2021年外車SUVの人気予測8選!BMWのX1?ボルボXC40は

自動車のニュース

2020年も12月に入り、2021年まで10日をきろうとしています。日本国内でのクルマのトレンドは、昨年から引き続きSUVとなっています。各国産車メーカーからも新型SUVの販売や、人気SUVがフルモデルチェンジを行うなど話題がつきません。もともと走破性が高いSUVは海外でも人気が高い車種はありましたが、近年はオフロード向けだけでなくシティユースも可能となったコンパクトSUVや、クロスオーバーSUV、またEV車やPHEV車などの低燃費で環境性能が高いタイプの外車SUVも増えています。今回は2021年に向けて、来期も人気が高いと思われる外車SUVの中から、人気予測を行います。2021年度に向けて買い替えの参考にぜひご覧ください。

旧型SUVも本当に高く買ってくれるの?
  • 事故車や不動車、故障車でも高く売れるの?
  • 低年式・過走行車でも高く売れるの?
  • 廃車費用が無料って本当?
  • レッカー費用が無料って本当?

どんな車でも高価買取しております!

お客様の問題はすべて解決!!

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

2021年人気予測|コンパクトクロスオーバー外車SUV3選

2021年度に人気が高くなると予想される、外車SUVの中でもコンパクトサイズのシティユースにも向いているクロスオーバーSUVを3車種ご紹介します。特に都市部では車幅や車高が大きすぎて街中のパーキングでの駐車が厳しいという声もある中、コンパクトSUVなら街乗りもしやすく駐車にも困らないメリットがあります。さらにSUVというと車高が高いため、小柄な女性ドライバーにも運転がしやすいと人気です。外車SUVは大型イメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、実はコンパクトタイプも多く、価格帯も国産メーカーと比べて大きく差がないため、比較検討されてみてはいかがでしょうか。

フォルクスワーゲン・ティグアン

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンのコンパクトクロスオーバー外車SUVが「ティグアン」です。フォルクスワーゲンといえば、ドイツ語で国民車を意味する自動車メーカーで、高級車から国民車と言われる手ごろに買い求めやすい価格のクルマまで揃っています。中でもティグアンは、2008年に初代モデルが登場し、ベースカーはフォルクスワーゲン・ゴルフのためボディサイズもコンパクトで日本の街乗りにも乗り回しやすいサイズ感の外車SUVとなっています。現行型ティグアンは2016年にフルモデルチェンジした2代目モデルで、エントリーモデルはTSI Comfortlineで、メーカーによる概算見積りは426万円~となっています。

TSI Comfortlineスペック
全長-全幅-全高-燃料消費率
4,500mm-1,840mm-1,675mm-17.2km/ℓ

ボルボ・XC40

スウェーデンの自動車メーカー、ボルボ・カーズから初めて販売された都市型コンパクトSUVがXC40です。ボルボの新世代SUVラインナップのなかでXCシリーズは人気が高く、XC40は2018-2019の日本カー・オブ・ザ・イヤーを授賞しています。2018年初頭ヨーロッパや北米、カナダで販売が開始され、その後日本での発売開始が2018年3月からとなっています。日本カー・オブ・ザ・イヤーを授賞理由にもあるように、日本の道路環境にあった扱いやすいサイズ感と、北欧デザインのインテリアや収納スペースの充実度の高さ、安全装備が全車標準装備となっているところが評価を高くしています。XC40のベースモデルB4は、概算見積り409万円~となっています。

B4スペック
全長-全幅-全高-燃料消費率
4,425mm-1,875mm-1,660mm-12.7km/ℓ

BMW・X1

BMWはドイツの自動車メーカーで、X1は高級SUVとなっています。BMWのSUVはXシリーズという名称になっており、X1はX5・X3・X6に次ぐ4番目のモデルで最小クラスに位置しています。3シリーズとはプラットフォームを同じくする兄弟モデルになっていますが、ステーションワゴンの3シリーズと比べるとオフロード走行に強い足回りの4WDを採用しています。街も大地も縦横無尽に走りぬく、スポーティさと走破性の高いSUVで、初代モデルは2009年に登場、現行型は2015年にフルモデルチェンジした2代目モデルで、ガソリン・ディーゼルモデルの価格は440万円~となっています。

