トヨタ販売台数世界首位!RAV4とエクストレイルの魅力を比較

自動車のニュース

日本を代表する自動車メーカーのトヨタ自動車が、2020年の世界販売台数で5年ぶりに首位の座に立ちました。20年販売台数へ大きく影響があったことというと、19年から20年にかけてフルモデルチェンジを行ったRAV4の投入ではといわれています。

耐久性に信頼のある世界のトヨタ自動車と、技術力の高さに定評がある日産自動車、このどちらのメーカーからも人気の高いSUVが販売されています。日本国内でも人気があるSUVに乗り換えされる方へご検討いただく材料として、トヨタのRAV4と、日産のエクストレイルのお互いの魅力について、こちらで比較しつつご紹介します。

不要車も本当に高く買ってくれるの?
  • 事故車や不動車、故障車でも高く売れるの?
  • 低年式・過走行車でも高く売れるの?
  • 廃車費用が無料って本当?
  • レッカー費用が無料って本当?

どんな車でも高価買取しております!

お客様の問題はすべて解決!!

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

人気SUV!RAV4とエクストレイルについて

まずは、トヨタ自動車のRAV4と、日産自動車のエクストレイルについて詳しくご紹介します。現行車のスペックや販売価格もご紹介していますので、乗換えを検討中の方は参考にご覧ください。

トヨタのRAV4とはどんなクルマ?

トヨタ自動車のRAV4とは、どのようなクルマなのでしょうか。RAV4は、1994年に初代モデルの生産・販売を開始しました。現行モデルは、2019年に日本での販売を開始した5代目モデルですが、4代目モデルは日本国内では販売されておらず海外専売車となっていたため、国内では未販売の空白期間があります。RAV4はもともとオフロード向けではなくシティユースとしての目的を持った車でしたが、最低地上高に余裕があり耐久性のある下回りのボディや、4WD性能の高さからオフロード目的での購入も多く、フルモデルチェンジを行った3代目モデルからボディサイズを拡大、ここからより海外での人気が高くなっていきました

現行型RAV4のスペックは?

トヨタ RAV4 X4WD
メーカー希望小売価格 2,974,000円
全長 4,600 全幅 1,855 全幅 1,685 総排気量1,986L
燃料消費率(国土交通省審査値)WLTCモード 15.2km/L
2019年度予防安全性能評価ASV+++賞を受賞

日産のエクストレイルとはどんなクルマ?

日産自動車のエクストレイルとは、どのようなクルマなのでしょうか。エクストレイルは、2000年から販売を開始しました。エクストレイルの初代モデルのコンセプトは『4人が快適で楽しい、200万円の使える四駆』となっており販売開始から人気のクルマとなりました。初代モデルは世界167の国と地域で販売され、日本国内におけるSUV形乗用車販売台数1位も2001年から2010年まで第1位を獲得しています。現行モデルは2013年にフルモデルチェンジを行った3代目で、最新のマイナーチェンジは2020年10月一部改良が発表され内外装のデザインに手を入れています。

現行型エクストレイルのスペックは?

日産 エクストレイル(X-TRAIL) 20XiVセレクション2列4WD
メーカー希望小売価格 3,256,000円
全長 4,690 全幅1,820 全高 1,740 総排気量 1,997L
燃料消費率(国土交通省審査値)WLTCモード 12.6km/L
4WD標準装備のインテリジェント4×4システム

クロスオーバーSUVの魅力、都市部での対応力は?

RAV4とエクストレイル、どちらもオフロードだけでなくシティユースも取り回しやすいクロスオーバーなSUVとなっています。車高が高くボディサイズが大きいイメージのあるSUVですが、都市部での運転のしやすさ、駐車しやすさなどは購入前に気になるポイントです。特に都市部では停車するタイミングが多くなりやすいため、燃費に不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。こちらでは、RAV4とエクストレイルの燃費面や、駐車に適したボディサイズなのかなど比較してみます。

トヨタRAV4の都市部での運転のしやすさは?

