車のブレーキを修理しよう!費用は?ブレーキの利かなくなる原因は?

自動車の困り事

車を運転する上で最も重要とも言えるブレーキ。もし運転中にブレーキが効かなくなったら、と思ったらぞっとしますよね。

そんな生命に関わる大切なブレーキですが、運転している中で少しずつ効きが悪くなっていくので、ふと気づくとかなり効きが悪くなっていた、なんてこともあります。

急にブレーキが効かなくなるといったことももちろんあるのですが、運転中になんだかブレーキの効きが悪いと感じたり、ブレーキを踏んだ時にキーキーと異音がしたりするといった違和感を覚えることで、前兆に気付くこともできます。

そこで今回は、車のブレーキが効かない場合の原因や修理に出した時にかかる費用の相場についてご紹介していきます。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

車のブレーキが利かない?何が原因なの?

shutterstock_309171176

車のブレーキが利かない原因にはどんなものがあるのでしょうか。車のブレーキが利かないとなれば、交通事故にもなりかねません。命にかかわるブレーキの故障。どんな原因があるのか詳しくみていきましょう。

ブレーキオイルの劣化

車のブレーキはブレーキオイルの油圧で制御しています。長期間オイルを交換していないと、オイルは吸湿性があるので水分を含んで劣化してしまいます。

また、同じく水分によってできた「サビ」が原因でブレーキのオイル漏れが起きてしまったりすることもあります。こうしたリスクを防ぐためにも、4年に1度はオイルを交換するようにしましょう。

キャリパーが原因

車のブレーキは、ブレーキパッドがブレーキローターを挟み込むことでブレーキがかかるような仕組みになっています。そのため、ブレーキパッドをブレーキローターに押し付けるブレーキキャリパーの油圧ピストンがうまく働かないと、ブレーキが効かない構造となっています。

ブレーキキャリパー本体が交換になるということは滅多にありませんが、ピストンシールやダストブーツなどのゴムの劣化が原因のこともあるので、その部分を交換したり修理したりする必要があります。

だいたい10万kmが交換時期の目安となりますのでブレーキの効きが悪くなってきた気がしたら、まずはキャリパーをチェックしてみることをおすすめします。

5万キロを超える車をお持ちの方へ

ブレーキパッドが原因

ブレーキをかけた時にキーキー音がするなら、ブレーキパッドがすり減ってしまっているかもしれません。日本車では、ブレーキパッドの残量が危険値になったことを音で知らせてくれます。電気式と機械式の2種類があり、電気式では警告ランプが点灯し、機械式は金属片が擦り合わさるような異音がなります。

新品のブレーキパッドは10mm程度ありますが、3mm以下になったらすぐブレーキパッドの交換が必要で、走行距離の目安は普通車で走行距離が4万キロ前後、軽自動車で走行距離が5万キロ前後です。

ブレーキパッドの消耗は、普段の走り方によっても減りが変わります。急ブレーキを頻繁にかける人などは交換の頻度が早いと言えるでしょう。

ブレーキが利かない車は危険!修理に出そう!

ブレーキの利かない車は早急に修理に出すことをおすすめします。利きづらくなってきたな、キーキーと音がするなどと異変を感じた時点で修理に出しましょう。ここでは、ブレーキ修理の費用の相場や部品ごとの修理の費用についてご紹介していきます。

ブレーキ修理の相場

ブレーキを修理すると言っても、どの部分を修理するか、どんな車種なのかなどによって、かかる費用は大きく変わってきますから、相場を一口で言うことは非常に難しいです。

結論から言うと、合計でかかる費用の相場はおおよそ10,000円~50,000円程度と幅広くなっているのです。

そこで次に、実際に交換するパーツごとにパーツの値段と工賃を合わせた時の値段の相場をご紹介します。

ブレーキパッド交換の場合

ブレーキパッドは普通自動車の場合数千円~数万円程度が相場となっていますが、工賃を含めると平均して16,000円程度は掛かります。

全て交換、と言うわけではなく調整だけだとしても、7,000円程度はかかってきます。

純正のブレーキパッドであれば10,000円に工賃がかかる形になるのが普通です。

ブレーキオイル交換費用

ブレーキオイルの交換費用は2,000円程度の工賃がかかるので、だいたい4,000円程度が相場となります。

オイルに関しては大抵同じくらいの値段になるかと思うので、相場を大きく外れることはあまりないでしょう。

法定点検時の交換だと安くなりますが、ブレーキが効かなくなっている状態で点検を待つわけにはいかないので、おかしいなと思ったらすぐに交換してしまいましょう。

ブレーキディスクの交換の場合

ブレーキディスクの交換は、ブレーキパッドを2回交換するタイミングで1回交換するくらいの頻度になります。

何箇所交換するかによって値段が変わり、1か所だけであれば4,000円程度です。

4か所交換となると、どんなに安くても10,000円は超えることになりますので、すこし高く見積もっておくと良いでしょう。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

異音や故障が出たらすぐにブレーキ修理に出そう

shutterstock_533329687 (1)

ブレーキの利かない車に乗るのは大変危険なので、すぐに修理をするか部品の交換などをおこなわなければ事故のもととなります。

ブレーキは命に関わる

ここまでブレーキ故障に関わる部位と交換にかかる費用の相場についてご紹介してきましたが、交換は頻繁に行い、費用も掛かるイメージがついた人も多いのではないでしょうか。

しかし、ブレーキは生命に直接関わるので、もし異音があったり、故障かなと思ったりしたらすぐに調べてみて、交換をしなければなりません。

おかしいと思いながら使用しているうちに、簡単な修理では対応できないようになってしまうと、最終的にかかる費用も高くなってしまい、使えない車となってしまうのです。早め早めに動くことが大切でしょう。

車検の際や修理に出しても高くなるようならいっそ買い替えた方がいい

ブレーキの交換については、さまざまなお店で見積もりを取って安く替えられる店を探すことになりますが、この他にも車検の際の点検で交換するというのがタイミングも良く、安く済む方法です。

それでも消耗が激しいと修理費用が高くなってしまうことがありますし、むしろ今の車に乗りつづけるよりも車自体を新しいものに買い換えた方がお得なこともあります。

車を買い替えたいと思っていたり、修理に出すよりも高くついたりしそうだと感じたら、車の買い替えを検討してみても良いのではないでしょうか。

他のパーツは使えるので廃車買取専門の業者がおすすめ

もし車の買い替えをするのであれば、今の車をどうするかという問題が出てくるでしょう。ブレーキが利かなかったりすると、中古車として売ることができるのかと心配になります。

経年劣化での修理であれば、車検や修理などで高額な費用を支払わなければならないことも多いので、故障してしまっているのであれば廃車買取が、特に弊社カーネクストの様にまだ使えるブレーキ以外のパーツも買い取りで査定額をあげられる業者がオススメです。

故障して動かない車であっても0円以上で買い取ることを保証しておりますので、買い替えの際は是非ご利用ください。

現在の査定額をWEBでチェック!

まとめ

このように、ブレーキの故障にはさまざまな要因があります。しかし、どの部品も車に乗ったり年月が経ったりするにつれて劣化していきます。

早め早めに修理に出すにしても、おかしいと思ったタイミングで買い換えるにしても、まずは事故を起こさないように車のチェックをすることが重要です。

ぜひ、自分の車のブレーキや他の部分は大丈夫なのか、定期的にメンテナンスをするなど今一度チェックしてみることをおすすめします。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。