ミッションは交換する?それとも廃車?

自動車の困り事

なんらかの原因で「ミッション」に問題が生じたら、交換等の対応が必要になります。しかし、ミッション交換は費用が高く、何とか安く済ませる方法はないものかと悩んでしまうものです。そこで、こちらの記事ではミッション交換について交換時期やミッション交換の費用の解説をします。

どんな状態の車でも本当に高く買ってくれるの?
  • 事故車や不動車、故障車でも高く売れるの?
  • 低年式・過走行車でも高く売れるの?
  • 廃車費用が無料って本当?
  • レッカー費用が無料って本当?

どんな車でも高価買取しております!

お客様の問題はすべて解決!!

お電話で廃車をご依頼されるお客様は車検証をお手元に置いて、お電話いただけると詳細な買取金額をご提示できますので、ご準備ください。

ミッションの寿命はどれくらい?交換費用は?


まずは、「ミッションの寿命」と「ミッションの交換費用」について解説します。

こんな症状が出たら交換のサイン

AT車のミッションは、走行距離15万キロ以上が寿命の目安となります。

ミッションに問題が生じると変速がうまくいかず、ショックを感じたり速度が上がらなかったりするといったトラブルが発生するのです。その原因は、部品の破損やATFの漏れ・劣化などが考えられます。

ミッションが劣化する原因は、まず「経年劣化」が考えられます。エンジンからのパワーを支え変速し続けているミッションは、エンジン同様に大きな負担がかかる部分です。いくら大切に乗り続けていても、長年乗り続けていれば内部の部品が摩耗・破損するので経年劣化が進みます。また、運転の仕方によってはミッションの劣化が早く進むことも考えられます。

他にも「ATFの不具合」が原因であると考えられます。ATF(オートマチック・トランスミッション・フルード)は、AT車のミッション内部の精密な動力に関するギアの潤滑・油圧などに重要な役割を担っている部分で、オートマオイルといわれています。ATFは車のメーカーごとに交換の目安は違いますが、基本的には走行距離2万km~3万km毎に交換の目安と言われており、交換の目安を超えても交換をせず、長期間無交換のあとに交換を行うと不具合がおこりやすくなります。このように、漏れや不適切な交換など何らかの原因で、ATFに不具合が発生するとATミッションが故障するリスクが高まります。

また、マニュアルトランスミッション(MT)車の寿命というと、クラッチの摩耗など部品交換が必要ですが、修理をしたり部品を交換していくことで長く乗ることが出来るミッション車となります。クラッチが減って滑ってくるとクラッチの交換が必要です。クラッチディスクの平均寿命は走行距離10万km前後と言われています。マニュアルトランスミッション車の場合、運転の仕方や、車種によって摩耗の速さも差があります。定期点検時に確認をしてもらったり、運転時にアクセルを踏み込んでも回転数が上がるだけで車速が伸びないなどの普段のチェックが必要となっています。

ミッションの交換にかかる費用は

ATFの交換や漏れの修理程度であれば、数千円~3万円程度で済むケースが多いです。しかし、ミッションの交換をするとなれば、20~100万円ほどかかるケースが多くなります。ただし、オーバーホールによる部品だけの交換や、交換部品をリビルド品の使用をすることで費用を若干安く済ませることは可能です。

ATミッションに不具合が生じた場合の対処方法は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、不具合が比較的初期の段階であれば、ATFを修理・交換することで対処できます。費用は数千円~3万円程度の費用を見込んでおけばよいでしょう。しかし、ATFの交換は時期によっては推奨出来ない方法となります。交換目安の2~3万キロの走行距離を超えてからも交換していないATFを交換することで、逆にATミッションに悪影響を与えてしまう可能性が高くなるからです。依頼する整備店によっては交換の前にATミッションの内部洗浄までしっかりとやってくれるところもあるのですが、洗浄をせずATF交換をすると、最悪の場合交換された新しいオイルの粘度と交換前のオイルの粘度が異なるために、蓄積して固着していた汚れが一気に流れることで汚れが詰まるなどが起こってしまうため、ATミッションが完全にダメになってしまうケースもあり得ます。

2つ目は、ATミッションの交換、もしくはオーバーホールを行うという方法です。
滑りや変速ショックなどの症状が強くなっている場合は、これらのいずれかの方法で対処することになるでしょう。より確実に不具合は解消するのですが、ネックなのは費用面です。オーバーホールを行う場合だと、最低でも20万円以上かかるケースが多いです。ATミッション自体の載せ替えとなるとさらに費用がかさむケースもあり、工賃と部品代を合わせると100万円を超える費用がかかることも考えられます。

オーバーホールとは?
オーバーホールとは、パーツをすべて分解し、摩耗や破損した部分は新しいものと交換したり、不良部分を修正して、再度組み立てて元の状態のパーツへと整備することです。自動車の場合はO/Hと略して表記されることもあります。

ミッション交換費用(部品と工賃)一覧表

ATFの修理や交換 数千円~3万円程度
オーバーホールによる部品交換 20万円~
ATミッション載せ替え 20万~100万円

ATミッションの載せ替えのように、部品と工賃に高額な費用がかかり、一日での作業では終わらないため空車期間も存在するとなると、代車の手配など含めるて他にも諸費用がかかる可能性もあります。そこで、新車への買い替えを検討する方も多いようです。もしも買い替えをご検討される場合、故障車としての車の処分が必要になります。カーネクストのように故障車の廃車買取に対応している業者であれば、買取が可能ですのでぜひご利用ください。

ミッションを傷める要因は?


