普通車を廃車にする際に必要な書類|廃車買取カーネクスト

普通車を廃車にする際に必要な書類

廃車手続きに
必要な書類はご存知ですか?

  • どんな書類が必要?
  • 市役所で用意する書類って?
  • 普通車と軽自動車で書類違う?
  • どこで手続きをするの?

当社だけの強み!
何度でも相談無料のカーネクストでお悩みを解決!

廃車にかかる費用を全て無料で代行します!

今すぐ電話で廃車依頼0120-997-835(通話無料)受付時間 8:00~22:00

自宅でカンタン査定WEB申込はコチラ24時間受付中

必要な書類も廃車専門スタッフが年中無休でしっかりご案内いたしますのでご安心ください。名義の方が違う場合やお亡くなりの場合、法人様ご名義など複雑なお手続きもお任せください。

廃車に必要な書類はこちら

廃車に必要な書類はご状況によって揃えていただく書類が異なります。車を購入した時と手放す時の情報が違えば、提出をする書類も変わります。弊社でよくお問い合わせいただく内容として結婚をして姓が変わった、引越しをして住所が違うなどが多く占めます。
書類を取得するのに時間がかかるものもございますので、下記内容をご参考にしてください。

  • 自動車検査証

  • 自賠責保険証明書

  • リサイクル券

  • 実印

  • 印鑑証明書

  • ナンバープレート

  • 自動車検査証

  • 自賠責保険証明書

  • リサイクル券

  • 実印

  • 印鑑証明書

  • ナンバープレート

  • 戸籍謄本

  • 自動車検査証

  • 自賠責保険証明書

  • リサイクル券

  • 実印

  • 印鑑証明書

  • ナンバープレート

  • 住民票(引越し1回)

  • 戸籍の附票(引越し2回)

※必要な書類の紛失は弊社スタッフにお申し付け下さい。
※自賠責保険証明書は車検が切れている場合は必要ございません。
※引越し回数が3回以上している場合は弊社にお問い合わせ下さい。
必要書類が見当たらない場合

廃車に必要な書類の書き方

カーネクストに廃車をご依頼され手続きの無料代行サービスを受ける場合には、お客様自身で記入が必要となる書類もございます。例えば、車の所有者本人が廃車の申請を行わず代理人が申請する場合には普通自動車なら「委任状」、普通自動車の所有者を変更する場合には「譲渡証明書」が必要となります。
カーネクストはお客様の車両を引き取り、買取した上で廃車の手続きをお客様に代わり代行しますので、お客様にはこれらの書類をご用意いただかなければなりません。
しかし、これらの書類の書き方は少し複雑ですので、こちらでは書類ごとに分けて、ご記入方法を説明してまいります。

譲渡証明書の書き方

  • 譲渡証明書

    ①お客様のお車の情報を車検証を確認しながら、ご記入下さい。
    2段に分けてご記入下さい。上段は現所有者(譲渡人:お客様)の氏名または名称、下段は現所有者(譲渡人:お客様)の住所をご記入下さい。
    現所有者(譲渡人:お客様)の実印を押印して下さい。
    ④譲渡する日を記入します。カーネクストに申し込まれる場合は、記入の必要はなく空欄にしておいて下さい。
    ⑤新所有者(譲受人:当社)の法人名、登記住所を当社が記入します。空欄にしておいて下さい。
    ⑥新所有者(譲受人:当社)の押印箇所は空欄のままにしておき、押印しないで下さい。
    ※枠外に捨印の押印も忘れずにお願い致します。

委任状の書き方

  • 委任状

    ①運輸支局の窓口で実際に手続きを行う方(受任者:当社)の名称と住所を記入する欄です。カーネクストにて廃車の代行手続きを行う場合は当社の情報となるため、記入の必要はありません。
    当社にて行う手続き(移転登録、変更登録など)名を記します。空欄にしておいて下さい。
    車検証に記載されている自動車登録番号と車台番号を記入します。
    手続きを依頼する方(委任者:お客様)の名称と住所を記載いただく欄です。押印箇所は印鑑証明と同一の実印を押して下さい。※捨印の押印も忘れずにお願い致します。

