オイル交換は車検時にやるべき?それとも前もってやっておくべき?

はじめての方へ

車検のときにオイル交換を行う人は多いでしょう。普段は車のオイルのことをあまり気にしておらず、車検のときに交換するものだと思っている人も少なくありません。

しかし、車検が近い時期にガソリンスタンドなどで、オイル交換を勧められることもあります。そんなとき、前もってオイル交換をしておくべきかどうか迷うでしょう。

ここでは車のオイル交換について説明し、車検前にやるべきかどうか解説していきます。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

オイル交換はどのくらいの頻度で行うべきか?

車に使われているオイルの種類と役割

車に使われている主なオイルは3種類あります。エンジンオイル、ブレーキオイル、トルコンオイルです。

ガソリンスタンドなどでオイル交換するように勧められるときには、ほとんどの場合、エンジンオイルのことを指しています。車のエンジンは金属でできており、エンジンが動く際に潤滑させるためにエンジンオイルが必要になるのです。エンジンオイルがなければ、車が走行することはできません。非常に重要度の高いオイルといえます。

ブレーキオイルは車のブレーキを作動させるために必要なオイルです。ブレーキペダルを踏むと、ブレーキオイルが押し出されてブレーキパッドに圧力が加わります。これにより、動いている車を止める仕組みです。ブレーキオイルがなければブレーキが使えないので、安全に走行するためには欠かせません。

トルコンオイルは、オートマチック車にのみ使用されているオイルです。オートマチックの部品の潤滑や動力の伝達、洗浄、冷却などさまざまな役割を果たしています。オートマチック車にとっては必要不可欠なオイルです。

オイルの交換目安

ここで挙げた3つのオイルのうち、どのオイルにも寿命があります。3つのうちでもっとも寿命が短いのはエンジンオイルです。走行している間は、エンジンが動いているためエンジンオイルが活躍していることになります。その間中、エンジンオイルは少しずつ劣化していくのです。

そのため、走行距離で見ると5,000キロを目安に交換が必要になります。期間で見ると半年程度です。車検は通常2年に1回であるため、車検時以外でも3回程度エンジンオイルを交換するのが望ましいでしょう。

また、オイルだけでなくエンジンオイルをろ過して汚れを取り除く、エレメントも劣化するので交換が必要です。エンジンオイルの交換2回に1回くらいを目安にするといいでしょう。

ブレーキオイルは、エンジンオイルほど劣化は早くありません。おおむね2年から4年程度で寿命を迎えます。車にかなり詳しい人でないと、自分で劣化具合をチェックするのは難しいため、車検のタイミングで交換するのが無難です。車検以外でもブレーキの効きが悪いと感じた場合には、修理工場などで見てもらい、ブレーキオイルを交換しましょう。

トルコンオイルの寿命の目安は、走行距離10万キロ程度です。新車登録から廃車にするまでの目安とほぼ同じであるため、1度も交換しないまま廃車にする車も少なくありません。普段はあまり気にする必要はないでしょう。

オイル交換をしないとどうなる?

オイル交換をしなかった場合に出る不具合

エンジンオイルを車検時にしか交換していなくても、特に目立った不具合が生じないことが多いです。しかし劣化したエンジンオイルを使い続けていると、潤滑の役割を十分に果たすことができなくなり、エンジンを傷めやすくなってしまいます。

また、パワーが低下したり燃費が悪くなってしまうことも多いです。車が本来持っている性能を発揮できなくなってしまいます。酷い場合にはエンジンの焼きつきなども起こってしまうかもしれません。

そのため、車検以外のときも小まめにエンジンオイルを交換しておきましょう。車検時のみの交換だと、車があまり長持ちしません。

ブレーキオイルが劣化している場合には、ブレーキが効きにくくなります。ブレーキの効きが悪いと気づきつつ、そのまま使い続けるのは大変危険です。異常を感じたら、すぐにディーラーや修理工場などに持って行き見てもらいましょう。