ガソリン・ディーゼルモデルスペック
全長-全幅-全高-燃料消費率
4,455mm-1,820mm-1,610mm-14.3km/ℓ

 

日本全国47都道府県に2万件を超えるタイムズ24駐車場の利用規定では、平地に設置する駐車場に駐車することができる車両サイズは下記内容となっています。上記でご紹介したコンパクトタイプの外車SUV3車種は、すべて駐車場規定に収まるサイズ感となっており、街中や外出時も利用がしやすい車となっています。
車両全長  3.3m以上~5.0m以下
車輌全幅  1.4m以上~1.9m以下
最高車両高 1.2m以上~2.1m以下
最低地上高 15cm以上
車両総重量 2.5t以下

2021年人気|走破性抜群の大型サイズ外車SUV3選

2021年度に人気が高くなると予想される、外車SUVの中でもボディサイズが大きく、オフロードなど未舗装の道路もしっかりとした足回りとパワーで走りぬくことが出来る大型の外車SUVを3車種ご紹介します。どの車種に関してもボディサイズが大きく、その総重量に対した走行性能になるため高排気量のパワータイプの車種が多くなっており走りが好きなドライバーから人気の車種が揃います。ただし、都市部ではスペースが取りづらく乗り回しが難しい、機械式駐車場に停めることはほぼ不可能になるなどのデメリットもあります。自宅や付近にパーキングスペースにゆとりのある駐車場を所有することが必須となってくるでしょう。

ランドローバー・ディフェンダー

ランドローバーは英国の高級四輪駆動車専門の自動車メーカーです。ランドローバーシリーズは、オフロード向け車両として1948年に開発がおこなわれました。ディフェンダーは1990年に登場し2016年に初代モデルが生産を終了、以降記念モデルは2018年に150台限定で発売されました。2019年11月にフルモデルチェンジしたディフェンダーL663が登場し、2020年4月から通常モデルの受注を開始しました。2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーの第一次選考に対象車となり10ベストカーに選出。今回のフルモデルチェンジで1948年から製造されていたランドローバーのエクステリアデザインを一新した勇気が、日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員からも高く評価されています。車両本体価格は529万円~となっています。

ディフェンダー90スペック
全長-全幅-全高-燃料消費率
4,510mm-1,995mm-1,975mm-8.3km/ℓ

ジープ・グランドチェロキー

ジープは、クライスラー傘下の四輪駆動車ブランドになります。もともとは第二次世界大戦中のアメリカ陸軍の要請により開発着手された四輪駆動車がその元祖と言われていて、耐久性能が高く、悪路走破性が高い車として認知度が高くなっています。ジープブランドのグランドチェロキーは、1993年に北米で販売が開始され輸出モデルが国内でも流通していましたが、2011年に日本仕様車の発表があり同年3月から日本仕様の販売が開始されました。日本仕様車は2014年と2017年にマイナーチェンジが行われているもののフルモデルチェンジはしておらず、現行型はWK2型となっています。V型6気筒エンジンまたはV型8気筒エンジンのパワーと力強さのある走りに、高級感のあるエクステリアデザインとなっています。フラグシップモデルの全国メーカー希望小売価格は524万円~となっています。

Laredo(フラグシップモデル)スペック
全長-全幅-全高-燃料消費率
4,835mm-1,935mm-1,825mm-9.6km/ℓ

メルセデスベンツ・Gクラス

メルセデスベンツは、ドイツのダイムラーが所有する乗用車ブランドです。日本国内では輸入していた販売店の戦略もあり、高級車イメージがあるメルセデスベンツですが、実はドイツでは大衆車として、タクシーやバスなどの取り扱いもしている自動車メーカーとなっています。ただし、メルセデスベンツ・Gクラスというと大型SUVのなかでも高級車クラスとなっており、Gクラスは1,237万円~となっています。GクラスのGはゲレンデヴァーゲンの頭文字で、軍用車両ゲレンデヴァーゲンを民生用にアレンジさせたものがGクラスの源流になることから、Gクラスのことをベンツのゲレンデと呼ぶユーザーもいます。