廃車手続きについての質問

基本的に車の売却や廃車は所有者しかできないことになっています。もし所有者がローン会社やディーラーなど第三者なっている場合は、所有者に連絡を取って、お車を廃車にしたいことをお伝え頂き、所有権解除の書類を発行してもらってください。所有権解除書類のご提出をして頂ければ、廃車の手続きをさせて頂きます。もちろんその場合の手続きも、カーネクストでは完全無料でさせて頂きます。
廃車の際に必要な書類は、自動車検査証、印鑑証明書、リサイクル券、自賠責保険証明書、委任状(押印が必要)、譲渡証明書(押印が必要)などになります。また引っ越しをされて自動車検査証と印鑑証明書に記載の住所が異なる場合は、住民票(引っ越し1回)や戸籍の附票(引っ越し2回)が必要となり、婚姻等でお名前に変更があった場合は、戸籍謄本が必要となります。委任状と譲渡証明書につきましては、カーネクストホームページでフォーマットをご用意しております。詳しくはカーネクストスタッフまでお気軽にお問合せください。
自動車税1年分の滞納であれば廃車にすることはできます。2年以上滞納されている場合は、税務署に差し押さえされている場合もありますので、管轄の税務署へまずご相談ください。また1年の滞納であっても、一般的に所有者がローン会社やディーラーになっている場合は、自動車税を納付しなければ所有権解除をしてもらえません。ご注意頂きたい点として、廃車にしたとしても、滞納している自動車税の納税義務が消滅するわけではありませんので、忘れずに納付していただかなくてはなりません。
お車のローンがまだ残っている場合の廃車は、所有者が誰なのかによって異なってきます。お車購入の際、銀行のマイカーローンを組まれた方などは、車検証の所有者欄にご自身のお名前が書かれているかと思います。ご自身が所有者の場合、ローンが残っていても廃車にすることができます。一方、ディーラーローンを組まれた方は、車検証の所有者欄にはディーラーやローン会社の名前になっているはずです。その場合、ローンを完済しないと所有権を解除してもらえませんので廃車にすることはできません。
印鑑証明書は有効期限が3ヶ月となっています。期限内のもので、印鑑証明書と車検証の住所が同じであればお使いいただくことはできますが、3ヶ月を過ぎてしまっているのであればお使いいただくことはできません。また、車のお引き取りから廃車手続きまでは最長で2週間ほどかかってしまいます。カーネクストでは、廃車の際にご用意頂く印鑑証明書は、取得から2ヶ月以内のものをご提出頂くようお願いしています。
カーネクストでは、お車のお引き取り~廃車手続きまですべて無料でお受けしております。業者によっては、無料とうたっていても実際はレッカー代などの追加費用を請求する場合もあるようですが、カーネクストでは事故車や不動車、水没車などでも完全無料でお引き取りさせて頂いております。レッカー代など追加費用を請求することはございません。もちろん面倒な廃車手続きも無料でさせて頂きます。安心してカーネクストにお任せください。
お車のお引き取りが可能かどうかに走行距離はまったく関係ありません。10万キロを走ったお車でももちろん引き取りさせて頂きます。カーネクストでは、海外にも販路をたくさん持ち合わせております。海外では10万キロはまだまだ走ることができる車として、中には高額で取引される車種もございます。お客様のお車も高価買取が可能なお車かもしれませんので、詳しくはカーネクストスタッフまでお問合せください。
自動車税は毎年4月1日を基準日とし、自動車を所有されている人に課せられる税金です。4月中旬に廃車にしても4月1日の時点では所有されていたことになりますから、納付しなくてはなりません。普通車の場合は月割り計算で還付がありますが、お車を所有していた4月分だけ納めるということはできませんので、一旦、1年分を納付して、後日還付分をお受け取りください。軽自動車につきましては、還付制度はありませんので、1年分を納付しなくてはならないことになっています。
しばらく動かしていないお車でも、お引き取りは可能です。長年放置していると、バッテリ上がりやタイヤパンクなど、もう動かせない状態になっていることが多いかと思われますが、そういった場合もお車の状況を見て、適切にお引き取りさせて頂きます。レッカー車や積載車などを使用した場合でももちろん費用の請求はございません。中には10年以上放置されていたお車の廃車ご依頼もございますので、ご安心してお申込みください。
車検が切れていることによって、お車のお引き取り方法が異なってくるだけですので、もちろん無料で廃車にしていただくことが可能です。車検切れのお車の場合は公道を走ることができませんので、レッカー車での牽引ではなく、お車を丸ごと乗せられる積載車の準備、もしくは仮ナンバーの取得手続きなどが必要になってきます。事前の準備が必要となりますので、廃車のお申込みの際に車検が切れていることをスタッフまでお伝えください。
自動車税は4月1日を基準に課せられ1年分を納めることになりますが、廃車した場合は、月割りで残っている期間分がお手元に返ってくることになります。カーネクストではお客様の代わりに廃車手続きをさせて頂きますので、お客様が自動車税還付の手続きをして頂く必要はございません。手続き完了後に各都道府県から支払通知書が届きますので、その通知書と身分証明書、印鑑を持って、銀行等窓口で還付金を受け取ってください。
カーネクストではそういったお車でもお受けすることができます。ただし、廃車手続きには所有者の印鑑証明書、実印を押印した委任状と譲渡証明書が必要となりますので、ご準備をお願いします。もし車検証に記載の所有者様の書類が揃わない場合は、抹消登録を行うことができませんのでご注意ください。