トヨタRAV4のシティユースでの乗り回しは、初代モデルと2代目モデルであればボディサイズが3代目モデル以降と比べると、乗用セダンの全長に近く小ぶりになっています。小回りがしやすかったり、セダンからの乗換えという方には取り回しやすく感じるでしょう。では駐車スペースの対応力はどうでしょうか。日本国内のパーキングで特に都市部での機械式駐車場の一般的なサイズ制限は、全長5,000mm以下・全幅1,850mm以下・全高(普通車)1,550mm、(ハイルーフ)2,050mm以下前後となっています。RAV4の現行モデルは全長4,690mm・全幅1,820mm・全高1,740mmとなり、通常の全高の駐車スペースでは対応が難しいため、もしも月極での契約等で探す場合はハイルーフ車スペースでなければ難しいでしょう。燃費面では現行モデルである5代目RAV4ハイブリッドモデルの低燃費に驚かれた方も多いのではないでしょうか。SUVでありながらWLTCモードでは燃料消費率20.6km/Lとなっており、同モデルのガソリン車が15.2km/Lと比べても差は歴然です。街乗りや通勤のため毎日運転する方にとっても良いといえます

日産エクストレイルの都市部での運転のしやすさは?

日産エクストレイルは、四駆に特化したSUVです。4WDに標準装備されているインテリジェント4×4システムは、アクセルを踏むと同時に各種センサーの情報を得たシステムが、前後のトルク配分を切り替えるため、滑りやすい路面などでも安定した走行が可能です。例えば雨の日の濡れた路面にも安全に走行が可能で、さらに燃費面でも無駄な排出を抑えることが出来ます。また、駐車面に関してはグレード別の設定にはなるものの、インテリジェントアラウンドビューモニターによって、トップビューを選択すると車両を上空から映し出したような映像がナビ画面に表示されるため、スムーズな駐車が可能となっています。メーカーオプションを選択すると、インテリジェントパーキングアシスト(駐車支援システム)を追加装備することも可能です。インテリジェントパーキングアシストは、指定した駐車枠への駐車する際のハンドリングをサポートするため、車庫入れや縦列駐車などでも活躍します

RAV4とエクストレイルの魅力、最新の安全性能!

車両自体は耐久性が高く、悪路走行にも強い足回りを持っているRAV4とエクストレイルですが、運転するドライバーや同乗者にとっても気になる安全性能についてこちらで比較します。

RAV4に搭載されている最新の安全性能とは

RAV4に搭載されている安全性能というと、『ぶつからないをサポート』するプリクラッシュセーフティがあります。昼夜の歩行者と昼間の自転車運転者の検知機能がついた衝突回避支援システムで、クルマに搭載されたミリ波レーダーと、単眼カメラにより衝突の可能性を検出します。衝突可能性があると検出すると、警報ブザーで音を、ディスプレイ表示で目にも危険をお知らせし、ブレーキのアシストを行います。ブレーキが踏めなかった場合もプリクラッシュブレーキを作動させることで衝突回避支援または、衝突時の被害を軽減します。RAV4は車高が高くなり運転者の視界も高い位置となるため、このような安全性能システムが搭載されていることは、運転する際にも心強いサポートになるでしょう。

エクストレイルに搭載されている最新の安全性能とは

エクストレイルに搭載されている安全性能というと、踏み間違い衝突防止アシストです。サポカー対象車に搭載されるこちらのシステムは、駐車操作をする際や低速走行時にドライバーが誤った操作でアクセルペダルとブレーキペダルを踏み間違えてしまった時、進行方向に壁などの障害物があり衝突する危険がある時に、ドライバーメーター内のディスプレイに警告を表示します。また警報ブザーでも危険をお知らせし、エンジンの出力やブレーキ制御を行うことで、衝突回避を支援するシステムです。

RAV4とエクストレイルの過去モデルの買取相場は?

