自走できない事故車を処分するのにもっともお得な方法は?

自動車の困り事

交通事故で車が故障し自走できなくなった場合にはどうするべきでしょうか。事故車で自走もできない状態だと廃車を検討せざるをえません。なるべく費用をかけないで処分したいと考えるでしょう。自走不可の事故車の場合、廃車費用だけでなく車を移動するためのレッカー費用もかかります。廃車費用をかけず手間や負担も少なく自走不可の事故車を処分するお得な方法はあるのでしょうか。ここでは自走できない事故車の処分方法について解説していきます。

手間なく簡単に事故車って処分できるの?
  • 事故車が売れるって本当?
  • 事故車をタダで廃車にできる業者ないの?
  • 代行で廃車手続きやってくれるの?
  • あとで処分費用請求されたりしない?

どんな車でも高価買取しております!

お客様の問題はすべて解決!!

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

自走できない事故車を下取りに出すと損するかも

車に関して何か不具合が生じたときにはディーラーを頼る人が多いでしょう。車の購入の度に同じ担当ディーラーに決めている方は、車のことならたいてい何でも引き受けてくれるでしょうし、連絡もとりやすいため安心感がありますよね。緊急時の修理や定期的な車検もディーラーに頼むという人が多いと思います。そのため、突然の交通事故で車が自走できなくなったときにも、ディーラーに相談するのが簡単で確実と選びやすいでしょう。しかし、ディーラーに自走不可の事故車の処分を依頼すると損してしまうかもしれません。

自走不可の事故車処分をディーラーに相談した場合

ディーラーからは自走不可の事故車の場合廃車にすることを勧められます。ディーラーに車を引き渡すだけで、廃車手続きも全て代行してくれるため、かなり楽です。時間も手間もほとんどかかりません。しかし、自走できない事故車をディーラーに依頼して廃車にすると費用はかかります。自走できないため、レッカー移動しなければ運べません。ディーラーにレッカー車を手配してもらい、運んでもらうのに高い場合で3万円ほどかかります。

廃車の方法は永久抹消登録と一時抹消登録の2種類あります。永久抹消登録とは、事故や故障によって自走出来る車としての再登録が出来ない車を廃車解体し、手続きを行います。一時抹消登録は、あくまでも一旦使用の中止をする手続きのため、抹消した後に再度中古車登録をして再使用する車に行う手続きとなります。自走不可の事故車であれば、永久抹消登録手続きを選択します。永久抹消登録手続きには、車のナンバープレートを運輸支局へ返納し、車を適切に解体しスクラップが完了したことが確認できると行うことが可能です。ディーラーが永久抹消登録手続きを代行する場合、解体作業は、ディーラーの方で解体業者に依頼してくれますが、解体にも費用がかかります。相場は高い場合で3万円くらいです。運輸支局の窓口でも手続きを行わなければなりません。ディーラーに代行で手続きを依頼している場合には、代行費用として1万円から2万円程度かかります。全部合計すると高い場合で8万円です。これから新しい車を購入しなければならないこともあり、8万円の出費は大きな痛手でしょう。自走不可の事故車の廃車手続きをディーラーに依頼した場合には、高い代行費用がかかることが大きなデメリットです。

ディーラーに自走不可車の処分依頼するとかかる費用

レッカー費用(距離による) 3万円前後
廃車解体費用 ~3万円
廃車手続き代行費用 1万円~2万円
処分にかかった合計費用 8万円前後

ただし、自走不可車を引き渡し、新しい車を購入するのであれば、同じディーラーで買えば廃車手続きの費用も値引きしてもらえる可能性があります。ディーラーは新車を売るのがメインの業務であるため、新車購入に繋がることには積極的です。ディーラーによっては新車購入を条件に自走しない事故車でも下取り査定して新車から値引きしてくれる場合もあります。

しかし、廃車予定の事故車を買い取ってもらっても、あまり得をしないケースも多いです。ディーラーでは、新車購入の際にある程度値引き交渉に応じてくれますが、買取った自走不可車の処分にかかった金額分を新車の値引き幅から差し引いてしまうケースも少なくありません。下取り値引きよりも高く買取がつく業者で現金に換えて、次の車の購入費用に充てた方がお得な場合もあるのです。

自走できない事故車を自分で廃車処分することも可能

shutterstock_144040552

自走不可の車の廃車をディーラーに頼むと予想される費用は高くなっています。そのため、他の方法を検討する人も多いでしょう。自分で手配や手続きをして廃車を完了すれば、ディーラーに依頼するよりは費用を抑えられます。時間的余裕があるのなら、ディーラーに依頼するよりも、なるべく自分で手続きする方がいいでしょう。

自分で自走不可車の廃車をする手順

廃車にする手順は、ナンバープレートを外して車の本体の解体依頼を行い、運輸支局で書面での手続きを済ませるというのが大まかな流れです。

廃車と聞くと、使わない車両をスクラップにすることをイメージしがちですが、スクラップするだけでは廃車したことにはならず、運輸支局で廃車手続きを行ってやっと完了します。また、自走不可の車の場合、車両解体してスクラップをすることが、手続きの前提として行わなければならないことです。解体作業は一般の人が自ら行えないため、解体業者に依頼して行います。あらかじめ解体業者に連絡をした上で、指定場所に車両を持ち込むだけで大丈夫です。