ミッションが傷むのは経年劣化によるところが大きいですが、運転方法やギアチェンジ、ATFの交換が要因になることがあります。走行距離が前述の目安よりも少ない段階でミッションが傷むのは、特定の操作方法を多用している可能性が疑われます。また、ミッションの劣化でミッションブローが起こると、高額な費用の掛かる修理が必要になります。ミッションブローを起こさないためにも、ミッションを痛める要因を知っておきましょう。

こんな操作に注意

急発進や急停止、エンジンブレーキの多用などを行うと、ミッションが劣化するのが早くなります。また、頻繁なギアチェンジも要注意です。これらの操作を行うと、ミッションのクラッチディスクやギア、トルクコンバーターが破損するリスクが高まります。

前述のとおり、ミッションはエンジン同様に負担が大きくかかりやすいパーツです。そのためミッションにとって、無理のない運転をしていても使い続けるだけで劣化が進んでしまうものです。

どんな道具であっても、適切な使い方をしなければ劣化が早まります。たとえば金属製の道具を濡れたまま放置すれば錆びてしまうように、間違った使用方法や管理方法を日常的に実践すれば、必然的に道具の劣化は早くなるでしょう。

ミッションの場合も同様で、以下の操作はミッションへの負担が大きく、劣化を早めることになります。

  • 急発進
  • 急停止
  • エンジンブレーキの多用
  • 頻繁なギアチェンジ

数回であれば大した影響もないかもしれません。しかし、あまりにも多様・多発する場合だとミッションにダメージが蓄積し、前述の走行距離の目安よりも早くミッションがダメになってしまうリスクが高まります。

ATFの交換で故障する?

ATFの交換の目安はメーカーごとに異なり、2~3万kmまたは5~10万kmと目安になっているところが多いようです。また、メーカーによってはATF交換不可のところもあるので注意が必要です。また、前述のとおり、ずっと無交換だったATFを交換したことでミッションが故障するという恐れや、交換する種類を間違えるなどのトラブルが起きやすいという点は要注意となっています。

ATFの交換頻度も、メーカーにより異なります。交換回数や交換時期の目安はメーカーごとに異なりますので、12カ月点検などを利用し定期的に汚れなどの点検をしてもらうことをおすすめします。

ATFを頻繁に交換すればトランスミッション内をキレイに保つことができ、車やミッションにとっても良いのではと思われるかもしれませんが、実際にはそうでもありません。メーカーの推奨交換頻度や、不調のサインを気にしてのATFの交換を決めるのがオススメです。

逆にATFを長期間交換していない場合は、ATF交換に十分な注意が必要となります。無交換だったATFを一度に多くの量を交換すると、内部に蓄積したスラッジ(鉄粉のこと)が浮き上がって循環してしまい、トランスミッション内部にスラッジが詰まってしまうためミッションの故障するリスクが高くなるのです。

ミッションの交換よりも廃車?


ミッションの劣化や故障で、ミッションの交換をするとなれば部品と工賃から算出しても高額な交換費用がかかってしまいます。そこで、ミッション交換が必要になったことを機に廃車し、新しい車を購入乗り換えるという選択肢あります。しかし、ミッション劣化や故障による廃車となると、走行ができなかったり、走行に不安があるため持ち込みが出来ないといった場合もあり、買取が出来ないのではと思われるかもしれません。このような状態の故障車であっても、買取出来る廃車買取業者への売却がおすすめです。

廃車のほうがお得な場合も

エンジンと同様、AT車はミッションの寿命が車の寿命ともいえます。ミッションの交換にかかる費用によっては、中古車購入費用に値するような金額になることもあり、車の買い替えを検討する必要があるのです。このようにミッションが寿命を迎えた車があれば、廃車買取業者へ査定を依頼することをオススメします。

前述のとおり、ミッション交換やオーバーホールには、20万円~100万円以上の費用がかかる可能性が高いです。安く済むのであればよいのですが、100万円クラスとなれば、車を購入する費用に近い出費となります。もちろん、車に愛着があるため費用をかけて修理をしたいという人もいるでしょう。しかし、修理代に費用をかけたくないと感じる人は乗り換えを検討されるのではないでしょうか。

ミッション交換等の費用は、車の購入費用に匹敵する出費となります。場合によっては、別の車を購入する費用のほうが安上がりといったケースも出てくるでしょう。ミッションが故障し、ミッション交換費用の見積もりをとった結果が高額になるのであれば、修理するのではなく廃車処分して、新しい車を購入したほうが安上がりになるケースも考えられるのです

