車検は古い車でもとれる?古い車の車検について徹底解説

新しい車の車検と古い車の車検には違いがある、こんな話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 「古い車だと車検費用が高くなる」というのはよく聞きますが、それは本当の情報なのか気になるところです。 古い車の車検のタ … 続きを読む 車検は古い車でもとれる?古い車の車検について徹底解説

この記事は約7分で読み終わります。

新しい車の車検と古い車の車検には違いがある、こんな話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

「古い車だと車検費用が高くなる」というのはよく聞きますが、それは本当の情報なのか気になるところです。

古い車の車検のタイミングや費用、新しい車の車検との違いについて解説します。

通常の車検について

車検は公道を走る車に法律によって義務付けられた検査のことで、一般的な乗用車では新車で3年、その後の継続車検は2年ごとと定められています。

もちろん、中古車を購入したときにも購入時から2年おきの車検が必要です。

車検を受けていない車は「無車検車」となり、免許停止や罰金などの重い罰則が科せられますので、忘れず車検を受けるようにしましょう。

この車検では公道を走っても問題がないか点検し、必要があれば整備も行います。

車に違法な改造を施していないか確認するのはもちろん、テールランプやブレーキランプが切れていないか、タイヤの溝は適正か、安全装置は正常に機能しているかなども細かくチェックされます。

これらの点検箇所に不備があれば車検に合格することはできませんので、整備不良が見つかったその場で適切に整備される事になります。

車検の費用内訳について

車検には必ずかかる費用があります。

それが検査料と、自動車重量税と自賠責保険料、印紙・証紙代などの法定費用です。

自動車重量税は自動車の重さによって変わり、自賠責保険料は車種と加入期間によって変わります。車検に必要な印紙・証紙代金も車種によって異なり、1,400円~1,700円必要です。

ディーラーや整備工場で車検を受けたときには、これ以外に24カ月点検の検査料も必要となります。さらに整備が必要な車両については、整備にかかった費用と工賃もかかるでしょう。

そのほか、車検時に任意で受けられる整備(別料金)もあります。たとえばエンジンオイル・エレメント交換やATオイルの交換、ラジエータークーラントの交換などです。必要な方は、車検と一緒にこれらの整備も受けておきましょう。

車検費用の相場は?

車検の法定費用および24ヵ月点検費用の相場は次の通りです。

車種ごとの法定費用相場(概算)

  • 軽自動車 35,000円
  • 乗用車(1.0t未満) 46,000円
  • 乗用車(1.5t未満) 55,000円
  • 乗用車(2.0t未満) 63,000円
  • 大型乗用車(2.5t未満) 70,000円

ただし、これらは法定費用に含まれる自賠責保険料によって変わります。

自賠責保険料は一般的に24ヵ月分支払いますが、車検時期によっては25ヵ月分支払わなければいけないこともあるため、多少金額は前後します。

24ヵ月点検の費用相場は、民間の整備工場で2万円~8万円、ディーラーでは4万円~10万円が相場となっています。整備工場やディーラーで車検を受けた場合、これに法定費用を加えた金額が車検の基本的な費用です。

古い車では、24カ月点検時に整備箇所が多くなってしまうため、車検費用は新しい車よりも高くなるのが一般的です。

古い車の車検は1年おきって本当?

「古い車の車検は1年おき」という話を聞いたことがありませんか?

確かに以前は、初年度登録から10年を超えた車は1年に1回の車検を義務付けられていました。

つまり、新車購入時は3年後に継続車検、その後11年を迎えるまでは2年車検、11年を超えたときに毎年車検に切り替わる、という制度となっていました。

しかし、1995年の法改正により、「貨物と営業用自動車以外の車検は2年おき」に変更されます。これは、自動車の性能や耐久性が向上したことに起因しています。

車検が毎年から2年おきになったことで、車の維持費が下がり、ユーザーの経済的負担も軽減されました。

よって、家庭用の普通自動車については新車購入時3年、継続車検は反永続的に2年おきということになります。

人を乗せて営業するバスやタクシー、荷物を載せて長距離を走行する貨物については毎年車検ですので、間違えないよう注意しましょう。

古い車の車検が切れてしまったら?

車検が切れた車は公道を走れません。

車検が切れたままの車で公道を走ると、無車検運行・無保険運行となり最大で80万円以下の罰金刑を受けてしまいます。「忘れていた」で済まないのが車検ですから、車検が切れてしまった車には適切な対応を取らなければいけません。

古い車の車検時期を忘れ、気づかないうちに車検が切れてしまっていた場合にはどうしたらいいのでしょうか?

もう一度車検を受ける

車検が切れてしまった車は公道を走ることはできませんが、キャリアカーなどの車両運搬車で移動させることはできます。

車検を依頼する整備工場やディーラーに連絡し、「車検切れで動かせない車がある」ことを伝え、車検が出来る工場まで運んでもらいましょう。その際、車の陸送費はかかるかもしれませんが、まだ乗りたい車であれば車検を受けるしかありません。

ただし、古い車ですから車検費用も割高になりますし、陸送費用もプラスされ、「新しい車を買ったほうがよかった」と考える方も少なくないでしょう。

中古車として売却する

車検を受けていない車は売れないのでは?と考えてしまいがちですが、車検切れであっても関係なく売却することはできます。

確かに車検がないことで買取査定額は下がってしまいますが、もともと古い車は査定額が低いため、車検の有無を気にする必要はありません。

「査定額が上がるかもしれない」からと車検を受けてから売却すると、かえって車検代のほうが高かった、ということもあるでしょう。

場合によっては、売却しようと思っても「値段がつかない」、「逆に廃車費用をください」と依頼先に言われることもあるかもしれません。

廃車買取に出す

車検を取ってもお金がかかる、売ろうと思ってもお金がかかる。

そんな車検の切れた古い車は、廃車にしてしまったほうがいいでしょう。

「廃車にするならやはり費用がかかるのでは?」と思うかもしれませんが、廃車買取業者であれば古い車でもしっかり買取してくれます。

廃車買取の専門業者は、どんなに古い車でも故障車・事故車であっても買取りに応じてくれます。

しかし、中古車販売店では「買取不可能」といわれた車を、廃車買取専門業者ではどうして買取してくれるのかは不思議に思われるでしょう。

廃車買取専門の業者は、廃車にした車から得たパーツを売却したり、金属をリサイクルさせたりと「ほかの業者ではお金にできないものをお金に換える」技術を持っています。

一般的には「粗大ごみ」のように見えてしまう古い車でも、廃車買取専門業者にとっては「お宝」になる、という訳です。

業者によっては、すでに車検が切れた車のレッカーや運搬費用を無料にしてくれるところもあります。

「車検が切れて走れない」困った古い車があるときには、カーネクストのように費用のかからない廃車買取業者に問い合わせ、見積もりを取ってみましょう。

まとめ

たとえどんなに古い車であっても、普通乗用車であれば「継続車検は2年ごと」という決まりは変わりません。

ただし、営業用車両および貨物自動車の継続車検は毎年となります。1トン以上の貨物自動車を所有している方は、忘れず車検を受けましょう。

気づかないうちに古い車の車検が切れていたとき、そのまま公道を走って整備工場に向かってはいけません。

車検を再び受ける場合には、車検を依頼する整備工場、もしくはディーラーに連絡し車を検査場まで運搬してもらいましょう。

もうその車に乗らないというときには、中古車販売店ではなく「廃車買取専門」の業者に連絡するのがおすすめです。

中古車販売店では「買い取れない」と断られた車でも、しっかり買い取ってもらえます。

少しでもお得に買い取ってもらえるようよく考えましょう。