オイル交換をしなくても車検には通る

車検を受けるときに細かな部品をいくつか交換するでしょう。部品によっては劣化したまま使い続けていると、車検の検査項目に引っかかってしまうためです。劣化した部品を交換して車検に通る状態にします。

車検時にエンジンオイルの交換をよく勧められるため、エンジンオイルが古いままだと車検に通らないと思っている人も多いです。しかし車検の検査項目にエンジンオイルに関することは含まれていません。劣化して汚れているオイルのままでも、車検に通そうとすれば通ってしまいます。

車検業者の多くが車検時にオイル交換を進めてくるのは、車検に関係なくてもエンジンオイルの重要性が高いためです。車検を受けた直後は、不具合に悩まされることなく快適に運転して欲しいと考えている車検業者も多いでしょう。

また、ブレーキオイルに関してもオイルそのもののチェックは行いません。ただし、ブレーキの制動力のチェックは行われます。ブレーキオイルの劣化の度合いによっては、制動力で引っかかることもあるでしょう。制動力が弱い原因がブレーキオイルの劣化だと分かれば、ブレーキオイルを交換してくれます。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

車検時にオイル交換をすると高くつく

オイル交換の費用は業者による差が大きい

車のオイル交換を依頼できるところは意外とたくさんあります。車の調子が悪いと感じたときには、新車ならディーラーに、中古で買った車なら販売店に相談して見てもらう人が多いでしょう。車を買ったところなら安心できると感じる人は多いです。もちろんオイル交換もやってもらえます。

しかし、ディーラーはオイル交換の料金が他の業者と比べて高めです。中古車販売店も、ディーラーほどではないものの、やや高めの傾向にあります。

他にガソリンスタンドやカー用品などでも、オイル交換を依頼することが可能です。ガソリンスタンドだと、給油したついでにチェックしてくれるところも多いでしょう。しかし、ガソリンスタンドもオイル交換の料金はあまり安くありません。店舗により差がありますが、高いところだとディーラーよりも高くなる場合もあります。

一方でカー用品店の場合には、他の業者よりも安いところが多いです。そのため、なるべくカー用品店で依頼するのが望ましいでしょう。

また、ディーラーの場合には、エンジンオイルをまとめて購入してボトルキープできるところもあります。その場合には、カー用品店よりもお得なことも多いです。

車検前にオイル交換を済ませておこう

もうすぐ車検だという時期に、エンジンオイルが劣化している兆候が出てきたら、車検のときに一緒に頼もうと考える人が多いでしょう。しかし、なるべく車検前にオイル交換を済ませておくことをおすすめします。車検時にオイル交換をしてもらうと、普段のときよりも料金が高くなるところが多いためです。

中には車検時のオイル交換が無料だと謳っている業者も見られます。しかし、車検料金の内訳項目にオイル交換代を含めていないだけで、どこかに上乗せされている場合が多いです。整備代や部品交換代に含めているケースもあるでしょう。

車にあまり詳しくない人だと思われると、エンジンを長持ちさせるためという理由で添加剤などを勧められることもあります。一方でエンジンオイルを小まめに交換している人に対しては、あまり勧めてくることはありません。

もし古い車でオイル交換をしても、調子が良くならないのであれば、車体自体の劣化が考えられます。

その場合は、継続して乗り続けると整備費用などの維持費がどんどん高くなりますので、手放すことになるでしょう。ただし、この状態の車は中古車としての価値はない状態ですので、手放す際には廃車買取のカーネクストなどに売る方法が一番コスパが良い方法となるでしょう。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

まとめ

エンジンオイルは交換目安の時期を過ぎても、問題なく走行できることがほとんどですが、エンジンを確実に傷めてしまいます。

車を長持ちさせたいのであれば、小まめに交換しておきましょう。

そして、新しいエンジンオイルを入れた状態で車検に臨むのが望ましいです。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。