自家用で補助ブレーキの付いた車に乗るにはどうすればいいの?

自動車の困り事

自動車教習所では技能講習で、助手席に「補助ブレーキ」が付いた車を使用します。

運転席で危険な操作をされても、指導員がすぐにブレーキを踏んで事故を防げるのがメリットです。

これを自家用に入手するのは可能なのでしょうか。

どんな車でも原則0円以上で買取します!廃車引取費用・手続き手数料は一切無料!

教習車の補助ブレーキってどんな仕組みなの?

自動車教習所の技能講習や路上試験に使う車(教習車)は、特殊用途自動車の構造要件として助手席に補助ブレーキを取り付けるよう義務付けられています。

そのため教習車であれば必ず補助ブレーキが付いています。

1台の車に2つのブレーキがあると、同時に踏んだときどうなるのか不安になりますが、教習車の場合はどちらか片方しか作動しません。

教習車のブレーキは普通の車と同じく油圧式になっており、ペダルを踏むとその力がブレーキパッドに伝わる仕組みは同じです。ただし運転席のブレーキと補助席のブレーキは油圧系統が一緒であるため、どちらか片方を踏むと、もう片方のブレーキは油の抵抗で踏めなくなります。

他にも教習車は道路交通法施行規則の第24条第6項において、サイズが決まっています。普通車であれば5人乗りで、以下の条件を満たしていなければいけません。

  • 長さ:4.4m以上
  • 幅:1.69m以上
  • ホイールベース(前輪軸と後輪軸との距離):2.5m以上
  • トレッド(タイヤが接地している面の中心を左右で結んだ距離):1.3m以上

そのため補助ブレーキを搭載できるのは、サイズの大きい車種に限られます。主流はトヨタのスーパーホワイトIIやマツダのアクセラ、ホンダのグレイスなどです。

プリウスはすべての条件を満たしているので教習車にするのは可能ですが、アクアは全長が足りない(最大でも4.06m)ため不可能です。

補助ブレーキが付いた車を入手する4つの方法

自家用に補助ブレーキの付いた車があれば、初心者の頃やペーパードライバーなど、運転に不安があるときは助手席でサポートしてもらえるので安心です。

けれども教習車は自動車教習所を対象に販売されているため、新車を自家用に購入するのはかなり困難です。たとえ購入できたとしても、補助ブレーキは使えなくなったという事例もあります。

補助ブレーキを使いたいのであれば、以下の4つの方法で入手するのが比較的簡単です。

中古車販売店から購入する

自動車教習所で使用済みになった車を販売しています。

多くは他の自動車教習所が購入しますが、ペーパードライバーの練習用に使いたい自治体や町内会などにもニーズがあり、個人でも購入できます。

車の買い替えを検討の場合
今の車を処分して、新車への買い替えを検討の場合は、今の車を高く売る事でトータルコストを抑える事が可能となります。そこで必要になるのは車の売り先を海外販路持ちの業者にする事です。近年の傾向として日本で出た中古車は国内ではなく海外で売った方が高値になる事が多く、それに伴い輸出販路のある業者での買取額が上昇傾向にあるのです。

なので、もし車を売る場合は、海外販路を持っているカーネクストをご利用いただき、少しでも高値で売っていただければと思います。

カーネクストでの査定額をWEBで確認

普通の車を改造してもらう

ごく少数ですが、普通の車を改造して補助ブレーキを付けてくれる業者もいます。

費用は車種にもよりますが20万円前後です。

教習車と違って車種を選ばないというメリットもあり、小型のトラックやワゴン、バスに付けるのも可能です。

手元で操作するタイプの補助ブレーキを購入する

これは本体を運転席のブレーキペダルにベルトで取り付けるパーツで、左側に伸びた付属のステッキで動かせるのが特徴です。

値段は税抜で約3万円します。不要なときは簡単に取り外せて、車を傷つけないのは大きなメリットです。

ただし構造上、取り付けられるのは右ハンドルのAT車だけで、それ以外の車はステッキが運転を妨げてしまいます。

また手で操作するため、押し方の加減に慣れるまでは安全な場所で練習したほうが無難でしょう。

レンタルする

これらの車やパーツをレンタルしてくれる業者もいます。

運転のコツを掴むまでの一時的な利用であれば、そのほうが安上がりかもしれません。

1日あたり1万円以下で済む業者がほとんどです。

廃車の概念がかわります。無駄を省いた方法教えます。

補助ブレーキの付いた車は車検に通るの?注意点は?

補助ブレーキが付いていても、車の用途が自家用であれば特殊用途自動車にならないので、ナンバーは8以外になります。小型乗用車なら5ですし、普通乗用車は3、小型貨物車は4です。

車検は問題なく通るという見解ですが、改造の方法によっては構造変更申請を求められる可能性も考えられるため、事前に確認したほうが良いでしょう。もちろん指定されたものであり、車検のブレーキ検査に通るよう正しく作動するものでなければいけません。

なお、こうした補助ブレーキの付いた車は安く買い取られる傾向があります。必ずしも補助ブレーキの付いた車の需要が高いわけでなく、ドライバーによっては邪魔になってしまうからです。新たに取り付けた場合は不要な改造とみなされ、査定ではマイナスになります。

また教習車には補助ブレーキ以外にも普通の車に無い装備があります。例えば二重のドアミラーやバックミラーです。逆にカーオーディオが付いていないなど普通の車より劣るところもあります。購入時には手放すときのことも十分に考えましょう。

まとめ

教習車のように補助ブレーキのある車は、自家用でも利用できます。新品は難しいかもしれませんが、中古の購入や改造、レンタルなどが可能です。ただし査定ではマイナスになりやすいのが難点です。手元で操作できる補助ブレーキのパーツもあります。

弊社カーネクストでは、教習車や補助ブレーキのある車の廃車買取実績もございます。レッカー代や解体費用は無料で、手続きの代行手数料もかかりません。処分にお困りの際は、ぜひご相談ください。

廃車・事故車・不動車など原則0円以上買取!
  • 全国対応の安心サポート
  • レッカー無料
  • 書類代行費用無料

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。