解体が出来る業者は認可を受けた業者に限られる
廃車の解体は使用済自動車引取業者へ依頼します。使用済自動車引取業者は、自動車リサイクル法に基づいて認可を受け自治体に登録されている業者に限られます。自動車リサイクル法に基づく認可は、適切な自動車リサイクル処理が可能な処理施設を保有している業者にのみおりています。

解体費用の平均相場は0円~3万円

廃車解体を依頼するとかかる解体費用は、車の状態によって異なります。高い場合で3万円くらいです。利用価値の高い金属や部品を使用している車両であれば、解体業者次第ですがほとんど費用がかからないこともあります。解体作業が済むと、解体業者から解体報告記録日を報告してもらえますので、確認した解体報告記録日と移動番号を控えておきましょう。

次に運輸支局に行って廃車手続きを行いますが、、廃車のナンバープレート前後2枚、必要書類を忘れずに持参していきましょう。移動報告番号はリサイクル券にも書いてあります。持参する必要書類は印鑑証明書と車検証です。手数料納付書と永久抹消登録申請書も併せて窓口で提出しますが、用紙は運輸支局で配布しているため持参する必要はありません。永久抹消登録申請書は無償配布ではなく、購入する形になりますが、100円前後です。

廃車手続きをご自身で行う場合に準備する書類一覧

自動車検査証原本 解体報告記録日と移動報告番号のメモ
所有者の印鑑登録証明書 登録されている印鑑
手数料納付書 永久抹消登録申請書
ナンバープレート前後2枚

自走不可車の廃車を自分でするならレッカー手配が必須

ただ、自走できない事故車だと、解体業者のところに持ち込む際にレッカー移動が必要でしょう。JAFか任意の車両保険に付いているレッカーサービスを利用すると安く済むことが多いです。JAFの場合はJAF会員でけん引距離が短ければ無料で済みます。

他のレッカーサービスだと基本料金が1万円前後で、けん引距離や作業内容で料金が加算される仕組みのところが多いです。解体業者のところに運ぶのに、トータルだと1万5千円から2万円程度かかってしまうでしょう。JAFに依頼しても会員でない場合には、他のレッカーサービスとあまり差はありません。けん引距離が短くても1万円以上かかってしまうでしょう。

自分で自走不可車の廃車処分をするなら、解体費用とレッカー費用を合わせると高い場合で5万円くらいかかります。安い場合だと永久抹消登録申請書の購入費用だけで済むこともあるでしょう。

自走できない事故車を買取業者に依頼して廃車するとお得?

shutterstock_422408197

交通事故などにより、自走不可の状態の車というと、中古車としての利用も難しそうだし買取もしてくれる業者はないと考えてしまいます。買取という選択肢自体が頭にないため、最初から検討することなく、廃車手続きをしてしまう人も多いようです。しかし、カーネクストのように自走できない事故車でも買い取ってくれる業者はあります。自走不可の車を、買取を検討せずに廃車に出すと費用がかかることがほとんどですが、買取なら逆にお金がもらえるためかなりお得になるでしょう。

自走不可の車が買取出来るって本当?

人によっては、自走不可の車だし、中古車としての価値はないのになぜ買取出来るのかと怪しまれてしまうこともあるかも知れません。廃車というと古い車や多走行車の買取のイメージを持つ方も多く、自走不可の車はたとえ廃車買取業者でも費用がかかりそうと不安に感じてしまいます。なぜ自走不可の車の買取が出来るのか気になりますよね。廃車買取専門業者は、廃車予定の車に使われているパーツや金属などをリサイクルして利益を得ています。廃車リサイクルを目的とする業者は、中古者買取業者の車としての販路とは異なり、車両のまま使用するわけではありません。自走不可車の原因は様々で、オーバーヒートによるエンジンの故障や、事故で車軸が曲がってしまったなどがありますが、そのような車でも再利用可能なパーツがあるため、車ではなくパーツ毎に見れば価値があるのです。また、パーツだけでなくボディの生産時に使われている鉄などの金属素材は鉄くずとしても再利用が可能で金属加工工場や製造工場に売却することが出来ます。このような理由から廃車買取業者は、自走不可車の買取が出来ているのです。

廃車買取ならレッカー費用の負担も少ない

廃車の買取をしている業者はレッカー車の手配に長けています。廃車買取業者によっては、レッカー移動も無料で行っています。車を動かせなくて、しばらく自宅の敷地内に放置していたような場合でも問題ありません。作業費等がかかるため、あまり高い査定額が付かなかった場合でも、廃車依頼した場合にかかる費用と比べるとかなりお得に廃車が出来ます。

また、買い取った車両から取れるパーツや鉄くずの販路が国内外にあるのならば、廃車買取業者は無料でレッカー移動しても、十分に採算が取れています。廃車手続きや税金の還付手続きも買取業者が代行してくれることが多いです。自分で行うのは手間と時間がかかるため、かなり助かるでしょう。

自走不可の車の廃車処分に関するよくあるご質問

車検が切れて自走出来ない車や、事故車故障車などの物理的に自走不可になってしまった車の廃車処分に関してよくいただくご質問にお答えします。

Q.自走できない事故車の処分を費用をかけずにする方法はありますか?