必要な書類に不備がないかをチェック!

その1車検証の所有者を確認してください

車検証には所有者と使用者の両方が記載されています。所有者の欄を確認し、所有者名義の書類を揃えます。

車検証の所有者、印鑑証明書それぞれの氏名・住所が同一でなければ陸運局での手続きができません。

車検書サンプル

  • 市町村合併で住所が違う

  • ●郡・町が市に変更になった場合/追加書類は不要

    ●合併して番地変更になった場合/町名地番変更等証明書

  • 結婚して姓が変わった場合

  • ●戸籍謄本  戸籍謄本とは
    ※車検証情報と印鑑証明証の情報が一致していることを証明するために必要です。

  • 引越して住所の違う場合

  • ●引越しが1回の場合/住民票のみ 住民票とは

    ●引越しが2回以上の場合/お問合わせください
     氏名・住所の情報が5年以上前の場合
     詳しくはコールセンタースタッフに問い合わせください。

その2印鑑証明書の発行期限をご確認印鑑証明書とは

印鑑証明書 廃車のお引取り~お手続きまで最長で2週間程度かかります。陸運局で抹消手続きする際に必要な印鑑証明書の有効期限は、発行から3ヵ月以内です。

カーネクストではご依頼の時点で、取得から2ヵ月以内の印鑑証明書のご提出をお願いしております。

その3印鑑証明の印鑑と同じ印鑑をご用意ください

印鑑証明書と同じ印鑑で押印を 印鑑証明書と似ている印鑑でも違う場合は陸運局での手続きができません。
また、不鮮明なものだと書類が受理されません。
印鑑証明書の印鑑かどうか確認いただき、押印ははっきりわかるようにお願いします。

印鑑証明書は住所登録している市町村役場市町村役場にて取得できます。

【特殊ケース】追加書類が必要となる場合

一般的にはこれまで説明してきた書類で陸運局にて登録手続き(廃車手続き・名義変更)を行う事ができます。
しかし、以下のケースの場合は追加の書類が必要となります。
市役所などで取得する書類などが大半ですので、しっかり確認して準備しましょう。