故障車買取ならカーネクストへ

ミッションの交換費用が高額になることから、廃車をするのなら、廃車費用をかけたくはないですよね。少しでも廃車にかかるコストを減らすべきでしょう。そこでオススメなのが廃車を、廃車買取業者へ依頼することです。廃車買取業者であれば、故障車や不動車などの一般的な中古車買取店ではなかなか買取が付きづらい車であっても買取が付く可能性が高くなります。廃車買取を専門に行っているカーネクストであれば故障車や不動車の引き取りに必要なレッカーの費用もかからず、廃車手続きにかかる費用も無料ですので、廃車手数料は必要ありません。

ミッション不良などの故障車や不動車が、廃車買取業者でなぜ買取出来るのか。

本来、故障している車をご自身で廃車をしようとすると「廃車解体」と「廃車手続き」「廃車引取」の依頼をするごとに費用がかかるものです。しかし、廃車買取を専門に行っているカーネクストは、これらの廃車にかかる費用を無料にしています。それは、カーネクストが持っている独自の流通ルートの確保により、廃車買取を行った故障車や不動車を分解し、パーツごとに流通させることで利益を出せるため、お客様から手数料をいただくことなく廃車が出来て、状態や車種によっては買取をすることも出来るのです。ミッション不良となりギアに入らないといった故障車の廃車買取実績も多数あり、タイヤは転がる状態だがエンジンをかけても前に進まないといった場合でもお引取りをすることが可能です。ミッション故障で廃車先に悩んでいるという方はお気軽にお問い合わせください。

ミッションの交換や費用に関するよくあるご質問

車のミッションとは、自動車を動かす上でエンジン(動力源)の動力(エネルギー)を活軸(車輪)へ伝達する組み立て部品のことです。このミッションが劣化したり故障すると、ギアの変速が利きづらくなったり、速度が出ないなどのトラブルが起こります。こちらでは、ミッションの交換や費用について、よくいただくご質問にお答えします。

Q.ミッションの交換時期の目安とは具体的にどのくらい?

A.オートマチックトランスミッション(AT)車の場合は、走行距離15万kmがおおよそのミッションの寿命といわれており、交換を推奨されているメーカーが多くなっています。ただし、AT車の場合は、ミッションの動きを潤滑にするATFの交換を目安にしたがって行わないなどが要因となり、劣化をすすめてしまうことがあります。また走行の仕方などでもミッションの寿命は短くなってしまうでしょう。

Q.ミッションの交換費用となるとどのくらいかかる?

A.ミッション自体を交換しようとすると、20万~100万円程度が目安の費用となっています。これは、交換に使われる部品の金額や、工賃によって異なります。特にMT車で人気の車種などになると、希少車種もありミッションの現存する交換部品も少なくなっていることから、中古部品のリビルト品であっても高額になることもあります。

Q.ミッションの寿命を長くするには?

A.ATミッションの場合、寿命を長くしたいと考えるならまずはATF交換のタイミングをメーカーの交換目安を守って定期的に行っておくことです。また、普段の車の運転も、急発進や急停止をするような運転をしないことや、エンジンブレーキの多用や頻繁なギアチェンジを避けることが寿命を長くするコツとなります。

まとめ

上記では、ミッション交換時期の目安や、ミッションを交換しないといけないタイミング、ミッション交換にかかる費用をまとめてご紹介しました。

もしも所有されている車のミッションに問題が生じたら、もちろん修理するのも良いですが、年式や修理費用を考えると廃車して新しい車との出会いを求めたほうがお得なケースも多くあります。もしも廃車をするかお悩みであれば、廃車にかかる費用が無料で廃車手続きまで一貫して任せることが出来るカーネクストへぜひご相談ください

 

動かない車でもパーツ売り

エンジンがまったく動かない車でも買取はできるのか?とご質問をいただきます。他社だと買取どころか、処分費用を請求されます。確かにエンジンの状態が買取金額を大きく左右します。ただし、カーネクストですと自社工場で車を解体することができます。
ですので、使えるパーツだけを選別し、販売することができます。

ダイレクト販売で需要に的確

全国に約1,000社を超える提携業者がございます。カーネクストなら業界内で需要のない車でも必要とする場所に車を卸すことができます。流通の多かった車や日本国内であまり乗られていない車などの価値を引き出し、お客様に買取金額として全力で還元してまいります!

ワールドワイドに販売

15万キロ超えの車や15年前の車など、日本で現役を終えた車は海外でまだ活躍できます。日本車は海外でも高い評価を受けており、頑丈で安全性の高さが評判です。ただ国外で販売できるのはすべての業者が行えるわけではございません。海外に販路をもっているカーネクストだからこそ車に価値を見いだすことができます。

  • 査定・ご契約
  • お引取り
  • 書類ご準備
  • お振込み

申し込みから、振込みまでお手間は取らせません。査定は電話のみで完了!必要な書類もこちらからご案内致しますので、揃えていただくだけ!!あとはこちらがすべて代行致します。

廃車に関することをお客様のお住まいの地域に分けて、お住まいの地域の運輸局や軽自動車協会の情報も併せて掲載しております。市区町村に絞ったページも紹介しておりますので、ご参考までに下記リンクからご覧下さい。

北海道・東北地方
四国地方