G350dスペック
全長-全幅-全高-燃料消費率
4,660mm-1,930mm-1,975mm-9.9km/ℓ

2021年人気|高性能低燃費なEV&PHEVの外車SUV2選

地球環境問題にも対応する高性能で低燃費なEV(電気自動車)や、PHEV(プラグインハイブリッド)車の外車SUVも続々と登場しています。まだまだ高性能技術のクルマは部品自体が高額なことから車両本体価格も高く、手に届かないという方も多いところが現状ではあるものの、メーカーの技術刷新により少しづつ購入可能な価格になった車両も増えてきました。こちらでは今後期待できる高性能低燃費な外車SUVをご紹介していきます。

プジョー・SUVe-2008

フランスの世界最古の量産自動車メーカーといわれているプジョーが、2012年に販売を開始したコンパクトSUVがプジョー・2008です。そして、2019年のフルモデルチェンジの際に同時に発表されたモデルがプジョー・2008の電気自動車であるe-2008です。蓄電容量は50kWhで一度の充電によるカタログ記載の航続距離は最大430kmとなっています。特に2008シリーズはSUVの中でも、インテリアやシートの上質さが好評となっています。SUVe-2008GTLineのメーカー希望小売価格は468万円~となっています。

e-2008GTLineスペック
全長-全幅-全高-燃料消費率
4,305mm-1,770mm-1,550mm-140Wh/km

MINI・クロスオーバーPHEV

MINIはドイツの自動車メーカーであるBMWのブランドの一つです。こちらのMINIは、ブリティッシュモーターコーポレーションのローバーミニとは異なり、BMWによるものです。BMWでは、1994年以降全く新たなミニの開発を初めていて、2008年にパリサロンで発表されたMINIクロスオーバーが登場し、2013年には第3世代のMINIのF60型カントリーマン(日本名:クロスオーバー)にPHEVモデルが登場しました。コンパクトながら足回りの強いMINIクロスオーバー(カントリーマンALL4)は、ダカールラリーで2012年、2013年と優勝しています。MINIクロスオーバーPHEVの現行型は車両本体価格510万円~となっています。

クロスオーバーE ALL4スペック
全長-全幅-全高-燃料消費率
4,315mm-1,820mm-1,595mm-17.6km/ℓ

動かない車でもパーツ売り

エンジンがまったく動かない車でも買取はできるのか?とご質問をいただきます。他社だと買取どころか、処分費用を請求されます。確かにエンジンの状態が買取金額を大きく左右します。ただし、カーネクストですと自社工場で車を解体することができます。
ですので、使えるパーツだけを選別し、販売することができます。

ダイレクト販売で需要に的確

全国に約1,000社を超える提携業者がございます。カーネクストなら業界内で需要のない車でも必要とする場所に車を卸すことができます。流通の多かった車や日本国内であまり乗られていない車などの価値を引き出し、お客様に買取金額として全力で還元してまいります!

ワールドワイドに販売

15万キロ超えの車や15年前の車など、日本で現役を終えた車は海外でまだ活躍できます。日本車は海外でも高い評価を受けており、頑丈で安全性の高さが評判です。ただ国外で販売できるのはすべての業者が行えるわけではございません。海外に販路をもっているカーネクストだからこそ車に価値を見いだすことができます。

  • 査定・ご契約
  • お引取り
  • 書類ご準備
  • お振込み

申し込みから、振込みまでお手間は取らせません。査定は電話のみで完了!必要な書類もこちらからご案内致しますので、揃えていただくだけ!!あとはこちらがすべて代行致します。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。

北海道・東北地方
四国地方