SDGs 持続可能な未来への取り組み

通話無料 日本全国対応 営業時間8:00~22:00 0120-997-835

今すぐ電話で無料査定

永久抹消(廃車手続き)

廃車手続きにはいくつかの種類があり、廃車にする目的や状況によって行う手続きが異なります。こちらでは、永久抹消について説明いたします。

廃車手続きをしているイメージ

永久抹消とは

永久抹消とは普通車の登録情報を完全に抹消し、公道を走行することができないようにする手続きのことです。永久抹消を行った普通車は再登録が不可となり、二度と使用することができなくなります。

永久抹消を行うケース

永久抹消は主に、既に解体されている普通車や二度と使用しない普通車に対して行います。また、事故や災害などによって使用できなかったり回収が困難になっている普通車、盗難などによって行方不明になっている普通車に永久抹消を行うケースもあります。

永久抹消を行う条件

永久抹消を行うためには解体業者に依頼して普通車を事前に解体しておく必要があり、解体の報告を受けてから15日以内に手続きを行わなければなりません。ナンバープレートは永久抹消の手続きに必要となるため、解体前に取り外しておくか解体業者に取り外しを依頼し、保管しておきます。また、解体が終了すると解体業者から報告を受ける「解体報告記録日」と「移動報告番号」も永久抹消の手続きに必要となるため、必ず控えておきます。

関連リンク

永久抹消の手続きの流れ

永久抹消の手続きは必要な書類を準備した上で、普通車を使用している現住所管轄の運輸支局にて行います。永久抹消の手続きに必要な書類については、永久抹消の必要書類にて詳しく説明しておりますのでご参照ください。

運輸支局にて行う永久抹消の手続きの流れは以下のとおりです。

関連リンク

トップへ戻る