くなると混み合います。もし書類が不足していたり、不備があったりすると受け付けてもらえません。

陸運局での手続きを代行してもらうという手段

解体業者や買取業者の中には、陸運局の廃車手続きを代行してくれるところがあります。

仕事が忙しくて平日に陸運局へ行けない、あるいは陸運局が遠方にあって出向くのが面倒な場合は重宝するでしょう。

代行手数料は無料で請け負う業者から1万円前後かかる業者まで様々です。

他にも行政書士に依頼するのも可能ですが、有料ですし、永久抹消登録時の解体業者への持ち込みは自分で行わなければいけませんので、非推奨な方法となります。

カーネクストの場合は、無料で手続き代行が可能でございます。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

自分で陸運局に行って廃車手続きをする場合

自分で陸運局に行って廃車手続きをする場合、まず必要な書類を用意します。

それぞれ以下のとおりで、永久抹消登録と一時抹消登録では申請書が異なり、永久抹消登録には解体業者からの報告書にある「解体報告記念日」の控えが必要です。

永久抹消登録 一時抹消登録
名義人の印鑑証明書
(発行日から3ヶ月以内に限る)
名義人の印鑑証明書
(発行日から3ヶ月以内に限る)
車検証 車検証
ナンバープレート2枚 ナンバープレート2枚
名義人の実印 名義人の実印
移動報告番号の控え
(リサイクル券に記載されている)
手数料納付書
(運輸支局で入手)
解体証明にある
解体報告記録日の控え
一時抹消登録申請書
(運輸支局で入手)
手数料納付書
(運輸支局で入手)
自動車税と自動車取得税申告書
(運輸支局で入手)
永久抹消登録申請書
(運輸支局で入手)
自動車税と自動車取得税申告書
(運輸支局で入手)

書類に必要事項を記入したら「ナンバー返納」窓口にナンバー2枚を返却し、手数料納付書に「返納確認印」を押してもらいます。

続いて必要書類を所定の窓口に提出すると「抹消登録証明書」が発行されます。最後に自動車税事務所へ向かい、そこで自動車税・自動車取得税申告書を提出して完了です。

なお軽自動車の場合は手続きする場所が異なり、陸運局ではなく「軽自動車検査協会」です。名称も永久抹消登録は「解体返納」、一時抹消登録は「自動車検査証返納(一時使用中止)」となります。

必要書類は概ね同じですが、認印で良いため印鑑証明書は不要です。解体返納は自動車重量税が還付されますが、どちらも自動車税の還付はありません。

まとめ

車は国土交通省に登録されているため、廃車にするには陸運局で抹消する手続きが必要です。

業者や行政書士が代行してくれますが、自分で行うと安上がりで、そんなに難しくありません。

弊社カーネクストでは、廃車買取の際に陸運局での手続きを無料で代行しており、手続きによっては自動車税も還付されます。

忙しい、または遠いという理由で陸運局まで行けない場合は、ぜひご相談ください。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。