現行型が5代目のRAV4は初代発売から26年が経過し、3代目のエクストレイルは初代発売から20年が経過しています。同車種のモデルチェンジ時期にディーラーで乗り換える方も多いと思いますが、年式や走行距離、修復歴などによっては下取りがつかないことも。下取りがない場合、新車の購入価格は値引きがされず高額になります。実は、このように下取り査定では0円だった車でも、中古車買取で売却を行えば、買取がついて新車購入費用に充てることが出来る可能性があるのです。具体的に、RAV4とエクストレイルの買取相場や、どんな車買取業者に売却をすると高く買取をしてもらえるのか、業者探しのポイントも各々紹介していきます。

RAV4の中古車買取相場と高く売る業者選び

RAV4の中古車買取相場としては、初代・2代目モデルと3代目以降のモデルはボディサイズが異なります。まず、4代目モデルは海外専売車となったことからもわかるように、RAV4は海外での人気が高いSUVです。そのため、ボディサイズが大きい3代目モデルは、海外輸出車として人気があります。燃費としては落ちるものの、高トルクでパワーのある4WDは特に人気があり、3代目モデルで走行可能車であれば買い取り相場も決して悪くありません。
RAV4を車買取業者に高く売るためのポイントも、海外輸出を行っている業者であるかどうかを見極めることがポイントになるでしょう。もともとトヨタ自動車のSUVはランドクルーザーを筆頭に海外での認知度が高い車です。トヨタ自動車の買取を強化している業者や、海外輸出や海外の業者との提携をしている業者を選ぶことが高く売るためのポイントといえるでしょう。

>カーネクストのRAV4買取相場はこちら

エクストレイルの中古車買取相場と高く売る業者選び

エクストレイルの中古車買取相場としてのポイントは、地域性です。エクストレイルは路面状況に影響を受けやすい地域、寒冷地での人気が高くなっています。エクストレイルの4WDに標準装備されているインテリジェント4×4システムも、悪路に対しての安定した走行が可能となっており、さらに4WDの走行安定性は高くなっています。そのため、中古車買取を行っている業者では、寒冷地仕様になっていたり、4WD仕様であれば路面凍結や積雪が多い地域での再販価格が高く見込める可能性があるため買取もつきやすく、買取相場も上がりやすくなっているのです。さらに、道路整備環境が整っていない国や地域でも、悪路走破性の高さは価値が上がります。
エクストレイルを車買取業者に高く売るためのポイントは、販路が中古車販売をしている業者であれば全国に拡大し持っていること、さらにいえば海外にもあると買い取り価格に期待することが出来るのではないでしょうか。

>カーネクストのエクストレイル買取相場はこちら

動かない車でもパーツ売り

エンジンがまったく動かない車でも買取はできるのか?とご質問をいただきます。他社だと買取どころか、処分費用を請求されます。確かにエンジンの状態が買取金額を大きく左右します。ただし、カーネクストですと自社工場で車を解体することができます。
ですので、使えるパーツだけを選別し、販売することができます。

ダイレクト販売で需要に的確

全国に約1,000社を超える提携業者がございます。カーネクストなら業界内で需要のない車でも必要とする場所に車を卸すことができます。流通の多かった車や日本国内であまり乗られていない車などの価値を引き出し、お客様に買取金額として全力で還元してまいります!

ワールドワイドに販売

15万キロ超えの車や15年前の車など、日本で現役を終えた車は海外でまだ活躍できます。日本車は海外でも高い評価を受けており、頑丈で安全性の高さが評判です。ただ国外で販売できるのはすべての業者が行えるわけではございません。海外に販路をもっているカーネクストだからこそ車に価値を見いだすことができます。

  • 査定・ご契約
  • お引取り
  • 書類ご準備
  • お振込み

申し込みから、振込みまでお手間は取らせません。査定は電話のみで完了!必要な書類もこちらからご案内致しますので、揃えていただくだけ!!あとはこちらがすべて代行致します。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。

北海道・東北地方
四国地方