A.自走出来ない事故車の処分をする場合、ディーラーに廃車処分を依頼すると解体費用や廃車の手続きの費用がかかってきて高額になる可能性があります。ただし、廃車の方法次第では処分費用をかけずに廃車することが可能です。それは、廃車の買取が可能な業者に処分でははなく、買取を依頼する方法です。費用がかかってマイナスになるのではなく、買取がついてプラスになる可能性があります。

Q.自走不可車になってしまった、処分はどこに持ち込めばいいのでしょうか?

A.自走不可になってしまった車の、自走出来ない理由が故障や事故の場合、修理をしないのであれば廃車処分をすることになります。車本体の廃車解体は適切な解体処理が出来る引取業者へ、引き渡しをする必要があります。ただし解体業者への持ち込みにレッカー費用がかかってしまうと、レッカー費用と解体費用どちらもかかってしまう可能性がありますので、自走不可車の引き取りから廃車解体までを一貫して行ってくれる廃車専門の業者に買取を依頼すれば、持ち込まずに引取にきてもらうことが出来て、廃車完了まで任せることもできるのでお得です。

Q.自走不可車の廃車を自分でするなら手続きはどこで出来ますか?

A.自走不可になってしまった車の廃車の手続きは、最寄りの運輸支局または軽自動車検査協会で行います。ただし、廃車手続きには必要な書類と、廃車解体が完了したことがわかる移動報告番号のと解体報告日が必要です。ご自身で廃車されるのなら、まずは車両本体の解体から行いましょう。

Q.自走出来ない車を所有していると損をするって本当?

A.自走出来ない車で乗ることは出来ないものの、そのままガレージに置いたままにしてしまっているという方もいらっしゃるようです。自走不可の車であっても、車両登録情報が運輸局には存在していますので、ちゃんと廃車手続きをしていないと自動車税の課税が発生してしまい、乗っていない車なのに損をしてしまいます。

Q.自走出来ない事故車があるが所有者がローン会社です、廃車は出来ますか?

A.事故によって自走出来ない車で、使用できないものの所有者がご本人ではなくローン会社で、ローン会社のローンがまだ残っている場合勝手に廃車をすることは出来ません。まずはローン会社に事故で走行不可になったことを伝えて、廃車をどうするか確認しましょう。解体をして廃車手続きを行うか、ローン会社が引き取るか対応は相手次第です。もしもローンは完済していて名義変更が終わっていないだけであれば、ローン会社に事故のため廃車をすると伝えれば、廃車に必要な書類を出してもらえるため、廃車は可能です。

Q.自走不可になって車は使えなくなってしまったが自動車税は支払わないとダメですか?

A.自走不可になってしまったということが、運輸局にはわかりません。故障して動かなくなり使用していない、または盗難されてしまったため車本体がないといった場合も、廃車手続きを運輸支局で行わなければ車はあると見なされてしまうため、自動車税の課税は発生してしまいます。自走不可で完全に使用することがない車であれば、早めに廃車を完了してしまうことをおすすめします。

まとめ

自走不可車や動かない事故車は、中古車再販できないため価値がないと思われがちですが、パーツや金属素材で考えると、まだまだ再利用可能な価値のある車です。廃車買取を行っている業者では自走できない事故車も買取対象にしており、レッカー移動代や解体費用もかからず手続きも代行してくれます。ディーラーに廃車手続きを依頼したり、自分で廃車にしたりするよりも、かなりお得ですので、ぜひ利用してみましょう。

 

動かない車でもパーツ売り

エンジンがまったく動かない車でも買取はできるのか?とご質問をいただきます。他社だと買取どころか、処分費用を請求されます。確かにエンジンの状態が買取金額を大きく左右します。ただし、カーネクストですと自社工場で車を解体することができます。
ですので、使えるパーツだけを選別し、販売することができます。

ダイレクト販売で需要に的確

全国に約1,000社を超える提携業者がございます。カーネクストなら業界内で需要のない車でも必要とする場所に車を卸すことができます。流通の多かった車や日本国内であまり乗られていない車などの価値を引き出し、お客様に買取金額として全力で還元してまいります!

ワールドワイドに販売

15万キロ超えの車や15年前の車など、日本で現役を終えた車は海外でまだ活躍できます。日本車は海外でも高い評価を受けており、頑丈で安全性の高さが評判です。ただ国外で販売できるのはすべての業者が行えるわけではございません。海外に販路をもっているカーネクストだからこそ車に価値を見いだすことができます。

  • 査定・ご契約
  • お引取り
  • 書類ご準備
  • お振込み

申し込みから、振込みまでお手間は取らせません。査定は電話のみで完了!必要な書類もこちらからご案内致しますので、揃えていただくだけ!!あとはこちらがすべて代行致します。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。

北海道・東北地方
四国地方