CASE1

車検証所有者の氏名・住所と印鑑証明書の情報が一致しない場合

車検証の所有者、印鑑証明書それぞれの氏名・住所が同一でなければ陸運局での手続きができません。

廃車に必要な書類1

必要な公的書類: 住民票とは  戸籍の附票とは

CASE2

所有者がローン会社、法人になっている場合

所有者がローン会社(信販会社・ディーラー)・法人の場合は、購入した販売店に以下の書類を取り寄せする事ができます。

※印鑑登録の承認書は利用することができません。

廃車に必要な書類2

必要な公的書類: 印鑑登録証明書とは

CASE3

所有者がお亡くなりになられている場合

  • 相続人が一人の場合
  • 相続人が一人であることを証明できる戸籍謄本が必要。
  • 遺言状がある場合
  • 遺言状原本と、所有者の亡くなった事が分かる除籍謄本、
    家族関係が分かる謄本、代表相続人の印鑑証明書、譲渡証明書、委任状
  • 相続人内に除籍された方がいる場合
  • その方の除籍される前の情報が記載されている戸籍謄本(改正前原戸籍)

廃車に必要な書類3

必要な公的書類: 戸籍謄本とは  除籍謄本とは 印鑑登録証明書とは

※相続人全員とは「配偶者/子供」の全員のことを指します。

※2:所有者が未婚の場合で「配偶者/子供」がいない場合の相続人の順位は「両親→祖父母→兄弟」となります。

※3:相続人に未成年の方が含まれている場合は、共同相続となり、16才以上の方は印鑑証明書と実印、
15才未満は住民票(親権者との続柄が分かる住民票)が必要となります。

CASE4

所有者が未成年の場合

廃車に必要な書類4

必要な公的書類: 印鑑登録証明書とは 戸籍謄本とは

※未成年でも婚姻している場合は成人と同じ扱いになりますので、 結婚していることが分かる戸籍謄本と印鑑証明、委任状、譲渡書が必要です。

10万km超の過走行車・10年前の車・事故車・動かない車、どんな車でも0円以上買取保証!レッカー代・書類代行も無料で承ります!カーネクストに無料査定を依頼する

10万km超の多走行車 10年以上前の車!

矢印

【無料スピード査定】買取価格をチェック!

20秒カンタン入力!

ご利用の愛車について

必須
任意
任意

次へ

お客様の情報が一般に公開されることは一切ありませんので、ご安心ください。

お客様について

必須
必須
任意

  • ステップ1メーカー
  • ステップ2車種
  • 任意年式
  • 任意走行距離

国産車

  • トヨタ
  • 日産
  • スズキ
  • ダイハツ
  • ホンダ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • いすゞ
  • 日野
  • レクサス
  • 三菱ふそう
  • 光岡

輸入車

  • メルセデス・ベンツ
  • BMW
  • フォルクスワーゲン
  • アウディ
  • MINI
  • ボルボ
  • UDトラックス
  • ジープ
  • プジョー
  • ルノー
  • ポルシェ
  • フィアット
  • スマート
  • ランドローバー
  • シトロエン
  • ジャガー
  • アバルト
  • アルファロメオ
  • マセラティ
  • シボレー
  • フェラーリ
  • キャデラック
  • フォード
  • ランボルギーニ
  • ベントレー
  • ダッジ
  • アストンマーチン
  • ロールス・ロイス
  • アルピナ
  • クライスラー
  • ロータス
  • ヒュンダイ
  • GMC
  • ローバー
  • ランチア
  • MG
  • ポンティアック
  • ビュイック
  • サーブ
  • ハマー
  • オペル
  • リンカーン
  • サターン
  • AMG
  • デイムラー
  • マーキュリー
  • その他・不明

年式を選択してください。

  • もっと古い・分からない
  • 令和2年(2020年)
  • 平成31年/令和1年(2019年)
  • 平成30年(2018年)
  • 平成29年(2017年)
  • 平成28年(2016年)
  • 平成27年(2015年)
  • 平成26年(2014年)
  • 平成25年(2013年)
  • 平成24年(2012年)
  • 平成23年(2011年)
  • 平成22年(2010年)
  • 平成21年(2009年)
  • 平成20年(2008年)
  • 平成19年(2007年)
  • 平成18年(2006年)
  • 平成17年(2005年)
  • 平成16年(2004年)
  • 平成15年(2003年)
  • 平成14年(2002年)
  • 平成13年(2001年)
  • 平成12年(2000年)
  • 平成11年(1999年)
  • 平成10年(1998年)
  • 平成9年(1997年)
  • 平成8年(1996年)
  • 平成7年(1995年)
  • 平成6年(1994年)
  • 平成5年(1993年)
  • 平成4年(1992年)
  • 平成3年(1991年)
  • 平成2年(1990年)

走行距離を選択してください

  • 不明・分からない
  • 2万Km以下
  • 4万Km以下
  • 6万Km以下
  • 8万Km以下
  • 10万Km以下
  • 12万Km以下
  • 14万Km以下
  • 16万Km以下
  • 18万Km以下
  • 20万Km以下
  • 20万Km超え

廃車買取までの流れ

カーネクストの廃車買取サービスは4ステップのかんたん買取。
お申込みからお引取まで、 査定料・引取費用・手続き費用など一切無料です。

  • お問い合わせ
    査定依頼・ご相談

  • 成約後、お引取

  • 必要書類の記入

  • お客様口座へお振込
    抹消手続き完了

カーネクストはプロの専門スタッフが年中無休で対応致します。

お車の買取査定・廃車に関してお気軽にお電話・ご相談ください!


ロゴ

廃車手続きはご相談ください

電話番号0120-301-456

年中無休で対応! 営業時間 8:00~22:00

無料査定依頼フォーム メールフォーム

20秒で簡単査定

車のタイプで探す
メーカーで探す
日本車の廃車買取実績

アメリカ車の廃車買取実績

ドイツ車の廃車買取実績

その他の輸入車の廃車買取実績

全国展開で廃車サービスを行うカーネクストは、全国トップクラスの廃車買取価格に加え、お申込から、お引取サービス、その後の廃車手続きサービスを完全無料化し、365日の専門スタッフによるカスタマーサポートを行う等、業界屈指のサービスを提供しております。

廃車にする際には手続き手数料やレッカー費用・解体費用までかかってしまうことがほとんどですが、当社はすべて無料で行います。そのようなことができる秘訣は独自販路によるものです。日本で廃車となった自動車は、日本だけではなく海外へ輸出したり、パーツとしての再利用や鉄資源としての再利用などあらゆる方法で再活用します。カーネクストで取引された自動車は100%近いリサイクルを達成しています。当社は自動車リサイクル事業を通じて、地球環境へ貢献を考えて全国に廃車のプロ集団のネットワークを構築させ実現されました。
また、自動車の輸出事業も年々市場規模が拡大してきており、横浜、名古屋、大阪、神戸、苅田などの港からアフリカやミャンマーへ一台ずつ積みの方法で出荷されています。海外へ出荷される日本車はハイエースやパジェロなどのワゴンタイプの自動車やディーゼルタイプの車種がほぼ輸出車の割合をしめていいましたが、最近では、あらゆる種類の自動車が海外へ輸出されるようになりました。
これにより、国内で需要のないような車種も海外での需要があることで買取りできる体制が整っているのです。

買取させていただいた後においても、配達業界では今や当たり前となった進捗状況をオンライン上で確認できるシステムを導入しており、廃車手続きの進捗状況やご入金の進捗状況がいつでも確認していただけることで安心してお手放ししていただける環境や365日の専門スタッフのカスタマーサポートによりどんなご要望も対応できるよう努めております。

当社は、独自で培ったノウハウを生かし、お客様へ最大限の還元をしてまいります。
廃車は専門のカーネクストにお任せ頂き、次のカーライフも楽しんで頂けるサービスを提供いたします。

月割りで返金! 買取金額とは別に廃車をすると還付金が受け取れます 今すぐ無料査定!

PAGE TOP